小倉智昭 休養発表 コメント|膀胱がんステージ末期?余命や復帰の可能性?

11月5日、「とくダネ!」(フジテレビ系)メインキャスターの小倉智昭さん(71)が、長期休養を表明。理由は、膀胱がん。

めっちゃ心配ですよね。ということで、いつから癌(ガン)だったのか?小倉さんの症状などから、ステージが末期なのか?余命はどれくらいなのか、復帰の可能性はあるのか?など調べました。

なお、代役は、正式には発表されていませんが、本人から「今週は伊藤(利尋)君に任せます」とコメントがあり、6日からは「あれ?小倉さんじゃなくて伊藤さん?」の日が続きそうです。

スポンサーリンク




小倉智昭 休養発表|コメント全文

 

「私事で申し訳ないのですが、ちょっとお時間を頂戴致します。

明日から今週いっぱいお休みをいただくんですね。

それに関して今朝のスポーツ紙に一部、報道がありまして、膀胱がんが再発しているか調べる検査入院だという報道だったんですが、これは少し違います。

膀胱がんがあるかないかなんていうのは、細胞診で尿を調べれば分かりますし、内視鏡を入れれば、すぐ分かることなんですが。

私の体には膀胱がんがあります。ずっと前からあるんです。2年半前に内視鏡の手術をして、膀胱がんを取りました。でも、浸潤がんと言って、筋肉層まで入り込んでいるタチの悪いがんがあったんで、その辺は取れなかったんですね。

当時からお医者様には『全摘をしないと完治できませんよ』と言われておりました。ただ、どうしても僕は膀胱を温存したくて、様々な免疫療法であるとかいろんな治療をしてきて、幸い、今は転移はありません。泌尿器科のお医者さんには『奇跡としか思えない』と言われているんですが。

ただ、この夏にですね、激しい出血をして、夏休みをとったと言いながら、病院に入院して出血を止める手術をしたり。10月にも20日間ほど膀胱炎を併発して、出血が止まらずに大変苦労して。頻尿などもあって、ハラハラしながら仕事をしてました。

そこで、ついにお医者様に言われた結論、『全摘』をしなければいけないのかなと。『膀胱がんを根治させるためにはとにかく全摘して下さい』 と言われているんで、全摘することになりました。

ただ、膀胱に代わるもの、ストーマ(人工膀胱)を体の外に付けるのか、代用膀胱を付けるのか。それは先生がもう一度、膀胱鏡で厳しくチェックをしてみたいということになりましたので、今週いっぱい、お休みをいただきます。

そしてその後に、多分11月の下旬頃だろうと思いますが、本格的に手術をして根治を目指すことになります。その際は、長期のお休みをいただくことになると思いますんで。すみません。今週は伊藤(利尋)君に任せます。よろしくお願いいたします」

(引用:ハフポスト)

  • 2年前に内視鏡の手術をしていた
  • 全摘出のために11月下旬に手術を行う
  • しばらくはお休みすることになる

ということがわかりましたが、にしても具合の悪そうな感じは一切、受けませんでしたので、とてもびっくりしました。

スポンサーリンク




小倉智昭 休養発表|膀胱がんステージ末期?

  • 筋肉層まで入り込んでいるタチの悪いがん
  • 転移はなく
  • 膀胱炎を併発して、出血が止まらず出血を止める手術をなさっていた

などの症状があるようですが、ステージで言うところのどの辺なのでしょうか。

膀胱がんの中でも最も高い頻度で見られる症状の一つに、血尿(赤色や茶色の尿が出ること)があるのだそうです。原因の多くは喫煙。男性に多く見られる癌とのこと。

膀胱がんの病期は、

  • がんの形と膀胱の中での広がり方
  • 周囲のリンパ節へ広がっているかどうか、
  • ほかの臓器転移の有無

によって、

  • 0a期
  • 0is期(上皮内がん)
  • Ⅰ期
  • Ⅱ期(がんが筋層まで達している浸潤性がん)
  • Ⅲ期(がんが筋層まで達している浸潤性がん)
  • Ⅳ期(骨盤壁、腹壁まで到達しているか、リンパ節やほかの臓器まで広がっている転移がん)

まで6段階に分類されるようです。

小倉さんは、「筋肉層まで入り込んでいるタチの悪いがん」「転移は見られない」と話していますので、ステージで言うと、ステージ1から3期の間にいると思われます。

膀胱全摘出など外科的な治療を受けた後の5年生存率は、治療を開始した時の病期によって次のように変わるようです。

● ステージⅠ :87.7%
● ステージⅡ :79.3%
● ステージⅢ :59.8%

● ステージⅣ :39%

(全がん協加盟施設の生存率共同調査 全がん協生存率 より集計(2018年5月現在、対象データは、診断年が2005年~2009年の最新5年間とした)

(参考:がん治療.com

半分の確率で5年生存できるというなんともギリギリな生命ラインをたどっていたんですね。少しでも手術が楽に、そして1日でも早く、全回できることをお祈りいたします。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください