中西宏明(経団連会長/日立会長)経歴と家族は?歴代初メール導入で称賛。

経団連会長が、「会長執務室に初めてパソコンを設置し、メールをするようになった」というニュースが世間を賑わせていますね。「20年前の記事じゃないの?」「歴代会長や、前会長ら榊原定征氏らはネット弱者だったの?」とも揶揄されてる始末。現会長の中西宏明経団連会長(日立会長)の経歴や家族、プロフィール(大学)について気になったので調べてみました!

スポンサーリンク




中西宏明(経団連会長/日立会長)プロフィール・経歴・大学

中西 宏明(なかにし ひろあき、1946年3月14日 )氏は、神奈川県横浜市出身の実業家。

大学は、東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所入社。1970年スタンフォード大学大学院修士課程修了。日立では、常務、専務、副社長を経て、業界史上最悪となる7873億円の赤字を計上した2009年に、呼び戻されて、2010年からは社長を務め、2014年から会長に主任したV字回復の立役者へ。

スポンサーリンク




中西宏明(経団連会長/日立会長)家族について。結婚して子供いる?

プライベートについては、結婚されているのか、ご婦人がいるのかについては情報がありませんでした。優秀な方なので、出世を支えるパートナーがいても不思議ではないですが、SNSなどはさすがにアカウントは内容です。

日立の公式フェイスブックには、お隣に女性がいますが、少し距離があるように見えます。

スポンサーリンク




中西宏明(経団連会長/日立会長)歴代初PCメール導入で称賛。

メールを受け取った職員の「最初は本当に驚いた。これが中西さん流だ。主に紙でやり取りしてきた職員の働き方も変えようとしている」と話していたということで、まさに経団連にとってそれは、「IT革命」。世間とのギャップを感じざるをえませんが、経団連の広報担当者らによると、「電話や紙、対面がメインだったのは確か」だといいます。

導入の経緯や理由については、会長が、「会長がデジタルトランスフォーメーションに意欲的なため」というのが理由なのではないかとのこと。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください