野中広務 死因は心不全!正体は被差別部落出身と麻生太郎の問題発言で宣戦布告した過去も…

現在から2ヶ月前の、11月27日夜、京都のホテルで倒れ市内の病院に緊急搬送された、野中広務(のなか ひろむ)氏。元官房長官や自民党幹事長を務めた経歴を持つ彼が、本日1月26日心不全が死因のため、京都市内の病院で死去された。92歳だった。野中広務氏は、現在の京都府南丹市、旧・園部町が出身地となりますが、生前、政界を引退したのち、その正体は被差別部落出身と麻生太郎が問題発言で宣戦布告した過去もあったようです。一体、どういうことなのでしょうか。

スポンサーリンク



野中広務氏が死去|死因は心不全

現在から2ヶ月前の、11月27日夜、京都のホテルで倒れ市内の病院に緊急搬送された、野中広務氏。その時は、ホテルで食事を取った後、気分が悪いと訴え、座んでいたと言いますが、このあと、家族の話によれば、体調は安定していたと言います。

しかし、本日1月26日心不全が死因のため、京都市内の病院で死去されました。
92歳でした。

野中広務氏が死去|野中広務氏とは?

野中氏は1925年(大正14年)10月20日、京都府南丹市(旧・園部町)生まれの92歳。


政界に進出する前は、地元の旧制京都府立園部中学校(後の京都府立園部高等学校)を卒業し、日本国有鉄道大阪鉄道局の職員(=現在でいうJR西日本)で勤勉に働きますが、出生地が、被差別部落ということがバレて、退職されたようです。

その後、京都府園部町の町長を務め、京都府の副知事を経て、1983年に衆議院議員に初当選。2003年に、ある事件をきっかけに、政界を引退し、旧民主党政権下の2011年には自民党を離党していましたが、おととし6月に復党していました。
(出典・参考元:野中広務・自民党元幹事長 92歳で死去

さて、政界を引退したというある事件とはなんだったのか。
調べました!

スポンサーリンク



野中広務氏が死去|野中広務氏の正体は被差別部落出身?麻生太郎に宣戦布告

ジャーナリスト・魚住昭の自著「野中広務差別と権力」によると、野中広務氏は、過去、麻生太郎もと総理大臣より、「あんな部落出身者を日本の総理にはできないわなあ」と発言されたことを受け、その場はじっとこらえたもの、2003年9月11日引退を決意してのぞんだ自民党総務会の席上、政調会長だった麻生に向かって

「君のような人間がわが党の政策をやり、これから大臣ポストについていく。こんなことで人権啓発なんてできようはずはないんだ。私は絶対に許さん」

と、宣戦布告した過去があるようです。

ジャーナリスト・魚住昭の自著「野中広務差別と権力」より

「総務大臣に予定されておる麻生政調会長。あなたは大勇会の会合で『野中のような部落出身者を日本の総理にはできないわなあ』とおっしゃった。そのことを、私は大勇会の三人のメンバーに確認しました。君のような人間がわが党の政策をやり、これから大臣ポストについていく。こんなことで人権啓発なんかできようはずがないんだ。私は絶対に許さん!」
野中の激しい言葉に総務会の空気は凍りついた。麻生は何も答えず、顔を真っ赤にしてうつむいたままだった。

(引用元:ウィキペディア

野中広務氏は、現在の京都府南丹市、旧・園部町のご出身ですが、地元の旧制京都府立園部中学校(後の京都府立園部高等学校)を卒業したあと、日本国有鉄道大阪鉄道局の職員として採用されます。その時、職場では一番出世しましたが、被差別の部落出身であると言う事実は伏せていたのに、それがバレて退職された過去があったようです。

(参考元:麻生太郎に野中広務が“宣戦布告”

これを気に政界は退職されていたということですね。
引退後は、2006年10月より平安女学院大学にて文化創造センターの客員教授として政治学を中心とした教育活動に携わり、2009年4月より立命館大学客員教授に就任していました。

他にもこんな記事を書いています。

赤報隊事件とは|未解決事件の犯人は,島村にまつわる真相!そう簡単に真犯人が現れたら苦労しない

2018.01.27

赤報隊事件 草彅剛主演NHKスペシャルドラマ|キャスト配役やあらすじ,放送日程

2018.01.27

NHKスペシャル(通称:Nスペ)の「未解決事件」 シリーズ・第6作目となる今年は、30年前の1987年から1990年にかけ「赤報隊」を名乗る犯人が起こした言論テロ事件、通称「赤報隊事件(朝日新聞襲撃事件)」をテーマに、1月27日(土)、1月28日(日)の2夜連続で放送予定。

主演は、昨年「新しい地図」でユーチューバー草彅として、SNS発信を始めた草彅剛さん。通称「赤報隊事件(朝日新聞襲撃事件)」は、今から30年前の1987年から1990年にかけた3年間、「赤報隊」を名乗る犯人が起こした言論テロ事件の総称のこと。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 小生「日本共産党の支持者」なので「どうこう云える」立場ではないですが、「あえて云えば『野中氏が被差別部落の出身であろうとなかろうといい仕事をされたのであればそれでいい』でしょう。A部首相のように「見え見えの大ウソ」を云い、権力の座にまさしく「しがみついている」ワケでないのですから。
    何かあるとスグ「お友達のT大統領」の元へすっ飛んで行き「尾っぽを躍起になって振ってる」よりはズッーと
    「マシ」でしょう。
    「A部首相より『日本のためいい仕事をされた』と小生は思いますね。
    あの「カースト地獄」としか云いようのないインドですら「カースト制で最も低い身分の方が大統領に選出されている」ワケですから、「被差別部落の問題」でどうこう云うのは「チャンチャラおかしい」と小生は思いますね。「時代錯誤もいい加減にすべきか」と思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください