松本匠吾と筒井麻衣の顔画像が詐欺罪(大阪箕面市)行政が犯した殺人とは?

大阪府箕面(みのお)市の集合住宅で筒井歩夢(あゆむ)くん、4歳が母親とその同棲相手とその友人の手によって殺害された。25日クリスマス当日に亡くなったということが何より、日本全国を震撼させた冷酷な虐待(ネグレクト)事件。筒井歩夢くんは司法解剖の結果、死因は「腹部への暴行による内出血」と断定。

殺人の疑いで逮捕されたのは大阪府箕面市に住む母親の筒井麻衣容疑者(26)と交際相手の松本匠吾容疑者(24)、その知人の大倉敏弥容疑者(20)の3人でいずれも無職である。容疑者らは今月24日夜から25日にかけて暴行を加え、死亡させた疑いが持たれる。大阪府池田子ども家庭センター(児童相談所)は、2016年5~6月に2回、筒井歩夢ちゃんと弟(2)についてネグレクト(育児放棄)の疑いで通報を受けていたが、親族の支援が得られるとして母親の麻衣容疑者(26)のもとに帰していた。また、箕面市も次男(2)の顔に青アザがあるのを確認していたが、警察に通報していなかった。

▼こちらが、大阪府箕面市に住む母親の筒井麻衣容疑者(26)と交際相手の松本匠吾容疑者(24)の顔写真である。

【逮捕された筒井歩夢君の母親】
・本名:筒井麻衣(つついまい)
・年齢:26歳
・職業:無職
・出身:長崎県南松浦郡

【逮捕された筒井歩夢君と交際していた男】
・本名:松本匠吾(まつもとしょうご)
・年齢:24歳
・職業:無職

▼また、同居していた知人の大倉敏弥容疑者(20)

【上記二人と同棲していた男】
・本名:大倉敏弥(おおくらとしや)
・年齢:20歳
・職業:無職

(出典元:大阪の4歳長男虐待死、「おもらししたから殴った」

▼こちらが、筒井麻衣容疑者のFacebook画像と、逮捕された時の比較画像である。

スポンサーリンク



▼こちらが、筒井麻衣容疑者のFacebook複数アカウント

彼女は、殺人罪だけではなく、詐欺罪の余罪もあるのだろうか。

夏に風呂入らず・顔にあざ・・・
住民は夜怒鳴り散らすような声を聞いていた・・・

筒井歩夢くんはこれまでSOS」を何度も発していたのだという。

行政が犯した殺人とは?

▼筒井歩夢くんの虐待を行政がたらい回しにした結果

【2016年5~6月大阪府池田市】
大阪府池田子ども家庭センター(児童相談所)によれば、2016年5~6月に2回、当時は大阪府池田市に住んでいた筒井歩夢ちゃんと弟(2)についてネグレクト(育児放棄)の疑いで通報を受けていた。しかし、親族の支援が得られるとして母親の麻衣容疑者(26)のもとに帰した。

【2017年1月大阪府箕面市】
箕面市に転居した後の今年1月にも「子どもの泣き声や母親の怒る声がする」と通報があった。先出のセンター職員が、自宅を訪ねて麻衣容疑者と話をし、その後、「一定の改善がみられた」として主な対応を箕面市に委ねたと言う。

【2017年5月市立保育所に入学】
箕面市教育委員会の記者会見の内容によれば、筒井歩夢くんは、5月に弟と市立保育所に入ったが、当初は1週間ほど通ってこなかったため、自宅訪問。

【2017年8月家庭訪問の本格実施へ】
7月ごろには、兄弟が風呂に入らず、あまり服も着替えていないことに保育所職員が気づき、8月には本格的に家庭訪問を開始。11月中旬から兄弟が姿を見せなくなり、12月上旬に職員が兄弟に自宅で面会すると、弟のほおにあざがあった。麻衣容疑者は

「階段から落ちた」

と説明し、弟も

「落ちた」

と話したと言う。
(参考元:夏に風呂入らず・顔にあざ SOSあったのに 4歳殺害

このように、箕面市は虐待について認知していながら、それを放置していた。

面市は会見を開き、

「市立保育所に入所している子どもを助けられなかったのは、本当に残念で申し訳ない気持ちでいっぱいです」

(引用元:4歳男児虐待死 箕面市 育児放棄を事前把握
と話していると言う。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です