中島翔哉 結婚した嫁や竹内涼真との関係は?海外の反応良くても移籍に慎重 今後のキャリアは?

ポルトガルリーグのポルティモネンセに所属する中島翔哉(なかじま しょうや)選手。

今年6月30日までの契約期限で、海外からの反応がよく移籍が噂されている。

FC東京から、移籍するときに、一般女性と結婚した中島翔哉選手は、小学時代からサッカーが大好きで、ボールを教室に持ち込み、足元に置いて授業を受けていたという逸話まで。

連続テレビ小説「ひよっこ」やドラマ「過保護のカホコ」で有名な竹内涼真さんとの意外な関係とは?

中島翔哉(なかじま しょうや)プロフィール

名前:中島翔哉(なかじま しょうや)
生年月日:1994年8月23日
出身:東京都八王子市
身長:164cm
体重:64kg
ポジション:MF、FW
経歴:松が谷フットボールクラブ→FC東京サッカースクール→東京ヴェルディジュニア→東京ヴェルディジュニアユース→東京ヴェルディユース→東京ヴェルディ→FC東京→カターレ富山→FC東京→ポルティモネンセ
配偶者:結婚した相手は、一般女性

中島翔哉(なかじま しょうや)生い立ちと母親

6歳の時に「松が谷フットボールクラブ」でサッカーを始めた中島翔哉選手ですが、時を同じくして、両親が離婚し、母親の元で育てられます。2年生になると「東京ヴェルディ」のスクールにも通い始め、その後最大5つのサッカークラブに通ったそうです。

だた、離婚した母のこずえさんは、借金を背負い、勤め先の倒産に遭いながらも懸命に働き、女手一つで子育てと、サッカーのスクール代を賄っていたわけですから、相当、根性のある素敵なお母さんです。

スポンサーリンク



 

高校3年生になると、東京Vとのプロ契約締結が発表され、このときに、「いつか大きな家を買ってあげるね」と約束したのを見事4年後にかなえ、素敵な親孝行を実現させています。

海外の反応良くても移籍に慎重 今後のキャリアは?

その後FC東京→カターレ富山→FC東京と転々として、昨年8月ポルトガルのポルティモネンセに今年の6月までの契約で移籍が決まり、現在も活躍中の中島翔哉選手。

日本にいる頃から「海外のほうが合っている」と海外志向が強かった中島翔哉選手ですが、移籍市場の注目株として、てヨーロッパのメディアに取り上げられる機会は少なくないそうで、実際に、アトレチコ・マドリードやドルトムントなどビッグクラブから獲得の申し出があったのも事実。

海外移籍1年目でチーム2位の9得点で評価は急上昇。初招集となった日本代表のマリ戦(3月23日)でも1得点を挙げ、成長を見せている。ウォルフスブルクや同じポルトガル1部で強豪のベンフィカやスポルティングなど欧州CL常連クラブからのオファーも届いている

(引用元:日刊スポーツ

ただ、本人は、

「すぐにどこかへ行きたいという願望はなかった。移籍のタイミングはすごく重要です。できれば、自分により合うチームに行きたいですよね。いろんな噂があるのは知っていますが、それは選手としてポジティブに捉えています。これからもずっとヨーロッパで生活していきたい。今はポルトガルしか知らないけど、サッカーを通していろんな国に行きたいです」

(引用元:サッカーダイジェスト

と移籍には前向きとしつつも、

スポンサーリンク



 

「まずは、ポルティモネンセでしっかりとアピールする。その先にステップアップがあると思います。もっとレベルの高いクラブは世界中にありますから、そういうチーム、自分に合うチームに、できるだけ早く行きたいです」

(引用元:サッカーダイジェスト

と、キャリアビジョンを望みつつ、慎重な姿勢を見せています。

竹内涼真さんとの意外な関係とは?

そんな中島翔哉選手の海外での活躍に、人知れず燃える男こそ、二宮和也主演「ブラックペアン」、連続テレビ小説「ひよっこ」、「過保護のカホコ」、映画「帝一の國」に出演し、最近では熱愛報道もあった女性にモテモテの俳優・竹内涼真さん。


彼は、サッカー経験者であることは有名ですが、東京ヴェルディのユース(VERDY S.S 相模原Jrユースから東京ヴェルディユースに昇格)に所属しており、中島翔哉選手とプレーした経験があるとか。

 

スポンサーリンク



 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です