映画『オーバードライブ』意味や車種メーカー:トヨタ「ヤリス」へ監督のこだわり

映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』が2018年6月1日(金)より全国東宝系にて公開。

この物語のあらすじは、自動車競技・ラリーの世界最高峰「WRC(World Rally Championship =世界ラリー選手権)」の登竜門とされる「国内トップカテゴリーのSCRS(セイコーカップラリーシリーズ)」に全てを懸けた兄弟<主人公・檜山篤洋(役:東出昌大)とその弟直純(役:新田真剣佑)>に、フォーカスを当てたヒューマンエンターテインメント作品。

作品の題材となった「ラリー」とは?F1などカーレースとのちがいは?

「オーバードライブ」の今更聞けない意味とは?

一方で、映画の見どころとなるのが、各メーカーの先端技術の結晶であるラリーカー!車種やメーカーは?

自動車競技「ラリー」とは? カーレースとのちがいは?

映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』迫力あるラリーシーンは、いずれもお台場ラウンドの公道から、富山、山口、北九州、長崎、群馬などに見入られる雄大な自然までを含む大胆なロケを敢行しているのが特徴的。

あくまで本物を追求した監督や製作スタッフには、本当に頭が上がりません。

映画公開まで、待ちきれません!

ただ、作品の題材となった「ラリー」については、少し専門的な内容が多く、モータースポーツ初心者の私には難解な点がいくつか(^^;;)そこで、映画ファンの皆様が少しでも映画を楽しむためにお役に立てればと思い、情報をまとめてみました。

参考になれば幸いです。

まずは、作品の題材となった自動車競技「ラリー」とは何か?という点について、一般的にカーレースと呼ばれるものと比較してみましょう。

スポンサーリンク



 

競技性のちがい

モータースポーツ界においては、「ラリー」と「レース」をそれぞれ別々の競技種別として捉えています。

  • 「ラリー」は、サーキットのような固定の「競技場」を持たず、一般公道上で行われる競技(ロードイベント)
  • 「レース」は、サーキットを周回して走行タイムを計測する競技

「ラリー」は、ヨーロッパや南米ではF1に勝るとも劣らない人気を誇るそうで、もっと具体的に説明するならば、

例えばA町のA広場をスタートし、皆さんの生活道である一般公道を道路交通法遵守で走行してB町のB山へと向かい、完全クローズドされた林道やクローズドサーキットなどでタイムトライアルを行います。そしてC村のC山で次のタイムトライアルを行い、また最初のA町A広場へ戻ってゴールするといったように、走行ルートはいくつもの町を超え山を超えます。その走行距離はそれぞれの選手権の規定によって変わりますが数百~数千kmにも及びます。(引用元:ラリー用語解説

どのこと。

ドライバーのちがい

また、

  • 「レース」など多くのモータースポーツではドライバー1人が競技車に搭乗して競われるのに対して、
  • 「ラリー」ではドライバーとコ・ドライバーが2人1組(=1クルー)で搭乗して競技を行なう

という点にも特徴があります。

「オーバードライブ」の今更聞けない意味とは?

また、映画のタイトルにもある「オーバードライブ」。

オーバードライブとは、原語としての意味は「酷使」という意味があり、10の能力に対して12の仕事をさせる場合などに用います。オーバードライブギアは、エンジンが1回転しかしていないのに、タイヤは1回転以上することから、このような呼び名が付いています。

最近ではあまり目にすることはなくなり、もしあったとしても使ったことがないという人が多いようですが、AT車には、メーターに「O/D OFF」ボタンがついています。これが「オーバードライブ=Over Drive」の略称。

意味は、直結よりも高速側のギアの事を指し、『オーバードライブがオンになっている』=これが利用できる状態にあることを言います。この「オーバードライブギア」をオンにすることで、1~3速の低いギアだけを使って走行するモードに変わり、AT車でも鋭い加速とエンジンブレーキを駆使した運転ができるようになります。

仕組みについて詳しく知りたい方は、こちらの外部記事をご参照ください。(参考元:CarMe

ただ、映画上で「オーバードライブ」は、また別の意味を持つのではないかな、映画を観た人それぞれの感じ方でいいのではないかなと思ったりしています。

スポンサーリンク



 

映画で登場するラリーカー!車種やメーカーは?

さて、映画に登場するラリーカー。

トヨタ「ヤリス」へ監督のこだわり

「2017年にトヨタが、40年以上の歴史を誇る最高峰のシリーズWRCに18年振りに参戦し、開幕2戦目にして優勝を飾った」ことで話題となったのが、トヨタの「ヤリス(※1)」。


(ビジュアルポスターにもなっています。)

「本物にこだわりたい」という羽住監督の強い想いから、TOYOTA GAZOO Racingの協力により、 実際に南アフリカ国内選手権を2年連続総合優勝したマシンを輸入して使っています。

また、ドライブするのは全日本ラリー選手権・シリーズチャンピオンの常連である、トップドライバー・奴田原文雄と勝田範彦とリアルへのこだわり。さらに今回、俳優陣もラリーカーに乗って実際の速度・重力のかかり方・ドライビングの技術などをプロ指導の元、テスト走行を行い撮影に挑んでいます。

(※1)国内では、「ヴィッツ」として知られていますが、海外では「ヤリス」の車名で売られているように各社は国内外で車名を変えているようですね。トヨタ広報部によれば、車名変更の理由として「その国・地域に合う(覚えやすい、言いやすい)名前を選んでいること」や「商標上、使用できないケース」などがあるようです。(参考元:ベストカー

その他の車種については、下記の通り。

車種メーカー一覧

スポンサーリンク



 

映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』あらすじ&予告動画

作品情報
  • 映画『OVER DRIVE-オーバードライブ-』
  • 公開日:2018年6月1日(金)より全国東宝系でロードショー
  • 監督:羽住英一郎
  • キャスト:東出昌大、新田真剣佑、森川 葵、北村匠海、町田啓太、吉田鋼太郎ほか
  • 脚本:桑本さや香
  • 音楽:佐藤直紀
  • 主題歌:WANIMA「Drive」

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(セイコーカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。

「攻めなきゃ、勝てねーから!」WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。

そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。なんの知識もなく、完全に場違いなひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

(引用元:ファッションプレス

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください