中曽根康隆が結婚!婚約相手は「神山まりあ」ではなく、社長令嬢「嫁の顔画像がみたい」日々精進「政界夫婦とはいかなるものか」

父は元外務大臣の中曽根弘文、祖父は元内閣総理大臣の中曽根康弘、櫻井翔と同級生など異例のプロフィールを持つ、「中曽根三世」こと、中曽根康隆 (なかそねやすたか)が4月1日に婚約。結婚相手は、彼女と散々噂されていたモデル「神山まりあさん」ではなく、中小企業の社長令嬢と「週刊文春」(4月12日(木)発売)が報じている。「社長令嬢って、一体誰なんだ?」「嫁の顔画像がみたい」・・・二人の馴れ初めは、「従兄弟の紹介で知り合い、3年ほど付きあって正式に婚約」という出会いがきっかけ。披露宴は今秋の予定。

中曽根康隆が結婚!婚約相手は「神山まりあ」ではなく中小企業の社長令嬢!

父は元外務大臣の中曽根弘文、祖父は元内閣総理大臣の中曽根康弘を持つ、「中曽根三世」こと、中曽根 康隆 (なかそね やすたか)が4月1日に婚約。結婚相手は、彼女と散々噂されていたモデル「神山まりあさん」ではなく、中小企業の社長令嬢と「週刊文春」(4月12日(木)発売)が報じている。

馴れ初め・きっかけ・出会い「政界ふうふ」♡

現在は、嫁に関する情報は、
・中小企業の社長令嬢
・従兄弟の紹介で知り合い、3年ほど付きあって正式に婚約

であるということだけ。

スポンサーリンク



中曽根康隆が結婚!日々精進「政界夫婦とはいかなるものか」

最近は、ツイッターに駐日メキシコ大使のカルロス•アルマーダ閣下と奥様との3ショットも掲載し、政界夫婦とはいかなるものか、日夜研究なさっていたのかもしれません。どんな家庭を築くのか楽しみですね!

中曽根康隆の異常なプロフィール「中曽根三世」「櫻井翔と同級生」など

中曽根 康隆 (なかそね やすたか)氏は、1982年1月19日東京都生まれの36歳。嵐メンバーの櫻井翔は同級生。
慶応幼稚舎から慶応大まで進学。高校、大学中はゴルフ部で活躍し、大学では体育会ゴルフ部副将を務めた経験は今の経歴に生かされているのかも。

慶応高時代はゴルフ部で活躍

(出典元:産経新聞

慶応義塾大学法学部を卒業すると、米コロンビア大大学院に進学し、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長と机を並べ、国際関係学修士号を取得。JPモルガン証券(アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く銀行持株会社)勤務を経て、2013年(平成25年)から参議院議員の父、中曽根弘文の事務所で私設秘書として働く。

スポンサーリンク




現在は、2017年(平成29年)8月末に秘書を辞職し、第48回衆議院議員総選挙で群馬1区に出馬。
自由民主党所属の衆議院議員1期目を迎えている。

中曽根康隆とモデル「神山まりあ」ではないが、彼女と噂

一方で、2011年の『ミス・ユニバース・ジャパン』に輝いたモデル「神山まりあ」さんとは、交際の噂もありました。
しかし、彼女は、2015年1月に入籍し、2016年1月に挙式と妊娠の報告をしております。
自身のインスタグラムからは、子育てに奮闘中であることが伺え、婚約相手ではないと断言できますね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください