野村玲子(浅利慶太の嫁/画像)現在は肺がん?息子は浅利陽介?劇団四季から1億円譲渡?

劇団四季創立メンバーの一人・浅利慶太(あさり・けいた)さんが、
2018年7月13日(金)17時33分、死因は「悪性リンパ腫」により、
都内の病院でなくなりました。85歳でした。

ミュージカル李香蘭』(ミュージカルりこうらん)や、
『美女と野獣(ベル)』などで知られた元劇団四季専属女優の
奥様(嫁)の野村玲子さんは現在どうしてる?肺がんって何?
息子(子供)は、俳優の浅利陽介(あさり ようすけ)さん?

野村玲子(浅利慶太の嫁)プロフィール

浅利慶太さんについては以下の記事で詳しく書いています。

浅利慶太の死因は血液ガン!認知症で現在の嫁・野村玲子へ1億譲渡?

2018.07.18

野村 玲子(のむら りょうこ)さんは、1961年8月21日、北海道旭川市生まれの56歳。
浅利さんとは約30年も歳が離れているのですが、演出家と女優との出会いでは、
こんなこともあるのかなと思います。

地元の北海道旭川商業高等学校では演劇部に所属。卒業と同時に四季入りを希望。
卒業後、富士銀行に務めます。

富士銀行は、当時、首席卒業で答辞を読んだ生徒の就職先で、一旦は入行せずにはいられなかったとか。

「でも、どうしても諦めきれず、1年後に退職届を出しました」と、1年間で銀行を退職。幼い頃からの夢だったミュージカル女優を志し1981年上京、劇団四季の研究所に入ります。

1983年劇団員に昇格、初舞台は、なんと「エビータ」(7月29日まで東京渋谷ヒカリエで来日公演を行っています。)

エビータ(エバペロン)大統領夫人への生い立ち経歴・死因とミイラ化画像,場所

2018.06.16

そのデビュー以来、『キャッツ』のシラバブ、『赤毛のアン』のアン、『ウエストサイド物語』のマリア、『ミュージカル李香蘭』の李香蘭、『ハムレット』のオフィーリア、『鹿鳴館』の影山朝子などなど、ヒロイン役で

1991年初演の『ミュージカル李香蘭』ではタイトルロールを務め、華やかなスター性と堅実な演技力を併せ持つ日本のミュージカル女優として内外で高く評価されているとのこと。

2003年に、当時劇団代表だった浅利慶太さんと入籍。

野村玲子 劇団四季時代の画像「李香蘭」や「美女と野獣」

野村玲子現在は肺がん?息子は浅利陽介?

子供がいたという情報はないのですが、
一方で、ネットの検索ワードには、しっかりと『野村玲子 息子』とあります。

そこで名前が挙がったのが俳優の浅利陽介(あさり ようすけ)さんですが、
実際には、血縁関係にはありません。

また、『野村玲子 肺がん』に関しては、北海道肺がん患者と家族の会 代表の野村玲子さんが同姓同名。ということで肺がんということではなさそうです。

浅利慶太さんが実際に、お亡くなりになったのは今月13日のこと。
しばらく時は経過していますが、それでも、夫に先立たれてしまい今は、ただただ悲しみの中にいるのではないでしょうか?

まだ、54歳とお若く、最新の情報によれば、4月に、「ミュージカル李香蘭」(1991年の初演以来、880回以上の上演を重ねてる)を自由劇場で再演しています。これからも女優業での活躍に期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください