ロサンゼルス バー銃乱射事件|犯人(名前/顔画像)元米海兵隊員・PTSDの可能性

11月8日、米西部カリフォルニア州ロサンゼルス郊外で発生した銃撃事件。現場は、飲食店「ボーダーライン・バー・アンド・グリル( Borderline Bar and Grill)」犯人の名前は、イアン・デイビッド・ロング(28歳・画像・Ian David Long)元米海兵隊員で心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱えていた可能性があったという。容疑者も死亡した今回の事件ですが、自殺か他殺かはわかっていないということです。

スポンサーリンク




ロサンゼルス バー銃乱射事件の犯人(名前/顔画像)|イアン・デイビッド・ロング(28歳・画像)

イアン・デイビッド・ロング(28歳・Ian David Long)は、元米海兵隊員。

経歴は、2008年8月から2013年3月の間に勤務。銃の扱いにも慣れていたのでしょうか。


彼は2010年から2011年にかけてアフガニスタンに派遣され、最後の任務はハワイで行われていたと言います。海兵隊時代に、よくないことが起きたのでしょうか。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱えていて、事件にも少なからず、関係していそうですね。

スポンサーリンク




ロサンゼルス バー銃乱射事件 現場は?

現場となった飲食店「ボーダーライン・バー・アンド・グリル」は、カントリー音楽やダンスが楽しめる地元の人気店。大学生向けのイベントが行われていたとのこと。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください