篠崎洋一郎はれのひ社長の経歴|出身高校は茨城県!家族の父親は牛乳屋経営で木造平屋借家生活

スポンサーリンク

着付けを手掛ける業者「はれのひ(harenohi)」が、今年の成人の日に突然、営業を中止した成人式に出られない被害者が出た問題。

”はれのひ社長”こと篠崎洋一郎(しばさきよういちろう)社長が逮捕されましたね!

プロフィールを調べてみると、出身は茨城県日立市で、高校は、茨城県立日立第一高校の定時制を卒業。

実家は、父親は、牛乳屋を営むが、体の調子が悪くなったようで20年くらい前に廃業するなど、生活は決して豊かではなかったという意外な生い立ち。

詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク



 

篠崎洋一郎はれのひ社長の経歴|出身高校は、茨城県立日立第一高校の定時制

篠崎洋一郎(はれのひ元社長)氏は、1962年8月11日、茨城県立日立市生まれの55歳。
1982年に県立日立第一高校の定時制を卒業。

彼の同級生の話によれば、当時の篠崎洋一郎(はれのひ元社長)氏は、

・外見は、細見のオカッパ頭
・性格は、穏やかでシャイ
・昼は楽器販売関連の仕事をしていた
・趣味はギターで、フォークソングを弾き語っていた
→これは、のちに週刊新潮がギターで井上陽水を演奏する姿を報じています。

篠崎洋一郎の家族|再婚した嫁(画像)は20代美女で子供が!自宅住所特定で現在は茨城に身を寄せているのか

2018.01.26

高校卒業後、いくつか職を経て、2003年、埼玉県に本社を構える振袖専門店「一蔵」入社。
振袖会社での下積みを経て、現在の会社を設立したと見られています。

また、実家についてはこんな情報も。

篠崎洋一郎はれのひ社長の過去|家族について

篠崎洋一郎はれのひ社長の家族|実家の父親は牛乳屋さん、決して裕福ではなかった

・実家の父親は、一人で牛乳屋を経営
・父親が一人で自転車で牛乳配達をしていたが、20年前より体調を崩した
・その後、牛乳屋は廃業し、奥さんと一緒に、木造平屋借家で生活

決して裕福とは言えない生活。その時の苦い思い出が彼を掻き立てて行ったのかもしれませんね。

さらに、

篠崎洋一郎はれのひ社長の家族|妹が居た!父親は他界し母親は行方知らず

・篠崎洋一郎(はれのひ元社長)氏には、妹がいた
・牛乳屋を閉めたあとは、両親共水戸市内の妹の家に身を寄せていた
・しかし、数年前からは夫婦で日立市内の団地に引っ越す
・父親は、1〜2年前に他界

一家を知る人物によれば、父親と篠崎洋一郎(はれのひ元社長)氏との間には、周囲からは溝があるように見え、「息子からは連絡もなく、どこで何をしているかさっぱりわからない。困ったものだ」と生前話している様子もあったという。

(参考元:行方不明「はれのひ」社長 茨城県の実家に戻らず、「どこで何をしているか、わからない」

どうやら、訳あり家族のようです。ただ、このような家庭環境の中で、篠崎洋一郎少年は、ギターを奏でていたのです。

まさか、逮捕される日が来るなんて、当時は思っても見なかったでしょう。

井上陽水か…

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください