大杉漣 死因は急性心不全。「バイプレイヤーズ」亡くなる前日までドラマ撮影。今後の放送予定は?

亡くなる前日まで「バイプレイヤーズ」(21日『バイプレイヤーズ』は予定どおり放送)の撮影を行っていたという俳優の大杉 漣(おおすぎ れん)さん、本名大杉 孝(たかし)さんが21日、死亡推定時間は午前3時53分、死因は急性心不全のために亡くなったことがわかりました。年齢は、66歳。大杉漣さんには、家族がいます。お嫁さんとの間に生まれた子供・息子で長男の大杉隼平さんは写真家で知られています。映画「ソナチネ」「HANA―BI」、サーフィン映画「ライフ・オン・ザ・ロングボード」などに出演し、また数々のテレビドラマにも出演。早すぎる名脇役の死に日本中が悲しみに包まれました。

スポンサーリンク



大杉漣が死去|死因は急性心不全。亡くなる前日までドラマ撮影

俳優の大杉 漣(おおすぎ れん)さん、本名大杉 孝(たかし)さんが21日、死因は急性心不全で亡くなったことがわかりました。

大杉漣さんは、20日、テレビ東京系ドラマ「バイプレイヤーズ」の撮影に参加。21時に撮影を終え、共演者らと食事に行き、ホテルの部屋に戻った後で腹痛を訴えたといいます。そして、そのままタクシーで救急病院に搬送され、病院で死去。死因は、急性心不全のためと報道されています。(出典元:俳優の大杉漣さんが死去 66歳 名脇役として活躍 食事後に腹痛訴える

『バイプレイヤーズ』は今後の放送予定は?

テレビ東京系ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』とは、毎週水曜 後9:54から放送され大杉漣さんら日本を代表する名脇役(バイプレイヤー)たちが共演する人気作品。

『バイプレイヤーズ』今後の放送は未定

共演者には、遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研らがいる。2月21日(第3話)の放送は家族の意向もあり、いつも通り放送された。出演者たちは下記のようにコメント。なお、来週28日(第4話)、3月7日(第5話・最終回)の放送は現在検討中とのこと。

『バイプレイヤーズ』出演者らのコメント

===

余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。

しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。
お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。

バイプレイヤーズ一同
遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研

===
(引用元:大杉漣さん急死、21日『バイプレイヤーズ』は予定どおり放送 共演者の追悼コメント全文

ところで、21時に撮影を終えたということですが、過労や多忙が病気の引き金という可能性はないのでしょうか。とても残念です。



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です