マツコも唸る!15歳の盆栽中学生 東山拓仁(ひがしやまたくと)中学校どこ?教育や師匠は巨匠木村正彦氏!

10日(火)TBS『マツコの知らない世界』にすごいキャラクターの中学生が出演されますね!

CMを見ただけでかなり引き込まれちゃったんですが、彼は天才盆栽少年ということで、埼玉県大宮市出身の名前は東山拓仁(ひがしやまたくと)くんです。

なかなか、キレのあるイケメン顔!さらに盆栽について語るときはかっこいい!少し羽生結弦くんに似てますか??そんなことはないですかね。

中学校は地元の中学校に在学中でありながら、内閣総理大臣賞など数々の賞を受賞している巨匠木村正彦氏に学び盆栽を日夜極めているんですね。

盆栽歴は3年ということですが、受賞歴はある?

いつから盆栽を始めたの?きっかけや経歴は?

詳しいプロフィール(出身、年齢、中学校はどこ?)は?

などご紹介していきます。

東山拓仁(ひがしやまたくと)が『マツコの知らない世界』に出演!

かなり強烈なキャラクターですね!

どういう教育を受けたらこんなに素敵なパフォーマンスができるんだろう?

かなり大物になるんじゃないかな?

ということで、

ネギガールも気になりますけどマツコさんも気になる盆栽少年が気になりすぎて調べました!

盆栽マニア少年のお名前は、 東山拓仁(ひがしやまたくと)

『マツコの知らない世界』に出演する前からすでに盆栽好きとして知られています。

まずは、簡単なプロフィールと経歴について。

スポンサーリンク



 

東山拓仁(ひがしやまたくと)プロフィール(出身、年齢、中学校はどこ?)受賞歴は?

  • 【名前】 東山拓仁(ひがしやまたくと)
  • 【生年月日】 15歳(2018年7月時点)
  • 【出身地】 埼玉県
  • 【中学】 地元中学校在学中(2018年7月時点)中学校は公式には発表されていません。
  • 盆栽での受賞歴はまだないようですが「第40回全日本バトントワーリング選手権関東支部大会 大会結果一覧」では<ソロトワール>男子ジュニア部門で第4位の成績をとっています!東山くんが所属する大越多美子(おおこしたみこ)バトン・スタジオは、埼玉県にあるバトン界では超名門のスタジオでなんだとか。

バトントワーリングってなんだろう?と思って調べてみました。

こちらの動画で詳しく解説されています。

この表現力の豊かさはここからきていたんですね!

東山拓仁(ひがしやまたくと)なぜ盆栽を始めたの?経歴ときっかけは?

藤井聡太七段の一つ下の学年ということになりますが、彼が盆栽を始めたきっかけは12歳の時。

『さいたま市 大宮盆栽美術館』で盆栽を見て、力強さや生死を感じたのがきっかけで、お小遣いをほとんど盆栽に費やして行ったそうです。

『さいたま市 大宮盆栽美術館』私も、大学の卒業旅行で友人と行きましたね!←渋っ!!って思われた方、

実は今若い女の子の間で盆栽が流行ってるんですよ!

彼女は「盆栽応援ガールズユニット」ボンクラ宣伝部長の大里菜桜(おおさとなお)10才!

可愛いですね!

『さいたま市 大宮盆栽美術館』場所は?

まさに、盆栽のための美術館という感じで

素人がいっても盆栽の良さがすごくよくわかる場所です。

お土産コーナーには、盆栽に関連したグッズ販売もあったので、いろいろと楽しめると思います。

でも、ある程度、盆栽について調べてから行かないと、マジで眺めるだけになるので注意してください。

スポンサーリンク



 

東山拓仁(ひがしやまたくと)どのような教育を受けているのか?師匠は巨匠木村正彦氏!

そんな東山くんですが、師匠は内閣総理大臣賞など数々の賞を受賞している巨匠・木村正彦氏です。

(出典・はてなブログ

木村正彦氏は発明家だった父親の影響を強く受け、常に新しい形を模索するアーティストに近い盆栽家なのだそうで、

電動工具を駆使し時には彫刻を施し、その独創的なインスピレーションに導かれるままに作品を創り上げていくのが特徴的。

そうか、アーティストとしての一面を東山くんに垣間見るのは木村氏の教育があってのことかもしれませんね。

木村氏の元には国内外を問わずその作品に魅了された若い世代が高い技術力と芸術性を学ぶために集まっていて、自宅の園で主に弟子の育成や作品作りに精力的に取り組んでいるようです。

修行は6年間に及び、盆栽に関することだけではなく礼儀や作法に至るまで教育される厳しいもの。東山くんの才能が開花する日まではあともう少し年月がかかるのでしょうか。(参考元:盆栽.com

将来が、楽しみですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください