マクドナルド新作”ヘーホンホヘホハイ”感想レポ「おいしいのか、まずいか」

SPONSORED LINK



ヘーホンホヘホハイはおいしいのかな今日10/4(水)から、10月下旬まで期間限定で、「ヘーホンホヘホハイ」がマクドナルドで発売される。クサクのパイの中に、スモーキーなベーコン、ホクホクのポテト、オニオンなどの具材がたっぷり入った「ベーコンポテトパイ」が復刻するというので、マクドナルドに駆けつけた。ちなみに、注文時は、ベーコンポテトパイでOKだってさ。実際に食べてみました! 成分表示、アレルギー表示、栄養情報、カロリー=235キロカロリーなども掲載しています。

スポンサーリンク



「ヘーホンホヘホハイ」・・・

別に「ベーコンポテトパイ」でもいいじゃん。と思ったあなた。
私もそう思うのだが、マクドナルドによれば、ほっくほくでクリーミーな「ベーコンポテトパイ」を食べて、思わずハフハフしてしまう、そんな幸せでほっこりする瞬間を感じるネーミングにしたとか。

私は、恥を捨て正式名称で言いました。

客「ヘーホンホヘホハイとホットコーヒーください。」

店員「はい、ヘーホンホヘホハイ一つですね? オーダー入ります。ワン・ヘーホンホヘホハイ!」

(引用元:ホウドウキョク

とはならず、

客「ヘーホンホヘホハイとホットコーヒーください。」

店員(なぜかびっくりしたような顔つきで)「はい!」と言われました。
ヘーホンホヘホハイをちゃんと言えた客はいなかったのか、自惚れるな私。

では、こちらが実際のヘーホンホヘホハイである。

調理方法は、ホットアップルパイと一緒。そのまま調理済みのものを出すだけなので、ホットコーヒーをつけても、手に入れるまでに30秒とかからない。

見た目の記事は思ったよりも、重厚感があった。なんというか、三角チョコパイのようなサクサクっとした感じではなく、ザクザクとしていた。厚さはおよそ4ミリくらいはあるかもしれない。

小麦の香ばしさがまず口に広がり、続いて中のとろっとしたクリームとベーコン、コーン、オニオンが確認できた。おやつと言うよりも、ちゃんと食事になるくらいの味とボリュームはある。

オススメの食べ方としては、上を向いて食べる!ことか、
紙が邪魔して、うまく噛めないからだ。

◆成分表示及び産地情報はこちら。

主要原料 : じゃがいも/日本 | 豚肉(ベーコン)/デンマーク、ドイツ | 玉ねぎ/日本、中国
最終加工国 : 日本

◆アレルギー情報はこちら。

(出典元:http://www.mcdonalds.co.jp/quality/sp/menu_info.php?m0=bpp)


(出典元:http://www.mcdonalds.co.jp/quality/sp/menu_info.php?m0=bpp)

原材料(揚げ油を除く)として使用しています・・・卵、乳、小麦、大豆、鶏肉、豚肉
調理用揚げ油の原材料として使用しています ・・・牛肉
調理で揚げ油を共有しています・・・りんご
工場の製造ラインを共有しています・・・鮭、バナナ、ゼラチン
原材料として使用していません・・・エビ、カニ、そば、落花生、アワビ、以下、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、くるみ、ごま、サバ、松茸、桃、山芋

◆栄養表示はこちら。

(出典元:http://www.mcdonalds.co.jp/quality/sp/menu_info.php?m0=bpp)

そうね、個人的にもホットアップルパイの方が甘くて好きかも。
これは、本当に食事って感じです。ホットコーヒーと合いますよ!
ほっくりしちゃってくださいね♡

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です