永瀬正敏 小泉今日子の元旦那,現在は写真家|中島美嘉と再婚せず離婚の理由は…

2月1日、キョンキョンこと、小泉今日子(51)が、株式会社明後日のサイト内で、36年間所属した芸能事務所バーニングからの独立宣言、続いて、豊原功補(とよはら こうすけ・52)さんとの交際宣言と続いた。一方の、豊原功補(妻子持ちで)も恋愛関係を認め、家族の嫁と息子とは、現在離婚ではなく別居中であるとコメント。小泉今日子は、1995年2月22日、俳優・永瀬正敏(ながせ まさとし)と結婚したが、2004年2月22日に離婚。永瀬正敏について調べると、武士・薩摩藩の末裔、歌手であり、写真家で、現在は写真展も開催するほどの腕前。また、永瀬正敏は、小泉今日子と離婚したあと、中島美嘉と再婚の噂もあったが、現在は再婚はしておらず、独身である。そもそもなぜ、小泉今日子と離婚したのだろうか。

スポンサーリンク



2月1日、キョンキョンこと、小泉今日子(51)が、株式会社明後日のサイト内で、36年間所属した芸能事務所バーニングからの独立宣言、続いて、豊原功補(よはら こうすけ・52)さんとの交際宣言と続いた。一方、妻子持ちの豊原功補も「私と小泉さんとの関係性はご本人からの報告にあるように、互いに志を共にするパートナーシップであり、恋愛感情も伴っております。そして私が既婚者であるということも事実です。」と述べ、事実上、不倫関係を認めたことになる。

そこで気になるのは、小泉今日子の元旦那である永瀬正敏のことだ。永瀬正敏については、武士・薩摩藩の末裔、歌手であり、現在は写真家としても活躍するなどとてもユニークな経歴を持っている。

小泉今日子の元旦那 永瀬正敏(画像)とは何者か

小泉今日子と永瀬正敏の結婚と離婚

小泉今日子は、1995年2月22日、俳優・永瀬正敏と結婚したが、2004年2月22日に離婚。
二人の結婚に至る馴れ初めは、1993年6月11日号雑誌『anan』での共演がきっかけ。

小泉今日子の元旦那 永瀬正敏のプロフィール

永瀬 正敏(ながせ まさとし)は、 1966年7月15日宮崎県都城市出身の51歳。

地元の宮崎県立都城西高等学校から、日本大学鶴ヶ丘高等学校に再入学し、さらに堀越高等学校を卒業。
1983年、16歳の時に相米慎二監督の映画『ションベン・ライダー』にてデビューすると、『ミステリー・トレイン』(1990年)で、カンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞。以後数年間はテレビドラマ、映画に出演するベテラン俳優。

小泉今日子の元旦那 永瀬正敏は、『息子』役でヒット

代表作とも言える、山田洋次監督の映画『息子』(1991年)で、日本アカデミー賞・ブルーリボン賞・キネマ旬報・日刊スポーツ映画大賞で助演男優賞を受賞、毎日映画コンクール・報知映画賞等では主演男優賞を受賞。

また、小泉今日子と離婚後、映画『毎日かあさん』(2011年)は、実際の元夫婦が、劇中で元夫婦役を演じた事が話題を呼び、台湾と香港でも上映されるなどの人気作となった。

また、永瀬正敏は、武士・薩摩藩の末裔。
通りでその渋イケメンは、武士の血を受け継いでいたということか。

スポンサーリンク



小泉今日子の元旦那 永瀬正敏は、武士・薩摩藩の末裔だった

「祖父が写真師だった影響を受けているかも知れない」こう話す永瀬正敏が、8才まで一緒に過ごした写真家の祖父・宗則(むねのり)が亡くなった際に、遺品整理をしているとき、自分のルーツについて詳しく知りたいと思った永瀬正敏。

実は、永瀬正敏の曽祖父・岩登(いわと)は、当時薩摩藩の一部だった都城市(都城郷)の武士。岩登は、“最後のサムライ”と呼ばれ本の歴史でも大きな事件である戊辰戦争・西南戦争などにも参加していた。

そして、岩登が出陣前に撮影した2枚の写真が俳優業の傍ら写真家としても活動する永瀬のルーツにもなっている。

小泉今日子の元旦那 永瀬正敏は、歌手であり、写真家だった

永瀬正敏は1996年に「コニーアイランド・ジェリーフィッシュ」を発表し音楽家としてもデビュー。
さらに、2001年行定勲監督の映画『贅沢な骨』のポスター撮影を担当した事から始まり、

『贅沢な骨』(2001年、朝日出版社 刊)

過去には、47都道府県すべて飛び回、”日本中を撮ってまわる”「Memories of J project~ Japanの記憶 ~」。続いて、2013年には青森県を舞台とした写真集『Memories of A~Aの記憶』(2013年、白神書院 刊)を発売。デビュー30周年だった2015年には、自身の故郷でもある宮崎県をテーマとした「Memories of M~ Mの記憶~」を発表。

小泉今日子の元旦那 永瀬正敏の現在は、写真家へ路線変更か

また、河瀬直美監督の映画『光』(2017年)では、視力を失いゆく天才カメラマン・中森雅哉を熱演。劇中で登場する雅哉の写真集『flow』も永瀬正敏自身が手掛けたほか、雅哉の部屋に飾られた写真も彼の作品の中から選んだという。

そんな多彩な才能を魅せる永瀬正敏が、小泉今日子と離婚した原因はなんだったのか。

小泉今日子と永瀬正敏の結婚と離婚|原因は豊原功補とフライデー不倫ではなく…〇〇だった

小泉今日子は、これまで、2015年3月にフライデーで、居酒屋デートを激写されて以来、2017年10月にも女性セブンで、喫茶店デートが報じられ、不倫を匂わせていたが、二人が、交際をスタートするきっかけとなったのは、WOWOWで放送されたドラマ「センセイの鞄」(2003年)で共演した時。

豊原功補 嫁 麻美さんと離婚しない理由は息子か,小泉今日子とフライデー共演も喫茶店デートも不倫のメモリー

2018.02.02

一方で小泉今日子と永瀬正敏が離婚したのは、2004年とされ、小泉今日子の不倫が、離婚の直接的な原因とは考えにくい。もとより、何か、理由があったのだろう。

小泉今日子は、結婚と同時に引退するつもりで、実際に入籍後1年間は芸能活動を自粛している。二人の結婚生活は、

<(永瀬は)自ら進んでカメラに魂を差し出している。そこまでやれるのはすごいことだけれど、私自身は決してそんな状態にはならないから、心のどこかでやっかみや憧れやその不器用さに対しての警告や不安もあって、「バカじゃないの?」と思ったりもしました。だから、一緒に住んでいる頃は大変だった。よく心配もしましたね>

<(永瀬と別れたのは)派手な愛憎劇があったわけじゃなくて、背負っているものに対して、一緒にいることがきつくなってしまったという感じだったから>

と小泉今日子が話すように、理想家の永瀬正敏と、理想は高すぎずみんなから愛されキャラの小泉今日子が性格の不一致から、あまり円滑に進んでいないようだったという。

(引用・参考元:小泉今日子が離婚した理由

小泉今日子と永瀬正敏の結婚と離婚|永瀬正敏が中島美嘉?

そんな二人が、2004年の9回目の結婚記念日に離婚すると、
永瀬正敏には、すぐに中島美嘉と再婚の噂が広がった。

2人の馴れ初めは2002年に放送されたドラマ「私立探偵 濱マイク」に兄妹役で共演したことがきっかけで、2004年から交際をスタートさせていたが、二人は、結局結ばれることはなかった。
中島美嘉といえば、「両側耳管開放症」を発症し、一時活動を休止していたが、元カレである永瀬正敏と小泉今日子が「毎日かあさん」で、夫婦役で共演することに胸を痛め、ストレスを抱えているのではないか?とも憶測が広がっていた。

(参考元:中島美嘉活動休止の原因に永瀬&小泉復縁説か

おわりに

小泉今日子と永瀬正敏が、離婚した原因は結局のところ、性格の不一致による自然消滅といったところだろうか。しかし、中島美嘉となぜ再婚しないのかと言う点について言及している情報が少ない。ただ、小泉今日子と永瀬正敏が、夫婦を解消したその年にすでに交際していたところをみると、以前より友人以上の関係がそこにはあったのではないか。

一方の小泉今日子もまた、2003年より交流のあった豊原功補とデート風景が週刊誌に報じられるようになったが、豊原功補とは、同士であり、恋愛関係にあったとコメントしているように、小泉今日子と豊原功補の関係は、今後の芸能人生をともに歩む良きパートナーのようにも見える。

とある芸能関係者によれば、お互い50代を迎えていることも手伝い、「女優から裏方や演出の仕事に重心を置いていくことも考えているようです。そういう次のステップも彼となら同じスピードで歩いていけるんでしょうね」とのこと。

豊原功補 嫁 麻美さんと離婚しない理由は息子か,小泉今日子とフライデー共演も喫茶店デートも不倫のメモリー

2018.02.02

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください