日体大 駅伝2019は渡辺正昭監督のパワハラで出場停止?被害者画像が本物だった…

スポンサードリンク




7日発売の写真週刊誌「FRIDAY(フライデー)」が、陸上競技部の渡辺正昭(わたなべまさあき)駅伝監督(55)によるパワハラ報道について報じました。報道の内容は?どのようなパワハラだったのか?2019年は出場停止?被害者の名前や画像は?渡辺正昭監督の経歴や家族、プロフィールは?

日体大・渡辺正昭監督 解任 後任は未定

速報 11日に渡辺監督から辞任願が提出されたが、陸上競技部は「学生指導の適性に欠ける」などと判断、部長名で解任することを決定した。学生3大駅伝の初戦・出雲駅伝(10月8日)まで1か月を切っているが、後任は決まっていないという。 (引用:スポーツ報知

渡辺正昭監督(日体大/画像)プロフィール、出身高校、大学

体操のパワハラ問題が、未だに消化せずにいる中、日体大に新たなパワハラ疑惑。

箱根駅伝出場の中でも名門とされる日本体育大学・陸上競技駅伝部。第26回大会(1950年)の初出場から、70年連続出場を維持し、中央大学に次いで史上2番目の5連覇を達成している名門校。

第59回大会(1983年)を最後に優勝から遠ざかっており、第89回大会(2013年)に30年ぶりの優勝を果たしたとはいえ、渡辺監督が就任した第91回(2015)には15位、第92回(2016年)7位、第93回(2017年)7位と、上の壁を打ち破れずにいます。

渡辺正昭監督の餌食となった駅伝被害者の画像と内容フライデーに真相激白!

そんな強豪校のパワハラ行為となれば、事態は深刻です。

こちらが、実際に被害を受けた方の医療証明書と被害の酷さを物語る画像。

(練習についていけず、監督から暴行を受けた学生。右のスネが変色しているのですが、あまりにもひどい写真だったので、少し、画像加工しました。出典:フライデー)

「FRIDAY」の報道では故障者に対して「障害者」、練習についていけなくなった学生に対して、伴走車から「ひき〇〇」などの発言があったとされ、蹴りなどの体罰で選手に怪我をさせたと報じられています。

スポンサードリンク




 

渡辺正昭(日体大監督)駅伝監督に暴行を受けた被害者の名前や画像は?

さすがに実名は報道されていませんが、小林聡くん(仮名)は、

小林くん
 「もうあの人の顔を見ることさえ耐えられないんです。監督がいる以上、チームで走り続けることはできません。本当はもう一度、箱根駅伝を走りたかった。できたら実業団で陸上を続けたかった。でも、今では走ること自体が嫌いになってしまいました…」

と話しました。

小林くんは、同大学駅伝ブロックに所属していた現役の学生です。陸上競技部時代には箱根駅伝にも出走したエリートランナー。

そんな将来を渇望されていた彼はこう口を開きます。

小林くん
 「渡辺監督の就任当初、前任監督との指導方針の違いにチームが動揺していました。ですが、監督は『俺の考えについてこられない奴はいらない』という態度でした。何より選手たちのストレスになっていたのが”言葉の暴力”です。うちは毎日、朝5時から練習が始まるんですが、その瞬間から地獄が始まる。走行中の列が少しでも乱れると、ペースを崩した選手を『もう練習にこなくていい。部活を辞めて、大学からいなくなれ!』と罵倒するんです。それで練習参加を許されず、”干される”奴もいる。たったそれだけで、本当に箱根への道が絶たれるんです。そんな極限の緊張が365日、4年間続くんです。」

ちなみに、前任の監督は、別府健至監督という方だったようです。


さらに、渡辺監督の指導で目に余る点をまとめると、

  • 怪我をした選手は練習場の雑草抜きをすることになっていた。渡辺監督は故障中の選手に向かって「あいつ障がい者じゃないか」と身体障がい者を揶揄するような言葉を口にした
  • ついていけなくなった学生に対して、逆上して伴走車から「ひき〇〇ぞ!」と面罵し、その直後、選手にとって命である脚を蹴るなどの体罰を行っていた
  • さらに、練習中、脱水症状になった同級生をかばった別の選手に対しても「余計なことはするな!」と蹴りを入れて、大腿部に怪我を負わせている(先ほどの写真)

などの行為があったようです。

これ、本当だったらやばいですよね…

小林くんは少しオーバーに話を盛っているのかもしれませんが、
証拠の写真を見る限り、暴行の程度というのは、大きかったのだろうと予想できます。

2019年の箱根出場どころか、出雲駅伝、全日本駅伝大会への出場も危ういのではないでしょうか。

スポンサードリンク




渦中にいます陸上競技部の渡辺正昭(わたなべまさあき)駅伝監督については、下記の通り。


渡辺 正昭(わたなべ まさあき)監督のプロフィールから、

  • 名前:渡辺 正昭(わたなべ まさあき)
  • 生年月日 1962年11月22日(55歳)
  • 出身地 愛知県新城市
  • 出身高校:愛知県立新城東高等学校
  • 出身大学:日本体育大学
  • 選手時代の成績:1984年第60回大会 6区04位 1:01:51 日体大02位
  • <日体大公式ホームページはこちら

渡辺正昭 監督の家族(嫁、子供)はいる?

家族に関する情報は入り次第、お伝えします。

渡辺正昭(日体大監督)駅伝や指導者としてのパワハラ経歴とは?

愛知県立一宮高等学校の監督に就任し、その後、

  • 愛知県立豊川工業高等学校監督
  • 日本体育大学荏原高等学校監督

と歴任していますが、93年から指導していた豊川工高では体罰が原因となり、13年に退職。

その後、日体荏原高の保健体育教諭を経て、15年から母校・日体大の駅伝部を指導しています。

日体大でも、またパワハラを繰り返してしまったということになりますね。

もし事実であれば教師としても免停か免職の刑は免れないだろうなと思います。

もちろん、監督としても懲戒解雇。

世間の声

渡辺監督は元々豊川工業で体罰やってたし、大学でも同じ手法で指導していた。それが公になっただけのこと。驚きはない。
日体大は箱根でシード取ったりしてたが、5000m13分台の選手は入らなかったりと、有力選手には敬遠されてたし、気の強そうな選手はほとんどいない感じ。渡辺氏のイエスマンばっかり。
現ホンダの山中君とか、歯向った子には何らかの制裁をしてたのは間違いない!
日体大は伝統的に根性主義が根深い感じで古臭い所がある。現3強(青学、東海、東洋)とは対極の存在だと思う。
日体大を変えるには、渡辺氏とその取り巻きを排除し、渡辺氏と対極の存在の人が監督・コーチに付かないといけないですね。
記事にも書いてある通り元々高校の監督やってた時に体罰問題起こしたいわく付きの人だしな。
ただ体罰との因果関係はともかく指導によって結果は残すから日体大もそれを承知で招聘したわけで
パワハラの有無はまだわからないのでさておきこういう話が出る可能性は高かったはず。
スポーツのなかで、暴力による効果は、
選手の精神力による、一時的な身体能力や体力の限界を上げるといった事には結果が出やすい。
だから指導する側は、安易に暴力に頼る様になる。
単純に、選手の肉体の限界を上げる競技に効果は期待出来ても、
選手の創造性や独創性、瞬間・瞬間のひらめきで勝ち抜いていく競技には勝てない。
暴力は、受けている側、その場にいる他の選手の精神的な心情を萎縮させるからです。
国際的には、コーチは暴力には頼らないし、
頭脳を使った教育と勉強をして指導に当たっています。
渡辺監督は元々豊川工業で体罰やってたし、大学でも同じ手法で指導していた。それが公になっただけのこと。驚きはない。
日体大は箱根でシード取ったりしてたが、5000m13分台の選手は入らなかったりと、有力選手には敬遠されてたし、気の強そうな選手はほとんどいない感じ。渡辺氏のイエスマンばっかり。
現ホンダの山中君とか、歯向った子には何らかの制裁をしてたのは間違いない!
日体大は伝統的に根性主義が根深い感じで古臭い所がある。現3強(青学、東海、東洋)とは対極の存在だと思う。
日体大を変えるには、渡辺氏とその取り巻きを排除し、渡辺氏と対極の存在の人が監督・コーチに付かないといけないですね。

スポンサードリンク




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください