前原誠司代表<文春砲>北朝鮮美女と親密写真!流出元は民進党 有田芳生か

SPONSORED LINK



山尾志桜里議員の次は、前原誠司民主党代表に文春砲。9月15日発売の週刊文春が京都の支援者から「前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”を入手」したと報じている。内容の詳細にネット上では、「もう、飽きた」の声も。しかし、3つの疑問が残る。①なぜ、国会をサボってまで北朝鮮にいたのか②ハニートラップ疑惑浮上の北朝鮮美女とは、一体誰なのか?③京都の支援者とは誰なのか。週刊文春新谷編集長と親密関係にある有田芳生氏が、写真の流出元なのではないかと捜査線上に躍り出た。有田芳生氏のプロフィールや経歴とともに、数々の証拠をご紹介します。

スポンサーリンク



前原誠司民主党代表に、文春砲が追撃!!

前原誠司民進党代表と北朝鮮美女“親密写真”が文春砲!内容

前原誠司民主党代表はこれまでに1992年と1999年に、二回、北朝鮮を訪れている。
特に99年の訪朝は国会会期中の極秘訪問

地元・京都の支援者とともに北朝鮮を訪れた前原誠司民主党代表は、
ベンツの特別車で移動し、国賓級ホテルで厚遇された

今回、週刊文春は1999年6月3日に北朝鮮を代表する観光地・妙香山で撮影された複数枚のスナップ写真を入手した。写真は、地元・京都の支援者とともに、訪朝した際に撮影されたものだという。
そこに写っていたのは、あの民主党代表になったばかりの前原誠司民主党代表と謎の”北朝鮮美女”。

前原誠司代表が女性のパーソナルスペースにのけのけと隣接している写真など
ジャレ合うシーンは、「一線を越えたであろう」と予期させるもの。

国の代表のこんな写真が流布した、税金を納める世間からは、

「もう、飽きた」

 

「おもろない」

 

相手の女性を探し出して取材するくらいで無いと、流石に弱いかな。

 

北朝鮮美女の関係よりも、北朝鮮関連団体との関係を暴いた方が、よっぽど「スクープ」だろうにw

 

など山尾志桜里議員の衝撃性を超えることはできなかった前原誠司民主党代表。
週刊文春の報道についても、「捜査が足りない」と国民の目が光る。

しかし、気になる点はいくつか、ある。

疑問1:なぜ、国会をサボってまで北朝鮮にいたのか

平成23年(2013年)2月21日



(出典元:ツイッター

稲田大臣:「北朝鮮にそれだけ長期間滞在をされていて工場視察は二時間ぐらいで終わる
それ以外は一体何をされていたのか。北朝鮮労働党の幹部とも面談をされたのではありませんか。」

前原国務大臣:「実は会いたかったんです、朝鮮労働党の幹部とも。しかし、河村織物から申し入れをいたしましたけれども、結果的には会うことができませんでした。」

疑問2:北朝鮮美女とは、一体誰なのか?

写真撮影の京都の支援者によると、

「(写真は)妙香山の河原でバーベキューをした時。(相手の女性は)炭をおこしたり、セッティングしてくれる接待係。(中略)あの時もベロベロになるくらいビールや焼酎を飲んだ」

(引用元:週刊文春

と、”接待係”という言葉を使っているものの、アルコールが入っていたことも明かした。
ところで、京都の支援者、あなたは誰なのか。

疑問3:京都の支援者とは誰なのか

捜査線上に躍り出たのは、やはりこの男。
民進党所属の参議院議員:有田芳生氏である。

公式ツイッターでもこんな発言が目に付く。
2014年6月24日

長年の「同志」松井清人さんが文藝春秋の社長に就任しました。年初から情報はありました。6月19日の株主総会で決定したそうです。久びさのうれしい知らせでした。

2016年5月6日

文藝春秋のサロンで「週刊文春」の新谷学編集長と雑談。快進撃の秘訣を聞きました。いちど社長室を見たいと連絡したら松井清人さんは不在。残念です。

さて、文藝春秋の松井清人氏と同士の関係にあり。「週刊文春」の新谷学編集長とどうやら親密な関係にある民主党議員:有田芳生とは何者か。

スポンサーリンク



週刊文春」の新谷学編集長と親密な有田芳生のプロフィール

有田芳生(ありた よしふ)議員


(出典元:ウィキペディア

有田芳生(ありた よしふ)議員は、1952年2月20日 京都府京都市右京区生まれの65歳
日本共産党に所属したのち現在は、民進党所属の参議院議員。1986年(昭和61年)にフリーランスのジャーナリストとして『朝日ジャーナル』の霊感商法批判キャンペーンに参加した経験を持ち、『週刊文春』でも統一教会報道に携わるなどジャーナリストとしての一面も持っている。

松井清人氏とは20年以上も前からの知り合いで、同士であることを明かす▼

単なる同士というよりは、情報をリークしている疑惑が持たれてやまない。
京都の支援者とは、京都出身の彼でほぼ確定であろう。しかし、有田芳生に文春砲が撃たれることはない。なぜなら、新谷学編集長との親密関係があるからだ。それはまるで、北朝鮮美女と前原誠司代表の間柄を匂わせるように。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です