宮川紗江 体操選手ほくろ除去すべき?悪性?レインボー解除でスポンサーに高須院長

スポンサードリンク




今回は、宮川紗江選手のパワハラ問題を巡り、8月29日勇気を持って会見を行った宮川紗江選手に関して、
彼女は、報道が大きくなる前にほくろを除去した方が良かったのではないか?などと持ちかけられていますが、除去しない理由は、悪性のものなのでしょうか?

スポンサー契約していた『株式会社レインボー』という会社との関係が悪化し、契約を解除され、新しくスポンサー契約を結んだ、高須院長は、「除去は簡単」と話しています。

宮川紗江 体操選手ほくろ除去すべき?悪性?

ほくろについては、がんとの関係をイメージする方も多いですよね。

医学的にほくろは、良性の母斑細胞(ほくろ細胞)の集まりで、大きさは通常直径5mm以下の場合がほとんど。
しかし、それ以上に大きいものは、メラノーマの可能性があると指摘されています。

「メラノーマとは、悪性黒色腫と呼ばれ、皮膚のメラニンという色素を作る色素細胞(メラノサイト)ががん化した腫瘍」と考えられています。がん細胞がメラニン色素を多量に産生しているため、黒く変色してしまうのだそうです。

スポンサードリンク




メラノーマは顔よりも手足(手のひらと足の裏)に多く発生し、日本人の50%程度は手足に発生するタイプであると言われています。今回の宮川選手のほくろは、大きさこそ5mm以上と大きいものに見えますが、手足ではなく、顔にできています。顔面にできるのは、高齢者が多いとのことで、メラノーマの可能性は低いのではないかなと個人的には思いました。

宮川紗江 体操選手ほくろ除去すべき?レインボー解除でスポンサーに高須院長

彼女のトレードマークでもあるほくろを本人が除去したいと考えているかわかりませんが、新しくスポンサー契約を結んだ、高須院長は、「除去は簡単」と話しています。 高須院長は、宮川選手を支援することについて、

「昔から頑張っている人の芽が摘まれていくのを見ていられない。助けたいという『本能』が働いた。悩んでいる人を見ていたら黙っていられないのは日本人の国民性なんでしょうね」(引用:夕刊フジ

と、話すなどあくまでも個人的な感情で彼女を支援したいと申し出ました。
そして、現在、パワハラ騒動のためにコーチをつけての練習ができていない宮川選手を助けたいという思いがあったのでしょう。

「ほくろ」に関しても除去は簡単だと話しています。

スポンサードリンク




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください