塩川美佳【実家や旦那の家族 画像!病気(病名は)機にナンタケットバスケット】

11月30日金曜日19:00放送の爆報!THE フライデー【芸能人の空き家問題&あの人は今…大追跡SP】にて、クラリオンガール塩川美佳さんが出演します。

クラリオンガールでグランプリを受賞したことをきっかけにデビューをし、モデルとして活躍しておりましたが、病気をきっかけに(病名は明かされていませんが、2009年に完治しています。)ナンタケットバスケット作家として活躍する姿が、インスタでも話題に!

義父は政治家・相澤英之、義母は女優・司葉子と、実家や家族も世離れしている塩川美佳さん。

素敵な作品と、塩川美佳さんのプロフィール、そして豪華すぎる家族構成などをご紹介していきます!

スポンサーリンク




プロフール(クラリオンガール・グランプリ)|塩川美佳

1986年、20歳の時に第12回「クラリオンガール・グランプリ」に輝きモデルとしてデビューをします。生年月日などは公表していないようなのですがクラリオンガールになったとき「20歳」だったのは間違いないようなので現在52歳になる歳です。

クラリオンガールって聞きなれなかったんですがカーオーディオメーカーであるクラリオンが約30年に渡って毎年選出していたキャンペーンガールのようで、当時は芸能人への登竜門として知られていたようです。

なんとあの蓮舫議員も1988年のクラリオンガールに選ばれているそうです。

豪華すぎる家族構成(実家・家族・旦那)|塩川美佳

夫は相澤英孝

相澤英孝
(あいざわ ひでたか)
日本の法学者。武蔵野大学教授、一橋大学名誉教授。専門は知的財産法。 筑波大学助教授、早稲田大学教授、一橋大学教授、ハーバード大学客員教授等を歴任。実父は官僚出身の元衆議院議員相澤英之、継母は司葉子

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
生年月日: 1954年4月16日 (年齢 64歳)
生まれ: 日本 東京都

義父 相澤英之

相澤 英之
(あいざわ ひでゆき)

元大蔵事務次官・衆議院議員(9期)の弁護士の相澤英之さん。
日本の大蔵官僚、政治家、弁護士。東京福祉大学元学長。大蔵事務次官、衆議院議員、経済企画庁長官、金融再生委員会委員長などを歴任した。妻は女優の司葉子。
生年月日: 1919年7月4日 (年齢 99歳)
生まれ: 日本 神奈川県
配偶者: 司 葉子 (1969年から)
子供: 相澤 宏光

義母 司葉子

司 葉子
(つかさ ようこ)
女優。日本大正村第二代村長。東京福祉大学特任教授。本名:相澤 葉子。東宝芸能所属。 夫は弁護士で元自由民主党衆議院議員の相澤英之。三男・相澤宏光妻は歌手・タレントの相田翔子
生年月日: 1934年8月20日 (年齢 84歳)
生まれ: 日本 鳥取県 境港市
配偶者: 相澤 英之 (1969年から)
子供: 相澤 宏光
テレビ: おひさま

義弟 相澤 宏光

相澤 宏光
(あいざわ ひろみつ)
医師
配偶者: 相田翔子 (2008年から)
両親: 司 葉子、 相澤 英之
祖父母: 庄司 繁二郎
叔母: 庄司 節子、 庄司 昭子

義妹 相田翔子

相田翔子
(あいだ しょうこ)
女優、歌手、タレント。1988年から1996年まで活動したアイドルデュオ、Winkのメンバー。 東京都東村山市出身。所属事務所はアップフロントクリエイト。義母は女優の司葉子。
生年月日: 1970年2月23日 (年齢 48歳)
生まれ: 日本 東京都 東村山市
配偶者: 相澤 宏光 (2008年から)

実兄 塩川実喜夫

塩川 実喜夫
(しおかわ みきお)日本の警察官、外交官。島根県警察本部長、兵庫県警察本部長などを歴任し、2017年から2018年まで駐チュニジア特命全権大使を務めていました。

 

スポンサーリンク




現在の活動とは?|塩川美佳

Nantucket Basket Artist &Model (IPSILON)でナンタケットバスケット(Nantucket Basket)でオリジナル作品の制作指導や作家として活動されています。

スポンサーリンク




ナンタケットバスケットとは?|塩川美佳

ナンタケットバスケットとは、日本ではまだあまり知られていませんが、セレブ愛用の伝統品です。

アメリカのボストン郊外に浮かぶ小さな島、ナンタケット島。ここで昔から作られている伝統工芸品のことを、ナンタケットバスケットと呼び、唯一無二のオリジナル品という事で大変人気を呼んでいます。

ナンタケットバスケットを始めたきっかけは病気|塩川美佳

塩川さんは大病を患い、深刻な状態だったとインタビューで答えていらっしゃいます。

「ナンタケットバスケットに出合った頃、実は大病を患いまして……。深刻な状態で、もう助からないかもしれないと塞ぎ込む毎日でした。でも、病室にナンタケットバスケットを持ち込んで編んでみたら、時を忘れて集中していて。いつの間にか前向きになれたんです」

すべて手作りでとても高価。オードリーヘップバーンや、ジャクリーンケネディが愛用していたことでも有名なんだそうです。

塩川さんがナンタケットバスケットに出会ったのは40歳を過ぎた2006年頃。当時習っていたブリザードフラワーの先生が制作をされていてお宅に伺うたびに作品が増えていたそうです。

その美しさに惹かれた塩川さんは元々手先を使うことが大好きで特に編み物が得意だったこともあり自分もやってみたいと思うようになったといいます。

2008年に塩川さんは重篤な病気が発覚し一字は命に係わる病との闘いがあったそうです。病名は公表されていないので詳細はわかりませんが1年後の2009年に病気は完治しています。

そんな辛い時期に生きがいをくれたのがこのバスケット制作だったんですね。使用するのはすべて自然素材で触っているだけで気持ちが落ち着き製作していると時間がたつのも忘れ没頭するほどなんだとか。それがきっかけで、今に至るようです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください