ミサイル北朝鮮の発射で警報音J-ALERTが”怖い””睡眠妨害”と平和ボケした日本人!

SPONSORED LINK



29日、午前5:58頃、北朝鮮から発射された弾道ミサイルは火星13号は、午前6時12分頃、3つに分離し、いずれも襟裳岬の東約1180キロの太平洋上に落下したと推定されます。東北地方を中心に「Jアラート」(全国瞬時警報システム)が作動。日本人は”怖い”や時間が早朝だけに”二度寝する”との反応も。国民保護に係る警報のサイレン、通称「国民保護サイレン」の警報音がなった時の日本人の平和すぎる反応について、また警報音Jアラートがなったらどうすればいいのか対応についてまとめました。

スポンサーリンク



北朝鮮から発射された弾道ミサイルは火星13号!時系列で追う発射に関する速報

29日、午前5:58頃、北朝鮮から発射された弾道ミサイルは火星13号
同日、午前6:00頃、国民保護情報を知らせる「Jアラート」(全国瞬時警報システム)が作動
同日、午前6:06頃、北海道上空を通過
同日、午前6:12分頃、襟裳岬東方1180kmの太平洋上に落下

被害情報は現在のところ入っていません

しかし、東北地方を中心に「Jアラート」(全国瞬時警報システム)が作動したとあるように、ここにきてようやく”ミサイル”というものを実感した模様。▼「国民保護サイレン」の警報音

(※周囲に誤解を与えぬよう、音声にご注意ください。)

もし仮に、北朝鮮から弾道ミサイルが発射された場合、Jアラートは「鳴る」のかと懸念されていましたが、専門家によれば、今回、Jアラートははスムーズに作動したと言及しています。

■「Jアラート」(全国瞬時警報システム)とは?

Jアラートとは、弾道ミサイル発射や大津波などの緊急情報を人工衛星と地上回線の両方を使って、瞬時に伝達するシステムのこと。武力攻撃や地震・津波などが発生した際、避難が必要な地域に直ちに危険を知らせるもの。Jアラートで、内閣官房から消防庁の中央システムに送られ、消防庁は大手携帯キャリア3社と提携しており、その地域の住民には、「エリアメール」(ドコモ)や「緊急速報メール」(au、ソフトバンク)が届くことになっています。

スポンサーリンク



ミサイル北朝鮮の発射で警報音J-ALERTが”怖い””睡眠妨害”と平和ボケした日本人!

鳴り響く、「プォー」というアラームに怖いという反応が多いようです。

一方で、”睡眠妨害”と反応する平和ボケした日本人の実態もありました。

では、続いて、警報音Jアラートがなったらどうすればいいのか対応についてまとめました。

警報音Jアラートがなったらどうすればいいのか、迷っている暇はない!

”ミサイルが発射された”と一口に言っても、情報の種類は3種類あります。

発射情報:発射されたことを伝えるもの。
「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難してください。」
通過情報:上空を通過することを伝える。
「直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難してください。ミサイルが落下する可能性があります。ただちに避難してください。」
避難情報:領土・領海に落ちてくる可能性がある場合。

「ミサイル落下。ミサイル落下。ミサイルが 〇〇地方に落下した可能性があります。続報をデンンタツしますので、引き続き屋内に避難してください 」

つまり、発射した通過するのか落ちるのか、と3段階に分けて警告がなされるということですね。

もし、防災無線でのJアラート、スマホでの緊急速報メールを受信した場合、内閣官房によれば、

弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性がある場合は、避難を呼びかけます。屋外にいる場合は近くの頑丈な建物や地下 (地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難して下さい。

 弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合には、更に直ちに避難することを呼びかけます。 屋外にいる場合には、直ちに近くの頑丈な建物や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難して下さい。

(引用 http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/nkjalert.html)

1、指示にしたがってスグに避難行動をとる。

2、テレビやラジオつけて情報を確認。

3、頑丈な建物、地下への避難が原則。近くに地下街などがある場合は地下へ避難。

4、窓の近くは避け、出来るだけ建物の奥に避難する。

(引用 http://www.teguchi.info/saigai/23329/)

つまり、情報を収集したのち頑丈な建物や地下へ避難すること。その際、窓の近くは避けて建物の奥に避難することを徹底すべきということでしょう。

▼山形県酒田市では、地元の学校や地域を巻き込みミサイル発射の際の避難訓練が行われていますので、こちらの動画を参考にしてみてください。

とはいえ、Jアラートがなってから、襟裳岬に落下するまでの時間は12分間。もともと、無理ゲーではないかと不審がる意見もあるのです。

警報音J-アラームがなってからでは、避難は”無理ゲー”?

 

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です