「下町ロケット 2-ゴースト」ロケ地|燕市、JAXAや佃製作所の工場はどこ?

日曜劇場『下町ロケット 2−ゴースト』が10月14日よりスタートします。ここでは公式ホームページのエキストラ写真や目撃情報を中心に元にロケ地を紹介していきます。

「陸王」の撮影も行われた埼玉県の北部に位置する行田市や、深谷のほか、佃製作所のロケ現場はどこ?

スポンサーリンク




メインとなる舞台「新潟県  燕市」|ドラマ『下町ロケット 2−ゴースト』ロケ地

物語のメインとなる舞台は新潟県燕市です。写真のように、田んぼが広がるのどかな街で、田んぼアートも毎年話題になっています。

8月23日よりクランクインとなり、新潟県燕市の公式Twitterでは、撮影スタートのツイートが出ていました。これから撮影に来る役者さんは誰でしょうか、、、楽しみですね!

新潟県燕市

燕市は新潟県のほぼ中央部に位置する市で、人口約78,000人の街で新潟市に次いで人口密度が高い街でもあります。

燕市は工業都市でもあり、金属洋食器の生産においては世界的なシェアを誇り、国内においては実に金属洋食器の生産シェア90%を占めています。

また燕市には、日本さくら名所100選にも選ばれている「大河津分水桜並木」があります。約10kmにわたり植えられたソメイヨシノが堤防沿いに咲き誇ります。

「下町ロケット~ゴースト~」では、燕市は経理部長である殿村(対川談春)の実家という設定のようです。

物語の鍵を握る舞台ということで、8月下旬から始まった燕市での撮影も長期に渡るようなもので、目撃情報も多々あります。

燕市長の方も撮影場所に来てくれるなど、市の協力もあり、とても心温まる場所での撮影をしているように感じますね。

スポンサーリンク




span id="i-3">JAXA管理室の舞台は 岐阜県土岐市 核融合施設|ドラマ『下町ロケット 2−ゴースト』ロケ地

前作の下町ロケットで佃航平がロケット爆破を見ていたJAXS管制室の舞台が、岐阜県土岐市にある核融合施設です。

ドラマ内では島根県の出雲にある「ロケット燃焼試験場」として設定されていましたが、島根にはそのような場所は存在しないようです。

岐阜県土岐市 核融合科学研究所

核融合科学分野における国立の研究所で、岐阜県土岐市にあります。大学共同利用機関として各地の大学から研究施設の共同利用が行われていて、総合研究大学院大学をはじめとする様々な大学院の学生に対する教育も実施している施設となります。

National Institute for Fusion Science Japan4.jpg


埼玉県行田市|ドラマ『下町ロケット 2−ゴースト』ロケ地

埼玉県の北部に位置する行田市は、映画「のぼうの城」でも有名になった忍城がある街です。また、同じTBS系ドラマで池井戸潤の「陸王」のメイン舞台でもありました。

TBSのエキストラ募集のサイトにも集合場所として、「行田市向町某所」と記載されていました。
陸王」であのこはぜ屋の撮影現場でもありましたが、この時現場で使われたのが「イサミコーポレーション」という学校制服から足袋の企画、製作、販売を手掛ける会社です。

陸王での数々の名シーンを思い出すのではないでしょうか、、、。

埼玉県行田市

2015年には「最大の田んぼアート」としてギネス世界記録TM(公式認定記録:27,195平方メートル)に認定され、2016年には「最も長く続いている日本のRPG」としてギネス世界記録TM認定された「ドラゴンクエスト」、2017年にはTBS日曜劇場「陸王」とのコラボレーションがそれぞれ話題になりました。

*2015年「最大の田んぼアート」

「ドラゴンクエスト」

2016年「最も長く続いている日本のRPG」としてギネス世界記録TM認定された

「陸王」

2017年TBS日曜劇場「陸王」

*「ナスカの地上絵」をモチーフ

2018年東京五輪キャンプ地誘致を通してつながりのあるペルー大使館の後援を得て

『陸王』では足袋を製作する工場として登場しましたが、下町ロケットではどのような形で登場するのでしょうか?

スポンサーリンク




埼玉県深谷市 |ドラマ『下町ロケット 2−ゴースト』ロケ地

深谷市は、埼玉県北西部に位置する人口約15万人の小さな市です。東京都心から70キロメートル圏にあり、生産量日本一である「深谷ねぎ」の産地としても有名です。

深谷駅

深谷市でのエキストラ募集要項には、撮影場所が2か所指定されていました。

  • 深谷市東方某所
  • 深谷市某運動公園

深谷市東方での募集は役柄としてスーツ着用の営業社員、工員となっていましたのでどこかの会社内での撮影が噂されていました。

某運動公園の役柄募集には役柄 サッカーの試合を観戦する審判、観客役」と記載されています。

埼玉県深谷市 スーパーとして使われていた建物

深谷市東方某所でのエキストラ募集では社員としての撮影だったようです。

深谷市東方にある、今は潰れたスーパーの中に佃製作所の内部セットが組まれているようです。ここでは阿部寛を始めとした佃製作所のメンバーたちの出入りがたびたび目撃されています。


白草台運動公園

某運動公園の役柄募集には役柄 サッカーの試合を観戦する審判、観客役」と記載されていました。

8月29日にこの運動公園で第1話の撮影が行われており、ここで阿部寛さん、今田耕司さん、竹内涼真さんの姿が目的されています。

目撃した人の話によると、小学生くらいの子供たちがサッカーの試合をしているのを役者さんたちが観戦しているシーンだということです。エキストラの数も子供を含め100人くらい集まっていたようです。

佃製作所はつくば市のクボタ筑波工場|ドラマ『下町ロケット  2−ゴースト』ロケ地

つくば市は前回の下町ロケットでも帝国重工の撮影で度々使われましたが、今回も同様のようです。しかし今回は佃製作所のロケもつくば市のある工場で行われています。

クボタ筑波工場/佃製作所

30人以上のエキストラが毎回集結しているようです。下町ロケットの撮影終了後には毎回エキストラ全員で写真撮影をすることが慣例となっており、公式ホームページに紹介されています。現場の雰囲気の良さが伝わりますね!

精密機器メーカー会社 フジキン/帝国重工

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください