イサンファ李相花 小平と仲良しか宿敵か関係考察!結婚相手は元選手で軍人?

19日、スピードスケート女子500メートルで、五輪新記録時間(オリンピックレコード)36秒94で金メダルに輝いた小平奈緒選手。競技終了後に、地元・韓国のイサンファ(李相花)と抱擁するなどライバルを讃える様子から、仲良し!かわいい!とネットでは話題に。イサンファ(李相花)とは、どのような人物なのか?結婚はしておらず、独身だというが、過去にも元アイスホッケー選手で軍人の彼氏がいると噂になっていたという。今回は、イサンファ(李相花)と小平奈緒選手の抱擁画像から、仲良しか宿敵かその関係を心理学の側面から考察してみた。

スポンサーリンク



イサンファ(李相花)と小平奈緒選手の抱擁画像が話題に!

「ずっと上にいた存在。競い合えているのが幸せ」

迎え撃つライバルとの対戦に闘志を燃やしていた。

19日、スピードスケート女子500メートルで、五輪新記録時間(オリンピックレコード)36秒94で金メダルに輝いた小平奈緒選手。

競技動画はこちら

競技終了後に、地元・韓国のイサンファ(李相花)と抱擁するなどライバルを讃える様子から、仲良し!かわいい!とネットでは話題になった。

今回は、イサンファ(李相花)選手にまつわる噂について検証。イサンファ(李相花)選手とはどんな人物?小平奈緒選手とは仲良しなの?それとも宿敵なの?

イサンファ(李相花)選手は韓国で大人気!雑誌カバー写真を飾る

地元・韓国メディア「東亜日報」は「世界が待ったビッグマッチ イ・サンファ―小平、ついに対峙」と題して特集を組むほどで、日韓のエース対決に、両国の注目が集まったスピードスケート女子500メートル。

イサンファ(李相花)選手は、抜群のスタイルと切れ長の目で、平昌五輪の広報大使を務めたり、雑誌のカバー写真にも登場したりするなど、キムヨナ顔負けの人気ぶりなんだとか。そんなイサンファ(李相花)選手は、一度、氷の上に立てば“氷上の女帝”とも呼ばれてる絶対的存在。

イサンファ(李相花)選手のプロフィールとスケート人生、戦歴

イサンファ(李相花)選手は、1989年2月25日ソウルで生まれた28歳。小学校一年生のとき兄に対抗してスケートを始め、2006年に高校生ながらトリノ大会に出場するまで、2004年には世界ジュニア選手権に最年少で参加するなど、ジュニア時代から才能を開花させてきた人物。


(出典元:ウィキペディア

その太ももは小平奈緒をしのぐほど立派。また、その戦績を見ても、2010年バンクーバー五輪、2014年ソチ五輪と2大会連続の金メダルを獲得するなど、アジア人選手として初めて、スピードスケートで五輪2連覇を果たしたことで有名となった。実は、小平奈緒のオリンピクレコードを超える36秒36の世界記録を2012年にマークするなど実力派。(参考元:同上)

(出典元:小平奈緒のライバル李相花、母に助けを求めるほど切迫か

スポンサーリンク



イサンファ(李相花)選手は昨季、ふくらはぎの痛みで手術を受けていた

しかし、イサンファ(李相花)選手はソチ五輪後、慢性的な膝の痛みに苦しんできた経緯がある。また、それに伴い、昨季はふくらはぎの痛みも加わり、昨年春にはふくらはぎの手術を受けていた。その影響を受けてか今季は、W杯第1戦の500メートルで銀メダル2個を獲得したものの、優勝した小平奈緒選手には2レースでそれぞれ0秒31、0秒20の後れを取り、どうも弱気になっていたと言うのだ。

한순간의 고통따위 즐겨버려 고고 #justdoit #nike #nikewoman #justenjoy

Sang Hwa LEE 이상화さん(@sanghwazz)がシェアした投稿 –

イサンファ(李相花)選手、小平奈緒との頂上決戦に心理的に負けていた!1000M棄権もママに連絡して決めた

イサンファ(李相花)選手は、小平奈緒選手が銀メダルを獲得したスピードスケート女子1000メートルを棄権。500メートルに標準を合わせて、調整してきたと言われるが、地元メディアによれば棄権を決定する際にも、「お母さん、江陵(カンヌン)に来て。会いたいよ」と電話をかけていたという。

イサンファ(李相花)選手、結婚相手は元選手で、軍人?

メンタルは強い方だと言われるイサンファ(李相花)選手が、小平奈緒を前に怖気付いた瞬間だった。ちなみにこんな時、頼れる存在として、旦那さんや彼氏の存在も大きいものだが、イサンファ(李相花)選手は現在、結婚はしておらず、独身。過去にも元アイスホッケー選手で軍人の彼氏がいると噂になっていた。(参考元:平昌オリンピック 韓国人から小平奈緒が注目される理由

名前は、「イ・サンヨプ」さん。

イサンファ李相花 小平と仲良しか宿敵か心理考察!

こういうエピソードを聞くと、”仲がいい”、”仲良し”と言う関係とは遠い気もするが。ただ、心理的側面に注目すれば、イサンファ(李相花)選手はこれまで五輪2大会連続金メダルという戦歴を自ら重圧に感じていた可能性もある。

ずっと一番、だから平昌も一番でしょ。金メダルは確実でしょ。

こういったプレッシャーの中で、今季はどうも小平奈緒が勢いづいている。自分は手術をしたばかりで、負けたら、どうしよう。

こんな不安な気持ちの間で揺らいでいたとしたら。

こちらの抱擁写真どうも、小平奈緒選手に肩を寄せているように見えないか。

3度目の重圧から、救ってくれてありがとう、そんな風に個人的には見えるのだが。

宿敵とも、仲良しとも言えぬ、金メダリストにしか解せないそんな空気が二人の間には通っているように見える。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

2 件のコメント

    • ucoさん

      コメントありがとうございます。
      実は、私は今回の報道で初めて知ったので、
      彼女の内面などはよくわかっていないのですが、
      女優として十分に活躍できる感じ、日本人ウケしそうな感じですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください