東仙台交番で発砲事件|犯人も死亡!名前や顔写真,動機は?現場のどこ?

19日午前4時ごろ、仙台市宮城野区の東仙台交番で、33歳の男性巡査長が男に刃物で刺されて死亡する事件があったとして、朝から大きく報道されていますね。

犯人も死亡したと報道がありましたが、
名前や顔写真、動機はなんだったのか?

現場はどこ?

東仙台交番で発砲事件|現場や事件の詳細、
清野裕彰(せいのひろあき)巡査長が死亡

NHKの報道によると、事件が発生したのは、19日午前4時ごろ。

仙台市宮城野区の東仙台交番には、事件当時、清野裕彰(せいのひろあき)巡査長と、40代の巡査部長がいました。


40代の巡査部長が2人がいる部屋から離れてしばらくすると、争う声が聞こえたため戻ったところ、清野巡査長が血を流して倒れていたというのです。

 

東仙台交番の殺人事件で犯人も死亡!名前や顔写真,動機は?

訪れた男は、その時に「落とし物を拾った」と話し、
清野裕彰巡査長が対応していたということで、計画的な犯行だったのでしょうか。あるいは、無差別殺人だったのか。男は刃物を持って立っていたということで巡査部長が男に拳銃を3発、発砲します。

巡査長と男は仙台市内の病院に運ばれましたが、後ほど2人とも死亡が確認されたとのこと。

犯人の男に関する名前や顔写真など身元に関する情報はわかっていません。

16時30分の速報によると、犯人は大学生で名前は、相澤悠太容疑者(21)と判明。
また詳しいことがわかり次第、追記いたします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください