森田有昭(顔画像あり)逮捕!売上2億円!脱法サイトはなぜ、なくならない?

SPONSORED LINK



東京・歌舞伎町にある5つのわいせつDVD販売店が一斉に摘発され、店長の男・森田有昭容疑者(47)ら17人が25日、ビルの一室で違法なわいせつDVDを販売したなどとして逮捕されました。一度の押収量としては過去最多となる、およそ58万枚のわいせつDVDだったということで、3年間でおよそ2億円を売り上げていました。今回の摘発で都内に最大で200店舗あったわいせつDVD店は、全てなくなったといいますが、一方で、インターネットを通じたわいせつ動画などの売買は増加傾向にあり、警視庁が警戒を強めています。なぜ、「違法サイト」はなくならない?海外サーバーの落とし穴とは?

スポンサーリンク



都内でわいせつDVD58万枚押収!売り上げ3年間で2億円!ついに都内の店舗ゼロへ

逮捕されたのは、店長の森田有昭容疑者ら、17人


(出典元:FNN

店舗:東京都新宿歌舞伎町の5店舗

店長:森田有昭(47)

わいせつDVDの数:58万枚

 事件の詳細は、下記の通り。

警視庁は、11月25日、新宿区歌舞伎町周辺の5つのわいせつDVD店を摘発して、過去最大規模のおよそ58万枚を押収し、店員ら17人を逮捕した。
わいせつ物頒布の疑いで逮捕された、森田有昭容疑者(47)ら17人は、わいせつDVDの販売により、3年間でおよそ2億円を売り上げていた。
警視庁によると、都内に最大で200店舗あったわいせつDVD店は、全てなくなったという。
一方で、インターネットを通じたわいせつ動画などの売買は増加傾向にあり、警視庁が警戒を強めている。

(引用元:同上)

 「一方で、インターネットを通じたわいせつ動画などの売買は増加傾向にあり、警視庁が警戒を強めている。」この一言の重みは大きい。わいせつ内容の動画にかかわらず、ドラマや映画を無料で視聴できる違法サイトはなぜ、なくならないのか?

スポンサーリンク



なぜ、「違法サイト」はなくならない?海外サーバーの落とし穴とは?

 無料で視聴できる動画サイトは、あとを絶たない。懸命の呼びかけにもかかわらず、日本の法律で取りしまうことのできない理由がある。
 その理由とは、海外のサーバーを利用することで、法律の抜け穴を利用し動画を配信することが可能となるためだ。

 悲しい現実ではあるが、現状、外国にある法人を、日本の法律で裁くのは難しい。日本にいながら閲覧することが出来ても、たとえば、サーバー運営会社が海外にある法人であるだけで、日本の法律は及ばないようになっている。
 いわば、これらは、日本の法律の抜け穴をすり抜けるようにしてつくられた「脱法サイト」と呼ばれ、個人でも運営が可能で、それなりの利益を得られてしまう。
 実際に、「金を目的」にサイトを運営していた男が児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で、逮捕された例もある。

 現段階では、なす術ないといったところなのだろうか。被害に遭わないためにも、自分の身を守る、騙されないように正しい知識と適切な危機感を持つ、予防策しか手を打つことができないと専門家は指摘する。

(参考元:NEWSポストセブン

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です