テレ朝ドラマ「パディントン発4時50分」あらすじ・キャスト登場人物、原作とのちがいは?

【放送日程】3月24日(土)よる9時から、テレビ朝日『パディントン発 4時50分~寝台特急殺人事件~』(『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル』より)が放送されます。天海祐希が和製“ミス・マープル”=天乃瞳子に扮し、事件を解決する。ドラマのあらすじや登場人物・キャスト(配役・出演者)を紹介。

テレビ朝日 『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル』〜パディントン発4時50分〜番組情報

ドラマ「パディントン発4時50分」あらすじ・内容・予告動画

ミステリー好き、必見!アガサ・クリスティの傑作『パディントン発 4時50分~寝台特急殺人事件~』が3月24日(土)よる9時から放送予定。

 車窓から並走する列車の殺人現場を目撃する…というドラマチックな幕開けが読者に鮮烈な印象を与えた、“ミステリーの女王”アガサ・クリスティの傑作『パディントン発4時50分』。  主人公は、アガサ・クリスティが生み出した人気キャラクター、“ミス・マープル”。
原作では鋭い洞察力により難事件を解決に導く老婦人として描かれていますが、今回、日本版にアレンジするにあたって、“元敏腕刑事にして危機管理のプロ”という華麗な経歴を持つデキる女、天乃瞳子(あまの・とうこ)に大胆に生まれ変わります!

ある夕方、瞳子の義母が『特急オリオン』に乗っていたところ、並走していた『寝台特急朝霧』内で男が女性の首を絞めているのを目撃。すぐさま通報したものの、寝ぼけていたとして車掌も警察も取り合いません。
そんな義母の汚名を返上するため真相究明に立ちあがった瞳子は、犯人が車内から死体を投棄したものと推理。死体が投げ込まれたのは、沿線に広がる豪邸の敷地内だと考え、“ある人物”をその屋敷に潜入させます。
しかし、その豪邸には、一筋縄ではいかない曲者の社長一族が顔を揃えていました。はたして、“消えた死体”の行方は…!? そして、なんと屋敷内でさらなる殺人事件も発生! 複雑に絡み合う一連の事件の真相とは…!?

列車ミステリーの要素はもちろんのこと、豪邸に舞台を移して次々に起きる殺人事件を、頭脳明晰な“和製マープル”天乃瞳子は、どう解き明かしていくのでしょうか…!?(引用:公式ホームページ

ミス・マープルは、アガサ・クリスティ作の推理小説に登場する架空の老嬢。高齢ながら見事に事件を解決に導く執念強さと、推理力には圧巻です。さて、今回ドラマ化にさしあたり、”和製マープル”を天海祐希が演じるということで、とても楽しみです。個人的には、天海祐希といえば「女王の教室」、感情を持たない冷酷な女性というイメージがつよい。当ドラマでは、オリジナルキャラクターに生まれ変わるとか。洋風ものを和製に作り変えるって簡単なことではないと思いますが、原作ファンにとっては、登場する人物の各キャラクターとキャスト・配役でどう生まれ変わるのかもみどころの一つと言えるのではないでしょうか。

ドラマ「パディントン発4時50分」放送日程・時間・制作・スタッフ

  • タイトル:『アガサ・クリスティ 二夜連続ドラマスペシャル』より『パディントン発 4時50分~寝台特急殺人事件~』
  • 日時・時間:3月24日(土)よる9時(25日よる9時からは『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』)
  • 原作:アガサ・クリスティ『パディントン発4時50分』(ハヤカワ文庫刊)
  • 脚本:竹山洋(代表作は大河ドラマ「利家とまつ」「秀吉」、連続テレビ小説「天花」、時代劇では「清左衛門残日録」、推理ものでは「松本清張シリーズ」「十津川警部シリーズ」等)
  • 監督:和泉聖治(「相棒」でおなじみ)
  • 音楽:吉川清之
  • チーフプロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)
  • ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:藤本一彦(テレビ朝日)、山形亮介(角川大映スタジオ)
  • 制作協力:角川大映スタジオ
    制作:テレビ朝日

続いては、ドラマの登場人物とキャストについて、紹介していきます。

スポンサーリンク



ドラマ「パディントン発4時50分」登場人物の紹介とキャスト配役・出演者

原作では、ジェーン・マープルの友人・マギリカディが並走するパディントン発4時50分の電車内で若い女性が男に絞殺されつ現場を目撃。
その遺体は、列車内からも、線路沿線でも見つからず、2週間が過ぎた。マギリカディが駆け込んだのは、探偵老嬢・ミス・マープル宅。どうやら、殺害が実行された近くの豪邸・クラッケンッソープ家と事件と何らかの関係があると目に付けたミス・マープルは、スーパー家政婦・ルーシーに、当主のルーサー・クラッケンッソープ家の潜入捜査を依頼。クラッケンッソープ家は、現当主のルーサー・クラッケンッソープの父が製菓産業で財をなした家系一族が住んでいた。今回、和製版にアレンジしているが、それぞれ原作で登場するキャラクターは、誰が演じるのでしょうか。

◆天乃瞳子(あまの・とうこ)◇天海祐希

・原作では、探偵好きの老婦人ジェーン・マープル。友人マギリカディが並走するパディントン発4時50分の列車内で、殺人現場を見たという言葉を信じ、家政婦ルーシーを豪邸に派遣し、捜査を手中で解決に導く。
・ドラマでは、警視総監賞など数々の表彰を受けた元刑事・天乃瞳子として登場。がんを患った夫を看病するために退職したが、夫が他界した後、その優秀さを買われて民間企業の顧問に就任。危機管理のプロとして現在、20社もの顧問先を抱えている。亡夫の母から特急内で男が女性の首を絞めているのを目撃したと聞き、捜査に乗り出さない警察に憤り、真相究明に立ちあがる。

◆天乃雀(あまの・すずめ)◇草笛光子

・原作では、殺人現場を見た役は、ジェーン・マープルの友人ということになっているが、
・ドラマでは、新しいキャラクターが登場。先出・天乃瞳子の義母に当たる天乃雀は、長野・松本でひとり暮らしをしている。『特急オリオン』に乗車中、並走していた『寝台特急朝霧』内で男が女性の首を絞めているのを目撃、瞳子に相談するが…!?

◆中村彩(なかむら・あや)◇前田敦子

・原作では、豪邸に新人として雇われたスーパー家政婦・ルーシー・アイルズバロウ。ミス・マープルに依頼され、家政婦とは名ばかりに、豪邸に潜入捜査に踏み出す。その美貌と仕事のデキが買われ、一家の信頼をいち早く勝ち取る。当人は、損益でものを考えず、ものをはっきり言う正義感のつよい性格も男性を惹きつける魅力のひとつ。当主のルーサー・クラッケンッソープをはじめ、兄弟が寄ってたかって彼女に下心で近づこうとするが。
・ドラマでは、前田敦子演じる・中村彩が登場。国立大学を卒業後、官庁に勤めるが、半年で退官。その後、なぜか家政婦に転身した異色の経歴の持ち主。卓抜したスキルから“スーパー家政婦”とよばれる。消えた死体を捜すため、瞳子に依頼され、富沢邸に潜入するという点では、同じ。

◆佐伯慶一(さえき・けいいち)◇石黒賢

・原作では、クラッケンッソープ家に支える主治医デヴィッド・クインパー。ルーシーを出迎えたエマ・クラッケンソープで、屋敷の長女の婚約者。絶対的な信頼を置かれる人物。
・ドラマでは、トミー製菓会長・富沢信介が屋敷の当主として登場。彼の主治医で、度々、富沢邸に往診しているという点では、同じ。

◆唐木(からき)警部◇勝村政信

・原作では、クラドック警部がこれに当たる。
・ドラマでは、警視庁捜査一課刑事として登場。瞳子とは捜査を共にしたことがあり、彼女の負けん気の強さ、有能さをよく知っている。

◆富沢恵子(とみざわ・けいこ)◇原沙知絵

・原作では、クラッケンッソープ家の長女として、唯一まともな人間と言っていい。実は婚約していたという主治医・クインパー医師のこととなると、感情的になるが、常に淡々としており、他の兄弟が男性ということもあるのか、控えめで落ち着いた性格の持ち主。クラッケンッソープ家に戦死した長男の嫁・マルティーヌからの手紙が届いたと懸念していたが。
・ドラマでは、富沢家の長女を原沙知絵が演じる。未婚で父の信介と同居している。父の主治医・佐伯に好意を抱いている。

スポンサーリンク



◆富沢哲次(とみざわ・てつじ)◇鈴木浩介

・原作では、ハデ好きのセドリックとして知られる。遊びもハデだが、女付き合いもハデ。家政婦・ルーシーにも手を出すが、フランスに愛人の存在も。それを知って、ルーシーは愛想をつかしてしまう。チャラチャラしているように見えて、実は画家という職業も意外。また、社会に通じ、人生の酸いも甘いも知ったような貫禄・オーラがにじみ出ている。
・ドラマでは、富沢家の次男を鈴木浩介が演じる。画家で、普段は八丈島に住んでいる。

◆鈴木(すずき)刑事◇桐山漣

警視庁捜査一課刑事。唐木の後輩。イマドキの若者らしく、臆することなく瞳子に接する。

◆木村麗子(きむら・れいこ)◇黒谷友香

・原作では、アレグサンダーの遊び相手のジェームズの母親。
・富沢邸によく遊びに来る小学生・元の母親。

◆山口(やまぐち)参事官◇橋爪功

警視庁参事官。警察の体面を重んじ、事件の捜査に乗り出した瞳子をけん制する。(ドラマオリジナル)

◆富沢信介(とみざわ・しんすけ)◇西田敏行

・原作では、自分を病気だと思い込んでいる当主のルーサー・クラッケンッソープがこれに当たる。ものを食べ過ぎると、身体が痛むようだが、
・ドラマでは、トミー製菓の会長として財を成す存在。独善的で金にうるさく、子どもたちのことですら信用していない。
(参考元:公式ホームページ

さて、気になる事件の犯人は以下の記事で書いています。

テレ朝ドラマ「パディントン発4時50分」原作の犯人・結末をネタバレ!アガサ・クリスティ

2018.03.24

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください