清水修平 審判(画像)WIKI経歴,年収,結婚は?誤審は常習?天皇杯PK戦(動画)奈良クラブに肩入れ?

『天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会』2回戦(6月6日)名古屋グランパス奈良クラブにおいて、PK戦のやり直しが決定した問題で、「日本サッカー協会」がPK戦のやり直しを発表した。

主審は、清水修平主審でしたが、フェイント新規則を知らずに誤審か?それとも奈良クラブに肩入れ?

なお、この件で日本サッカー協会は12日、清水修平主審は公式戦3カ月の審判活動禁止、副審の小椋剛氏と池田一洋氏は2カ月間の審判活動禁止を発表している。

清水主審のプロフィール(出身,生年月日,年収,高校)、経歴を調査!

FacebookやTwitterはある?

天皇杯PK戦2回戦のPK戦やり直し問題とは?動画

天皇杯PK戦2回戦のPK戦やり直し問題とは?

名古屋(J1)-奈良クラブ(奈良県代表)戦

この試合は1-1(PK戦5-4)で奈良クラブが競り勝ったが、PK戦で同クラブ4人目のMF金久保彩が蹴る前にフェイントを入れたと清水修平主審が判断した問題。

スポンサーリンク



 

清水修平 審判なぜ誤審?「フェイント新規則を知らず?」奈良クラブに肩入れ?

実はフェイントの規則は、2017-18シーズンから追記された項目。それまでは、PKが成功した場合は選手に警告を与えてPKの蹴り直し、PKが決まらなかった場合は警告を与えて失敗とみなすと改定されていました。

この競技規則に従えば、この時点で警告の上で金久保のキック(左足ケンケンは助走の中の動作)は失敗とみなされ、名古屋の勝利が決まっていたはずでしたが、…清水主審は蹴り直しを指示。

つまり、清水主審は、この時フェイントと判断し、笛を吹いた時点で、ルール上「PK失敗」を宣告する必要があったのです。

しかし、清水主審の指示により金久保は蹴り直しのPKを決め、名古屋は5人目と6人目が失敗。奈良クラブの勝利となっていたのです。

この時、副審の小椋剛氏と池田一洋氏、第4審も主審に従っていたと見られます。

清水修平主審 3カ月の審判活動禁止

日本サッカー協会は12日、審判委員会を開き、問題となったPKシーンは、実はフェイントではなかったと意見が一致したとして、清水修平主審は公式戦3カ月の審判活動禁止、副審の小椋剛氏と池田一洋氏は2カ月間の審判活動禁止にしたと発表(第4審判に関しては、今後処分を決める。)。

スポンサーリンク



 

清水修平(しみずしゅうへい)のWIKI風プロフィール(出身,生年月日,高校)

  • 名前:清水修平(しみずしゅうへい)
  • 出身地:愛知県
  • 生年月日:1984年3月26日
  • 年齢:34歳
  • 現在:サッカー審判(主審)
  • 出身高校:不明

清水修平(しみずしゅうへい)の経歴

経歴としても2017年シーズンまでで通算

J1主審0試合/副審0試合
J2主審46試合/副審0試合
J3主審17試合/副審11試合

さらに、今季はJ2で9試合を裁いており、数字にすると2節に1試合は担当する計算になるとか。

清水修平(しみずしゅうへい)の年収

年収は、年俸制で、J1の主審で12万円、副審だと6万円でJ2だと主審6万円、副審3万円。J2の主審で約6万円、J2の副審で約3万円。JFL主審で2万円、副審1万円となるとのこと(参考元:引用元:サッカーJリーグの審判になるには | 

昨シーズンを、そのまま単純計算すれば、320万円以上と行ったところでしょうか。

活動禁止によって、損なう収入は大きそうです。

スポンサーリンク



 

誤審は常習?

と、主審の経験が多いのですが、昨年7月19日に行われた『2017 第4回JFAレフェリーブリーフィング』での「J2第22節水戸ホーリーホック対ロアッソ熊本」での誤審を指摘する記事もありました。

J2第22節水戸ホーリーホック対ロアッソ熊本の前半25分。

熊本のFW安柄俊がペナルティーエリアへ抜け出したところに、水戸のDF細川淳矢がスライディングタックルに行き、安柄俊は倒れた。主審の清水修平氏はPKを告げる笛を吹いたが、この判定は妥当だったのか?

(引用元:【Jリーグ あの判定の検証】大きな誤審はなぜ起きたのか? 審判の見方を知る

清水修平(しみずしゅうへい)のFacebookやTwitterはある?

調べてみたのですが、該当するアカウントはありませんでした。

清水修平(しみずしゅうへい)結婚して嫁と子供がいる?

こちらも調べたのですが、情報はありませんでした。

ネットでは、様々な意見が飛び交っています。中には厳しい意見も。

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください