大坂なおみ 試合結果と動画|史上初と国籍選択の意味。姉や母も日本人じゃない?

日本女子初の全米OP決勝進出を決め、セリーナ・ウィリアムズと対戦した大坂なおみ さんが、8日行われた全米OPの試合で優勝を飾りました。試合結果と動画をお送りします。

『日本女子初』と言われますが、ネット民からは「比較的流暢な日本語だけど、明らかに日本人の発音じゃないよね」と疑問の声が集まっていますが、日本と米国の二重国籍の大坂なおみ さん。姉もハーフ?母親は何人?

大坂なおみ<速報>全米OP試合結果と動画

元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)と対戦。

6―2、6―4のストレート勝ちを収め、日本選手として初の4大大会制覇を果たしたとのことで、おめでとうございます。

第1セット

第3ゲームで先にブレークに成功すると、第5ゲームでもブレークに成功。サーブのミスが目立ったセリーナから2つのブレークを奪い、第1セットを6―2で先取

第2セット

第4ゲームでセリーナがこの試合初めてのブレークも、大坂は第5ゲームですぐさまブレークバック。自らのプレーに納得のいかないセリーナは、ラケットを地面に叩きつけて破壊するなど苛立ちをあらわにした。対する大坂は表情一つ変えずに冷静なプレー見せ、第7ゲームでブレークを奪取。

スポニチアネックス

日本女子史上初の意味とは国籍選択「姉や母も日本人じゃない?」

ネットでは、「比較的流暢な日本語だけど、明らかに日本人の発音じゃないよね」と疑問の声が集まっていますが、

日本人の母とハイチ人の父をもち、現在もアメリカに住んでいます。生まれは日本ですが、3歳のときに家族でアメリカに移住しました。国籍は日本とアメリカの二重国籍ですが、両親の希望もあり、テニス選手としては日本国籍を選択しているので、今回の決勝進出も“日本女子として初”となるわけです(引用:日刊スポーツ

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください