【守谷慧さん絢子さま婚約内定の記者会見】日程時間,動画は?プロポーズシーン「月が綺麗」か

スポンサーリンク

26日、高円宮(たかまどのみや)家の三女絢子さま(27)が、会社員の一般男性と婚約すると発表がありました。

結婚相手の男性は名前が守谷慧(もりやけい)さん。

慶応大学のご出身で、現在は大手海運会社「日本郵船」に勤務するエリート経歴の持ち主。

さらに、現在NPO法人「国境なき子供たち」の理事も歴任する若きエース。

一方の絢子さまも、なかなかの経歴の持ち主ですのでお似合いではないでしょうか?

お二人は、7月2日(月)結婚記者会見を開く予定で詳しいプロポーズの言葉や、馴れ初めや出会いのきっかけも本人たちの口から聞けると思いますが、

ここでは現在あきらかになっているお二人のプロフィールや経歴についてまとめています。

【守谷慧さん絢子さま婚約内定の記者会見】日程時間

婚約内定の記者会見。日程は下記の通り。

  • 日程:7月2日(月)15:00〜
  • テレビ放送[NHK総合]7月2日(月)15:00~15:13
  • ラジオ放送[NHKラジオ第1]7月2日(月)15:00~15:10

ライブ中継動画

絢子さまピンクのドレス!守谷さんピンクネクタイ!

15分にわたり行われた会見。絢子さまはピンクのワンピース姿に帽子、守谷さんはダークスーツにピンクのストライプのネクタイを着けて少々緊張した面持ちで会見に挑まれました。冒頭、記者の質問に答える前、6月18日に発生した大阪北部地震により被災された皆さまへのお見舞いの言葉を述べました。

プロポーズの言葉は?

「初対面とは思えないほど話が盛り上がり、時間を忘れて楽しんだ」と言う絢子さま。今年に入り、食事後に守谷さんから突然のプロポーズがあったと言いますが、その時は一旦保留にしたものの、その後、「この人なら」とプロポーズを受けました。プロポーズの言葉は「二人の胸のうちに」(守谷さん)として明かされませんでしたが、「慧さん」「絢子さん」と呼び合っていると言います。

守谷さんは、一貫して乙ついた口調で話されますね。公で話すことに慣れているように感じます。
NPO理事であり、トライアスロンにも挑戦していると言うだけあって、肝が据わっているような印象ですね。

結婚式や一時金は?

ちなみに、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」は8月12日月曜日、

結婚式は、ことしの秋「10月29日月曜日の大安の日」東京で行われる予定です。

また、絢子さまが皇室を離れられるのに伴って贈られる一時金の額は、1億円余りになるとみられます。

スポンサーリンク



 

絢子さまプロフィール

絢子さまは、平成14年に亡くなった天皇陛下のいとこの高円宮さまと、高円宮妃の久子さまの三女として、平成2年9月15日に誕生。

高円宮(たかまどのみや)は、三笠宮崇仁親王の第3男子で大正天皇皇孫の憲仁親王が1984年(昭和59年)12月6日に創設した宮家。

「高円宮」の宮号は昭和天皇から賜ったもので、現当主は、憲仁親王妃久子。

お父様の高円宮殿下は早くに亡くなっています↓

小学校から高校まで学習院に通い、千葉県の城西国際大学に進学して保育や社会福祉を学び保育士の資格を取得。

スポーツ観戦や旅行、読書、スキーが趣味で、幼い頃からピアノやチェロ、それに絵画を習い音楽や美術に親しむ一方で、スカッシュやスキー、バレエ、水泳などスポーツにも長けています。高校時代にはスキー部に所属してアルペン競技スキー部門の部長を務め、大学時代には4年間体育会のサッカー部のマネージャーとして活動。大学の研究員となった現在もサッカー部に関わられているということです。

在学中およそ2年間カナダの大学に留学。帰国後に、カナダの社会福祉をテーマに修士論文をまとめ、論文が優秀だったとして特別表彰を受けられ、おととし修士課程を修了したあとは、皇族として公務にあたる一方で、去年6月から城西国際大学福祉総合学部の研究員を務めています。

そして、ことしに入り、久子さまから受け継ぐ形で、日本とカナダの交流団体「日加協会」と「日本海洋少年団連盟」の名誉総裁の職も兼任。

メモ

「日加協会」:日加協会は、1930年(昭和5年)に設立され、日本とカナダ両国民の相互理解と友好親善の増進をはかる団体。文化や人的交流の促進に努める。

「日本海洋少年団連盟」:正式名称:公益社団法人日本海洋少年団連盟は、 少年少女に対して海洋に親しむ機会を与え、健全な育成を図る活動を行う団体

一方、お相手は、大手海運会社「日本郵船」(東京)に勤める港区に住む守谷慧さん(32)

スポンサーリンク



 

守谷慧(画像)絢子さま婚約相手のプロフィール(身長,名前,画像,会社名,大学)

スタイル抜群ですね!!

正味身長185センチと行ったところでしょうか?

普通にイケメンすぎなんですが、経歴や学歴もエリートすぎます。

  • 名前:守谷慧(もりやけい)
  • 生年月日:昭和61年3月24日生まれ
  • 年齢:32歳(絢子さまの5歳年上)
  • 大学:慶応大学文学部
  • 職業:大手海運会社「日本郵船」/ NPO法人「国境なき子どもたち」理事
  • 趣味:マラソン、トライアスロン、読書、旅行、スキー

守谷慧さん絢子さま結婚相手にふさわしすぎる経歴と多彩な趣味

この完璧すぎる経歴、もう言うことなしですね!

  • 平成元年9月から4年7月までフランス・パリの幼稚園
  • 港区立白金小学校、私立高輪中学校・高校
  • 平成17年4月に慶應義塾大学文学部に入学
  • 大学時代には、オックスフォード大学に短期留学
  • 平成21年3月に慶應義塾大学を卒業
  • 同年4月から大手海運会社「日本郵船」に勤務

昨年10月にマラソンに参加する様子↓

趣味は、運動から文科系まで多彩!

守谷慧さんは、ことし4月に高円宮邸で開かれたパーティーに親子で招かれるなどしていてこの時までには家族間で親密な関係があったと見られます。

どのようなきっかけで交際に発展したのでしょうか?

スポンサーリンク



 

馴れ初めやきっかけ、出会いは?

実は、NPO法人「国境なき子どもたち(途上国の恵まれない子供を支援する)」理事を務める守谷慧さん。

守谷さんの母親が当団体の専務理事で、絢子さまの母親である久子さまと親交があったとのこと。

久子さまと守谷さんが会われたのは、10年ほど前、「国境なき子どもたち」の写真展を訪れた際でした。

その後、去年11月、久子さまが「国境なき子どもたち」の設立20周年の祝賀会で守谷さんと再会した際「守谷さんが団体の理事に就任する」と聞き、久子さまは、「福祉を学んでいる絢子さまが、国際的な福祉活動に興味を持たれるきっかけになれば」と考え、昨年12月に、守谷さんを紹介されたということです。(参考元:NHK

具体的なプロポーズの言葉はなんだったのか?

お互いどのようなところに好意を感じているのか?

気になるところですね。

【眞子さまと小室圭さん婚約内定の記者会見】プロポーズシーンを振り返る

皇室のご結婚といえば、昨年9月3日に行われた「眞子さまと小室圭さん婚約内定の記者会見」が昨日の様に思い出されます。

プロポーズの時の状況について、小室さんは

「2013年12月にわたくしから『将来結婚しましょう』と申し上げました。場所は都内で食事の後、2人で歩いていた時だったと記憶しております」

と話しています。

2人が出会ったのは、ICU(国際基督教大学)の1年生の時。

最初は「すれ違うと軽く挨拶をする程度」だったが、2012年に交換留学の説明会で、席が前後になったことから親しくなり、交際に至った様です。また、交際中のエピソードは大きく反響を呼びました。

「宮様とたびたびお会いするようになりましてから、ある日夜空にきれいな月を見つけ、その時思わず宮様にお電話をいたしました。その後もきれいな月を見つけますと、うれしくなり、宮様に電話をおかけしています。宮様は私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます。とても愛情深く、確たる信念をお持ちのところに、強く惹かれました」(引用元:J-castニュース

スポンサーリンク



 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください