三橋貴明の離婚した前妻(さかき漣)がブログで被害訴え「DV初心者ではない」

YouTube動画「おはよう寺ちゃん」などでおなじみの経済評論家の三橋貴明(みつはしたかあき)こと本名・中村貴司容疑者(48)が10代の妻にかみつくなどしケガをさせたとして、DVの疑いで逮捕。コメンテーターのフィフィも驚きを隠せない。テレビやユーチューブなどでは有名な三橋貴明容疑者。三橋貴明容疑者の前妻は作家のさかき漣(さかき れん)だが、彼女にもまたDVを繰り返していた可能性が彼女のブログから浮上。その証拠がこちら。

スポンサーリンク



経済評論家の三橋貴明ってよくテレビやユーチューブなどで拝見する顔だ。

▼YouTube動画「おはよう寺ちゃん」などでおなじみの経済評論家の三橋貴明(みつはしたかあき)こと本名・中村貴司容疑者(48)が10代の妻にかみつくなどしケガをさせたとして、DVの疑いで逮捕。

事件の概要についてはこちらの記事で詳しく書いています。

三橋貴明 ブログで逮捕の原因を大予言!動機はDV依存か,夫婦喧嘩が発情し

2018.01.08

10代の妻がいたことに驚きだが、実は、三橋貴明容疑者には前妻がいた。

▼三橋貴明容疑者の前妻は作家のさかき漣(さかき れん)だが、彼女にもまたDVを繰り返していた可能性が彼女のブログから浮上。

三橋貴明容疑者の前妻は作家のさかき漣(さかき れん)

作家。立命館大学文学部哲学科哲学専攻卒業。社会小説の既刊に『コレキヨの恋文』 (小学館/PHP文庫)、『希臘から来たソフィア』(自由社)、『顔のない独裁者』 (PHP研究所)他。2015年、株式会社ドワンゴとスタジオカラーの共同企画「アニメ (ーター)見本市」にて『顔のない独裁者』が『イブセキヨルニ』として短編アニメ化。 2016年11月、AIとシンギュラリティをテーマにしたSF『エクサスケールの少女』(徳間書店)を上梓。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エクサスケールの少女 (文芸書) [ さかき漣 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/1/7時点)

スポンサーリンク



交際期間に関する詳しい情報は明らかになっていないが、さかき漣は、15年6月19日、『DV加害者の二枚舌と“共犯者の存在” 』と題し、DVをする人間の特徴を分析し、DVを容認する人物がいたならそれは共犯者であると苦言を呈している。以下原文ママ。

DV・虐待について勉強することを、私はライフワークのひとつとしている。
(中略)

まず確認しておきたいのだが、DVや虐待の意味するところは、「家庭内のいざこざ」というよりも「殺人未遂」という方がより真実に近い。

(中略)

DVをする人間の特徴として、少なからずのサディストであることが挙げられる。自分より弱い立場にある者をいたぶり、その弱者が「泣いたり」「痛がったり」「許しを乞うたり」するのを見ることによって、自分の「快楽獲得」や「ストレス発散」や「自信回復」を成功させている。

(中略)

このサディストは天才的な二重人格者であり詭弁家なのである。

(中略)

二重人格者は、たとえば警官に対しては以下のように答えるだろう。

「実は、妻は精神病罹患者で、家事もろくにしない、仕事場でも問題ばかり起こす、ちょっとしたことでも怒りやすくて、愚痴が多く、すぐに私に食ってかかる癖がある。ときには『キチガイ』のように暴れて手が付けられない日もありますから、そうすると私はやむなく抵抗しなければならず、手が当たってしまうこともある・・・つまり今回のことは正当防衛なのです。

しかし、そんな駄目な妻ですが、私は彼女を愛している。だから一生をかけて大事にいくつもりなのです。この度は、たいした事でもないのに、妻が大げさに騒いで誠に申し訳ありませんでした。警察の方々には、いくらお詫びしてもしきれない。

(腕時計を見て)おや、そろそろ仕事に行かなければなりません、おいとまして宜しいでしょうか? 妻にはよく言ってきかせておきますので」

だから、ある人物について彼がDV常習犯であることを知りながら「しかし彼の『公の顔』は立派だから、虐待については不問とし、今後も懇意にしていく(または協力していく、もしくは応援していく)」という人がいたなら、それはつまり加害者の殺人未遂の罪を容認したうえ被害者の懊悩を愚弄しているということで、広義においては“人殺しの共犯”と呼ばれても仕方がないのでは、と私は敢えて苦言を呈したい。

まず、気になるのは、第一声目に「DV・虐待について勉強することを、私はライフワークのひとつとしている。」から始まる点だ。これは、身近にDV・虐待が存在している可能性は高い。そして、原文には、DVを受ける嫁と手を挙げる夫の夫婦間のやりとりが生々しくリアルに描かれている。内容が過激であり、一部削除しているが、ここまで具体的に書けるのは、それを体験したか、見聞きしたかのどちらかとしか思えない。

もし、前妻にも手を挙げていたのならば、三橋貴明容疑者はDVの常習犯であった可能性は高い。

◆こちらの記事も書いています。

三橋貴明 ブログで逮捕の原因を大予言!動機はDV依存か,夫婦喧嘩が発情し

2018.01.08

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です