日大アメフト内田前監督・井上コーチ処分内容は除名か。宮川選手は?【関東学生連盟29日記者会見】

いわゆる”悪質(殺人)タックル”問題をめぐって、

29日きょう午後6時、関東学生連盟が臨時理事会を開催。

また、午後8時半、決定事項について学連の柿沢優二理事長らが記者会見を開く予定です。

会見の中で、内田正人前監督と井上奨コーチ2名に関する処分内容を発表する見通しで、

関係者によると、最も重い「除名」とする案で最終調整しているとのこと。

また、規律委員会ではこのほかにも反則行為をした宮川泰介選手や日大アメリカンフットボール部なども処分の対象にする方針です。

「日大アメフト監督コーチ除名処分で調整」

会見の中で、内田正人前監督と井上奨コーチ2名に関する処分内容を発表する予定ですが

同学連の罰則規定では<最も重い「除名」>のほか<団体活動の一時的または無期限停止>、<公式戦への一定期間の出場停止>などがあり、いずれも厳しい処分が予想されるとのこと。(参考元:産経新聞)関係者によると、最も重い「除名」とする案で最終調整しているとも報じられていますので、おそらく両名に関しては、「除名」宣告を受けることになるでしょう。

関東学生連盟 処分内容を記者会見【日程:29日20:30頃〜】

関東学生連盟は29日午後6:00〜東京都内で「臨時理事会」を開く予定。

理事会後、学連の柿沢優二理事長らが記者会見(20:30頃〜)して、内田前監督と井上奨コーチ2名に関する処分内容を発表する見通し。

関東学生連盟 会見の中継動画

会見の中継動画については、ネット中継されるのか、どうか情報がありませんので、追記していきます。

スポンサーリンク



悪質タックル加害者 宮川泰介選手の処分は?

また、規律委員会ではこのほかにも反則行為をした宮川泰介選手や日大アメリカンフットボール部なども処分の対象にする方針。(参考元:NHK)この件について、25日記者会見を行った日大の大塚学長は、アメリカンフットボール部の今後について

「関東学生連盟の裁定を待っている。そこでどのような判断が下されるのか来週には出てくるので、それを見据えながら今後の対応を考える。ただ、部活動の永久停止は考えていない。できるだけ早い時期に活動を再開してほしいと考えている
(引用元:NHKニュース

との考えを示しています。

監督・コーチについての処分はもちろんですが、宮川選手や日大アメフト部に関しての制裁まで今のタイミングで、加えられるというのは、ちょっと予想外でした。情報もあまり揃っていない中で、良い判決を下すことができるのか。

ただ、29日の報道によると、「28日に警視庁の捜査員が東京・千代田区にある日大本部を訪れ、日大の関係者から聞き取りをしていたこと」などがわかっていて、当事者間同士では情報が整いつつあるということなのでしょうか。

スポンサーリンク



関学大の小野宏ディレクターは、宮川選手に対し「困っているなら支援できるところは支援していく」と話し、

大阪学院大アメフト部総監督の髙野元秀氏は、「本人が希望するなら、関学大に転入させることも考えているのではないか。宮川君を救うなら、フットボールで救うしかない。関学の器なら『自分たちと一緒にフットボールして出直そう』と手を差し伸べる可能性はある」5月28日「モーニングショー」

と、まさかの転入話まで。

さらに、現役部員らは、27日までの3日間、ミーティングを行い、事実関係やコーチ・監督らへの意見をまとめた”声明文”を近く発表する予定ですが、内容には、「タックルをした宮川泰介選手だけに責任を負わせないようにすること」といった擁護する内容も含まれています。

【日大アメフト部員の声明文全文】内容に「コーチ退陣」廃部危機か。

2018.05.29

悪質タックル被害者 奥野耕世選手の現在は?

一方、負傷した関学大のQB奥野耕世選手は、27日、春の公式戦の関大戦で復帰を果たし、宮川選手に対して「かわいそうだ。心苦しく感じた」と同情、

「会見で宮川くんは“フットボールをする権利がない”と言っていたけど、それはまた違うと思う。またフットボールの選手に戻って、正々堂々とルール内でプレーして、また勝負できたらいいなと思います」

(引用元:スポニチ

フットボールをする資格がないと退部意向を示す宮川選手をフォロー。

世間は今、日大アメフト部員や宮川選手へ同情と応援の心で見守っているのです。

ぜひ、緩和的な処分を願います。

スポンサーリンク



 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です