尾畠春夫さん藤本理稀ちゃん発見者(名前/画像)|山口2歳行方不明に母親は声が出ず…

 「一瞬、心臓が止まりそうな感じがした。
近づいて、”頑張ったね”と言って、

飴の袋を取り出したら、袋ごと取って手を突っ込んで開けようとした。

自分では破れなかったから、

開けて渡してあげたら口に入れて、

途端にガリガリと噛んだ。

この声の出し方、
飴玉を袋ごと取って口に入れる様子を見て、
これは大丈夫だなと思った」。

(引用:ハフポスト

 

12日午前10時半ごろ、山口・周防大島町で
行方不明になっていた 藤本理稀(フジモトヨシキ)ちゃん
が、無事保護されたと速報が入り、日本中が一安心。

発見された場所は、曽祖父宅から
北側にある山を700メートル上に
上がった山奥の舗装された道路。

発見者は、当初70代のおじいさんと
報道がありましたが、マスコミの取材に応じた
この男性、名前を尾畠春夫さん(78・読み方おばたはるお)さんと判明。

子供は上に上がりたがると、
確認し、大分県からボランティアとして参加。

当時の発見場所と、
発見された当時の藤本理稀ちゃんの画像、
発見時の母親の様子なども含め、
詳しくお伝えします。

藤本理稀ちゃん発見者(名前/画像)尾畠春夫(おばたはるお)さん

発見者は、
「捜索にボランティアにきていた大分県・尾畠春夫さん(78)」
大分の佐伯で2歳の女の子を探した経験があると言います。

(出典:ハフポストさん)

「学歴もない何もない人間だが、65歳で鮮魚店を辞めて、
残りの人生を社会にお返しさせてもらおうと思ってきた」

(引用:ハフポスト

と、全国各地で車中泊しながら、ボランティア活動を行ってきたという尾畠さん。

「不思議なもんで、子どもっていうのは、上に上がるのが好きみたい」と話し、
今朝は家族から行方不明になった場所を聞いて、「絶対この上にいるなと確信した」

(引用:ハフポスト

と、話したということで、世間からも

「年の功による経験と勘も侮れないと感じる。」

「何千人の警察もこの方には敵わないですね」

と賞賛の声が相次ぎました。

本当に、このおじいさまはかっこいいですね。

母親は声が出ず…

尾畠さんは、さらに、

「口約束も契約。警察が”渡してください”と来たけど、”イヤです”と言った。

言うたことは守る。

なんぼ警察が来ようが、大臣が来ようが関係ない。

理稀ちゃんの顔を見せたときは、お母さんはもう声が出なかったな。

あの嬉しそうな顔は、一生焼き付いて離れんだろうな」

とのことで、「私が抱きしめて直にお渡しします」
と藤本理稀ちゃんとした約束を果たしたと言います。

お母さん、声が出ないのも無理はありません。
あれほど、必死に必死に探していたのですから。

警察も、山の上は探していたのかもしれませんが、
上にいるという確信を持って探していたのは、
やはり、ご経験があってこそのものですね。

もしこの男性がいなければ、
藤本理稀ちゃんの命は危なかったかもしれません。

スポンサーリンク



 
 

藤本理稀(フジモトヨシキ)ちゃん発見場所はどこ?

発見されたのは15日6:58頃、
発見された当時の状況写真を朝日新聞が
伝えています。

(出典:朝日新聞

行方不明になったのは、12日午前10時半ごろ。
2歳児がどのような方法で、
15日6時まで生き延びることができたのか。

連日の最高気温は、12日から3日間、平均33度超え。
2歳児が必要な水分量は、”2.4L/日”

厳しい暑さの中、近くに川が
ありましたので、川の水を
飲んで暑さを偲んでいたのでしょうか。

(15日放送「とくダネ!」)

奇跡としか思えません。
よく頑張りました。

理稀ちゃんの名前を連呼しながら山中を分け入っていくと
「ぼく、ここー」と返事があった。
理稀ちゃんは沢の近くでしゃがんでいたといい、
男性があめ玉をあげると、かみ砕くように食べたという。

(引用:朝日新聞

脱水症状を起こしているものの、
外相はなく、命に別状はないとのこと。

見つかった詳しい場所ですが、

曽祖父宅からは、2本の細い舗装された道路が
山の奥の方まで続いており、
2本十字に交差しているようですが、
このうちの一方は奥の方まで続いていて、

とくダネでは、おそらくこの辺りでは
ないかということです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください