岡田麿里は結婚して旦那いる?高校時代は不登校でも脚本家!『あの花・ここさけ』が生まれるまで

元AKB48の女優、前田敦子さんが主演を務めるNHK BSドラマ「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」(午後10時00分)が、放送されます。

このドラマは、脚本家、岡田麿里さんの自伝が原作となっています。岡田麿里さんといえば、アニメや劇場版映画「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」やアニメが実写映画化された「心が叫びたがってるんだ。」など繊細なタッチと切ないながらも暖かい作風で知られていますが。

そんな岡田麿里さん自身、小学校時代から学校にはいけず、高校も半年で不登校。

このドラマのあらすじは、そんなひきこもりだった学生時代から人気脚本家になるまでの岡田さん自身の半生を描いた作品となっているようです。大人から子供まで、そして現役の学生さんが特に何かを感じられる作品になっているのではないでしょうか。

ここでは、岡田麿里(おかだ まり)監督のプロフィール(出身、学歴、大学)や経歴について調べています。

岡田麿里(おかだ まり)監督プロフィール,経歴,家族

岡田麿里さんは、1976年、埼玉県秩父市生まれ。

NEVERまとめ

アミューズメントメディア総合学院卒業。
日本脚本家連盟会員。

両親は3歳頃に離婚し、小さい頃から母と母方の祖父の3人家族で暮らすなどの家庭環境で育ちました。
小学校低学年の頃から月に1・2回程度の「ずる休み」をするようになり5年生の頃から不登校が本格化。

自宅にひきこもり、本を読んではゲームをし、寝て暮らす毎日。
高校時代も、半年で通えなくなり、ほぼ引きこもり。大きな学校行事がある日などを除いて登校しなかったと言います。

不登校といえば、今でこそ寛容的な見方も広まっていますが、少し前だと、否定的な意見を持つ人の方が多かった印象がありますね。私も中学時代に、親友が不登校になってしまいましたが、何もできなかったな…

それはさておき、そんな岡田さん。そんな中でも、毎日、作文の課題だけは提出していたようです。
シナリオライターとしての天性はここで磨かれていったのでしょう。

岡田麿里は高校時代も不登校だったけど脚本家へ

高校には「決められた課題を提出すれば最低限の出席日数でも進級できる」という決まりがあり、無事卒業するとコンピューター関係の専門学校へ入学。専門学校では自分と似たオタクや不登校経験者と知り合ったことがきっかけで、シナリオライターを目指すようになります。

NHK BSドラマ「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」

成人向けVシネマのシナリオ募集を見つけて応募、卒業直前に採用されてデビュー。フリーで漫画原作、ゲームシナリオ、CDドラマなどの脚本に携わるようになり、1998年の『DTエイトロン』の第9話「FANG OF THE TANK-CEMETERY」よりアニメ脚本を手掛けるようになります。

そして、監督から、「ライター希望なら」とアイディアを求められて、シナリオを書くようになり、2001年に『おとぎストーリー 天使のしっぽ』の脚本を担当。この作品を契機にアニメのライターを志し、監督から 「アニメ業界に入って、いつか俺の遺作のホン(脚本)を書け」という返事をもらい、本格的にアニメのシナリオライターへ。


ただ、『おとぎストーリー 天使のしっぽ』をめぐっては、ネットで原作ファンから 批判が相次いでいますね。

その後、2011年上半期に、『フラクタル』、『放浪息子』、『GOSICK -ゴシック-』、『花咲くいろは』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などをリリースしています。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、秩父市が舞台とされていますが、岡田さんの出生地だったんですね。私が大学生の時に、めっちゃ流行して、当時、アニメを一気に見た覚えがあります。アニメの聖地が地域おこしにもなると、卒業研究のテーマにしている学生もいました^^;

当時の監督は、アミノテツローさん(1955年10月10日 -・本名 網野 哲郎 あみの てつろう)です。
代表作は、『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』『ぶぶチャチャ』『マクロス7』『疾風!アイアンリーガー』『アイドル伝説えり子』などで知られています。

岡田麿里は結婚して旦那いる?

最後にプライベートに関することで、結婚されているのか、旦那さんがいるのか、
という情報はネットでは見つけられませんでした。

お付き合いされている彼氏さんはいらっしゃったんですね。

トイレのドア開けたまま、試すって、かなりシュール…

ちなみに、前田敦子さんは最近、ご結婚されました

前田敦子 彼氏の勝地涼と結婚しても破局?【佐藤健とお姫様だっこ画像・彼氏遍歴】がズルい!

2018.05.07

ここさけ、はラストが本当に感動しますよね。文化祭の当日、お母さんが駆けつけてくれた、あれを観た瞬間、涙が止まらず…『ピアノソナタ第8番 悲愴』「第2楽章」と「Over The Rainbow」を掛け合わせると、もう一つの音楽になるというのにも驚きました。さらに、ラストシーンでの恋の行方も意外すぎて、そうきたか、という感じ。

「心が叫びたがってるんだ。」『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』をもう一度観たい方!
それぞれサービスによって、異なりますが、登録日より無料トライアル期間がありますので、その期間内での視聴であれば、無料でお楽しみいただけます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 心が叫びたがってるんだ。
FODプレミアム ✖︎
U-NEXT ✖︎
TSUTAYAディスカス
H u l u △(アニメのみ)  ✖︎

 

TSUTAYAディスカスで「心が叫びたがってるんだ。」を見る

TSUTAYAディスカスは、CD・DVD・Blu-rayを自宅まで配送してくれるレンタルサービスのことです。
定額料金は、作品数に応じて、価格も変わります。

【月額料金】

・定額レンタル4:税込1,008円(旧作借り放題なし)
・定額レンタル8:税込2,014円
・定額レンタル16:税込3,964円
・定額レンタル24:税込5,857円 (数字はレンタルできる作品数)

【特徴】 ・CD・DVD・Blu-rayを自宅まで配送してくれるレンタルサービス

「心が叫びたがってるんだ。」は、ここで紹介しているサービスのうち、
TSUTAYAディスカスでのみ配信されていますが、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、下記のサービスで視聴できます。

FODで「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を見る

FODは、フジテレビが運営する動画配信サービス。

【月額料金】月額888円

【無料期間】Amazonアカウントで登録すれば31日間無料

【特徴】

・約100誌の雑誌が見放題
・「8日、18日、28日」と毎月8が付く日にログインすると400ポイントずつもらえる
・毎月自動的にもらえる100ポイントと合わせて1300ポイントが貯まり
・ポイントは1P=1円として映画のレンタルやマンガの購入ができる
・漫画に換算すると、月に3〜4冊はポイントでマンガがを楽しむことができ、
・さらに、20%ポイントが還元されます

モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―

U-NEXTで「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を見る

【月額料金】 月額1,990円(税抜)
・毎月1,200円分ポイント付
・無料トライアル中は600円分
【特徴】
・12万本以上の動画を配信
・動画のダウンロードも可能!
・雑誌が読み放題
・コミックも購入可能

本ページの情報は18年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

huluで「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を見る

【月額料金】 月額933円(税抜)
【特徴】
・課金なし(すべての作品が無料)
・海外ドラマ作品が豊富

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください