島津慧大けいたバイト先「アピタ富山東店」か家庭内暴力で不登校…社会不適合だったのか

富山市の交番「奥田交番」に男が押し入り、警察官をさして、

近くの小学校の警備員に発砲する事件で逮捕された元自衛官の島津慧大(けいた)容疑者(21)。

事件当日は、アルバイト先で上司(店長)とトラブルがあったとみられ事件となんらかの関係があると見られています。

ところで、バイト先のファストフード店ってどこ?調べてみると、「奥田交番」から1キロ離れていた「アピタ富山東店」のケンタッキー店で働いていたとか。

生い立ちは、家庭内暴力で学生時代は不登校など訳ありのようですね。

島津慧大けいた事件当日アルバイト先でトラブル

元自衛官の島津慧大容疑者、自衛隊を辞めた後富山市内のアルバイト先であるファストフード店で勤務していたと見られます。事件当日、出勤していましたが、そこで店長と口論、喧嘩になり暴行し、店を飛び出します。

捜査関係者によると、

「店長と喧嘩して、殴って店から走り去ったのが昨日の午後2時前。直後に現場に向かって犯行に及んだ」(引用元:朝日新聞

とのことで警察は事件との関連を調べているようです。

動機は?稲泉健一警部補とは顔見知りだった

この流れからすると、「むしゃくしゃしてやった」的な動機が見えてきそうですね。

とはいえ、なぜ奥田交番に向かったのか?という点は疑問が残りますね。

実は、島津慧大容疑者は数回、奥田交番を訪ねては道を聞くなどし、犠牲になった稲泉健一警部補(46)と面識があったというのです。島津容疑者は、交番裏口を激しく叩いて稲泉警部補にドアを開けさせ、その隙をついてナイフで襲いかかったと見られています。

交番で道を聞く、しかも数回も。こんな状況ってあんまりないと思うんですが、
一体、どういう関係だったんでしょうか。

続報が入り次第、お伝えします。

スポンサーリンク



 

島津慧大けいたバイト先はアピタ富山東店!

ところで、バイト先はどこなのか?気になるところですが、

ツイッターでは、

「アピタ富山東店ケンタッキーフライドチキン」

との情報が。

歩くと、3キロ、35分。

なかなかの距離ですね。

営業時間 朝 9時~夜 9時
定休日 年中無休 (ただし棚卸しの為、年2日の臨時休業があります)
電話番号  076-452-3311
駐車場 1,350台
所在地 富山県富山市上冨居(かみふご)三丁目8番38号

報道では、1キロ離れたとあるので確証は持てませんが、可能性としてはありえるでしょう。

また、島津慧大容疑者の過去が徐々に明らかになってきています。

スポンサーリンク



 

島津慧大けいた容疑者の生い立ちが壮絶だった!家庭内暴力で不登校…自衛隊は解任か

彼の過去を調べてみると、バイト先の上司を殴って、事件を引き起こしたことが少しだけ垣間見えます。

(6月26日「NEWSゼロ」より)

容疑者は元自衛官。去年まで陸上自衛隊の陸士長を勤めていました。小銃を使った訓練は行っていたが、拳銃を扱った実績の有無は不明とのこと

2015年3月、自衛官候補生として採用。約3カ月の教育期間を経て、任期制自衛官として金沢駐屯地第14普通科連隊に所属していた。任期満了の17年3月に退官、その後は即応予備自衛官として採用されていた。退官時の階級は陸士長。

両親から家庭内暴力で不登校、暗い学生時代

「昔から両親とは折り合いが悪く、中学くらいになると家庭内暴力が頻繁にあって何度も家にパトカーが駆けつけ、大騒動になっていた。」と話すのは彼の親族。

なんでも小さい時は、大人しく、挨拶もキチンとできる子だったのに、中学時代から家庭内暴力が始まり、高校にはいかずいわゆる不登校となり、18歳で自衛隊に入ります。

自衛隊に入隊しても気に入らないことがあると暴力

自衛隊でも気に入らないことがあったときには、人を殴り、辞めざるを得なくなったようで、父親もがっかり。しばらく引きこもっていたようですが、数カ月前からバイトをはじめ、父親も安堵した矢先の出来事。

さらに、同級生の話によれば、「いつもポツンと1人という感じで存在感がないタイプだった」という容疑者。中学2年くらいから不登校で親ともよく喧嘩をしていたという印象を受けていたようです。

学校でも同級生に殴りにかかる

「学校でも、軽く冗談を言われたくらいでも急にブチ切れて同級生になぐりかかったり、何をするのかわけわからん」との証言もあり、何か障がいをもたれていたのでしょうか。周囲に馴染めてない、適応できないと行った容疑者の素顔を知ることができました。(参考元:朝日新聞

「お父さんは確か、PTA役員などもやっていて、キチンとした人だった」親の教育に少し窮屈さを覚えていたのかもしれません。

暴力でしか、自分の気持ちを表現できない。

いつしか、そういう風に育ってしまったのかもしれません。

スポンサーリンク



 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください