森井大輝 パラリンピック選手のプロフィール|松江美季と結婚?世界のトヨタが成せる科学の結晶

平昌冬季パラリンピック2018が、3月9日(金)いよいよ開幕(18日まで)。今回は、金メダル候補、アルペンスキー日本代表の森井大輝(もりいたいき)選手(トヨタ自動車株式会社所属)のプロフィールについて。高校2年生のときに事故で脊椎を損傷し、チェアスキーの世界へ。両足の自由を失った過去をバネに、わずか数年で、4大会連続でパラリンピックに出場し数々のメダルを獲得する戦歴の持ち主。そんな森井大輝選手のプロフィールと経歴・戦績について。また、森井大輝さんは結婚し、子供や家族はいるのか?さらに、使用しているチェアスキー開発の経緯や過程についてまとめました。

スポンサーリンク



パラリンピック金メダル候補・森井大輝選手のプロフィールと戦績

(出典元:WOWOW)

結果や滑走順、滑走日程については以下の記事で書いています。

森井大輝 平昌パラリンピック 男子アルペンスキー結果・出場日程(時間)・滑走順・テレビ放送時間

2018.03.10
プロフィール
  • 名前:森井大輝(もりいたいき)
  • 生年月日:1980年7月9日
  • 年齢:38歳
  • 出身:東京都あきる野市
  • 所属:トヨタ自動車所
主な戦績
  • ソルトレイクシティパラリンピック(2002年) 大回転8位、回転6位
  • トリノパラリンピック(2006年) 大回転2位(銀メダル)、回転4位
  • バンクーバーパラリンピック(2010年) 滑降2位(銀メダル) 、スーパー大回転3位(銅メダル)
  • ソチパラリンピック(2014年) スーパー大回転2位(銀メダル)
  • IPCアルペンスキーワールドカップ
  • 2007-08 男子座位大回転 優勝
  • 2008-09 男子座位大回転 優勝(2年連続 日本人初)
  • 2011-12 年間総合優勝
  • 2015-16 年間総合優勝(2度目)
  • 2016-17 年間総合優勝(2年連続 3度目)
 

結果や滑走順、滑走日程については以下の記事で書いています。

森井大輝 平昌パラリンピック 男子アルペンスキー結果・出場日程(時間)・滑走順・テレビ放送時間

2018.03.10

森井大輝選手とチェアスキーとの出会い|きっかけは高校時代のバイク事故

「いきなり、水深100メートルの海に放り出されたような気持ちだった。」

森井大輝選手は、4歳からスキーをはじめており、もともとスキーには馴染みがあったようです。
ルペンスキーやモーグルに夢中、インターハイを目指していた1997年、高校2年生の時、交通事故で脊髄を損傷。

その時の様子を「いきなり、水深100メートルの海に放り出されたような気持ちだった。」と回想しています。この先の未来のこと、家族のこと、いろいろな思いが駆け巡り、一人思い悩んだのでしょう。

「すごく笑顔で、僕も笑えるようになりたい。」

事故後、病室でたまたま見ていた1998年の長野パラリンピックの番組。選手が笑顔でいるのを見て、チェアスキーを始めます。「生きる希望を失った人に、チェアスキーを好きになってくれる人がいたらいいなって。」今は、その気持ちを与えてくれた人になれるように、希望となるように、日夜練習に励んでいるようです。

森井大輝選手は結婚して嫁や子供がいる?松江美季選手との関係は?

森井大輝選手は、結婚しているのでしょうか。調べたところ、結婚に関する情報はなく、独身である可能性が高いですが。
どうやら、チェアスキーを始めたきっかけになったのは、長野パラリンピックの金メダリストの松江美季(まそせん・みき)さんだったとのこと。


(出典元:信濃新聞)

森井大輝選手が、高校時代に、松江美季選手が出身高校の東京都立あきる野学園養護学校を訪ねた際に、「パラリンピックに出るためにはどうしたらいいですか?」と質問していますので、現在の森井大輝選手の原点となる憧れの人物といえそうです。

ちなみに、松江美季選手には、旦那さんとの間に2人の子供とともに、家族でカナダに在住。
息子の名前は、キーガン(左)くんとカイル(真ん中)くんとのことです。

(出典・参考元:https://ameblo.jp/jhiromichi/entry-11238976921.html)

さて、森井大輝選手が、実際に滑る様子は、圧巻です。

森井大輝選手が所属する”世界のトヨタ”では、開発チームを結成し、選手の下半身の機能を補う「チェアスキー」開発に2015年7月から開発に携わってきた経緯があります。

結果や滑走順、滑走日程については以下の記事で書いています。

森井大輝 平昌パラリンピック 男子アルペンスキー結果・出場日程(時間)・滑走順・テレビ放送時間

2018.03.10

スポンサーリンク



森井大輝選手とチェアスキー開発の物語|世界のトヨタが成せる科学

トヨタでは、日進医療器(愛知県北名古屋市)と義肢(義手・義足)メーカー「川村義肢」(大阪府大東市)と共同でチェアスキー開発に挑んできました。そもそもチェアスキーは、障害者スポーツのうち、座位で行うアルペンスキーのことです。
走行時は、時速100キロを超えますが、このスピードは空気抵抗を極力なくすことで実現できます。

具体的に、チェアスキーは1枚のスキー板にサスペンションを設置し、その上にシートを固定する構造。
上半身の体重移動でスキーを操作するため、シートのフィット感が操作性を大きく左右する。「川村義肢」では、材料の繊維強化プラスチック(FRP)を開発する際に、素材の配分や成形方法を変えた数百通りを研究してきました。

(出典元:チェアスキー作りに挑んだトヨタ 車の技術「金」サポート

チェアスキー開発のポイントは、この激しいい動きに対応する柔軟性と、選手の体を守る丈夫さが鍵。

空気抵抗を抑えるために、軽量化することはもちろん大事ですが、「破損のリスクを高める危険な行為にも近く、なかなかできなかった」と語るのは、日進医療器で開発を担う山田賀久さん。

トヨタでは、車作りの技術を生かし、自動車開発で使うコンピューターシミュレーション用のソフトで滑走時にチェアスキーにかかる負荷を、シミュレーション。無駄なフレームの厚みや不必要なパーツを洗い出し、1キロ以上の軽量化に成功。

さらに、空気抵抗については、車の開発で行う「風洞実験」で、選手の脚を覆う風よけの形を改良。タイムを0.2~0.3秒短縮できるめどが立つなど、コンマ0秒の世界で闘います。

もちろん、そこには森井大輝選手も携わり、メーカーと二人三脚で作り上げた日本製のトリノモデルが今や世界中で使われていて、技術的にも世界を圧巻するというのは、こういう開発経緯に理由があるようです。

「世界一格好いいチェアスキー。そう思って滑っているから、競技が楽しくて仕方がない」そう意気込む森井大輝選手、結果はいかに?

結果や滑走順、滑走日程については以下の記事で書いています。

森井大輝 平昌パラリンピック 男子アルペンスキー結果・出場日程(時間)・滑走順・テレビ放送時間

2018.03.10

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください