ドラマ『SUITS』日本版キャスト/あらすじ/相関図!織田裕二の相方は中島裕翔!

2018年秋の月9ドラマ『SUITS/スーツ』が10月8日21時より初回30分拡大でスタート。

月9出演が10年ぶりとなる織田裕二さんが主演を務め、Hey! Say! JUMPで活躍している中島裕翔さんとバディを組む事となりました。

また、27年ぶりに織田裕二鈴木保奈美が共演するということで1991年に一世を風靡した『東京ラブストーリー』以来の2人関係にも注目です。

今回は、全米で大ヒットし、初回視聴者数460万人を記録した海外ドラマ『SUITS』が原作の日本版、月9ドラマ『SUITS/スーツ』のあらすじとキャラクター紹介、キャスト相関図をご紹介します。

月9ドラマ『SUITS』キャスト一覧・キャラクター紹介

これから注目のキャストを紹介していくよ〜
原作での役名も載せてるから、ぜひチェックしてみてね〜

甲斐 正午(かいしょうご/織田 裕二)/ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)|月9ドラマ『SUITS』

かい しょうご。日本の四大弁護士事務所の一つ、「幸村・上杉法律事務所」に所属する敏腕弁護士。

トップクラスの稼ぎ頭で、シニアパートナー(出資者としての地位を持ち、事務所経営にも参画する弁護士)への昇格に手が届く位置にいます。

しかし昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じられ、気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。そこに偶然やってきたのが、鈴木大貴(中島裕翔)だった。

興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが……。

甲斐自身も優秀で頭も良いが、かなり傲慢で勝利のためなら違法ギリギリの手段を用いることもある。東大入学後に、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など、主に“金になる”仕事を担当。彼のポリシーは、不確定な感情論に惑わされず、“勝利”に執着すること。

クライアントを満足させる唯一の方法は、勝つことだけだと信じています。

織田 裕二(おだ ゆうじ/1967年12月13日生まれ/51歳)

[出典:公式Twitter]

1987年4月公開の東映映画『湘南爆走族』に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。「月9」という言葉もこの作品から生まれた。その後出演した「踊る大捜査線」シリーズが大ヒットし代表作に。

織田裕二さんが月9ドラマに主演を務めるのは、2008年放送の「太陽と海の教室」以来10年ぶり。

鈴木 大貴(すずき だいき/中島 裕翔)/マイク・ロス(パトリック・J・アダムス)|月9ドラマ『SUITS』

すずき だいき。頭脳明晰で一度見たものは決して忘れないという驚異的な完全記憶能力を持っている。

幼いころに両親を交通事故で亡くして以来、静岡の祖母のもとで育てられてきた。祖母の経済的な負担を減らそうと、中学校入学と共に新聞配達のアルバイトを始めるが、そこで出会った同級生の悪友の影響で、ケンカに明け暮れ、万引や食い逃げなどをするようになってしまう。

それでも、大貴の成績は抜群で、高校時代に担任から「司法予備試験※」を受けることを勧められ、高校2年の秋に最年少で合格する。しかし、本番の司法試験に挑戦する前に、悪友のいとこになりすまして、大学のセンター試験を受けたことが発覚し、高校を退学となり、司法試験を受験できるような状況ではなくなった大貴は、東京に出て自立することを決意。

何度か就職をしたものの、どこも長く続かずフリーターとして生活していたころに、既に裏稼業に手を染めていた悪友にそそのかされ、さまざまな業種の替え玉受験を行うことに。大貴自身にも犯罪行為への加担に対し抵抗感はあったが、祖母への仕送りのため、他に手はなかった。

そんな折、祖母が大けがをしたため、介護施設に入れなくてはならない状況となり、大貴には大金が必要。。。

彼は、さらに危険な仕事に手を出し、人生最大のピンチを迎えることに、、、。

そして法律事務所の新人採用面接で、甲斐(織田 裕二)に出会い、彼の人生は、、、、

※「司法予備試験」 ・・・時間や金銭上の都合により法科大学院に入れない者に対して、 司法試験の受験資格を得る道を開くために実施されている試験。

中島 裕翔(なかじま ゆうと/1993年8月10日生まれ/25歳)

[出典:公式ホームページ]

2004年にジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.内ユニット「J.J.Express」のメンバーとして活動。

その後、「small but BIG 4」や「Tap Kids」のメンバーとしても活動。2007年4月には期間限定ユニット「Hey! Say! 7」が結成され、同年8月1日に「Hey! Say!」でCDデビュー。2007年9月24日に結成された「Hey! Say! JUMP」のメンバーに選ばれ、同年11月14日に「Ultra Music Power」でCDデビュー。

俳優業としては、これまでに『先生はエライっ!』、『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』、『理想の息子』、『半沢直樹』、『水球ヤンキース』、『刑事バレリーノ』、『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』などのドラマ。映画では『ピンクとグレー』と『僕らのごはんは明日で待ってる』という作品に出演。今回の月9ドラマでどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!

この二人がタッグを組むことになるのか〜
あんまり想像できないけど、だからこそ楽しみですね!

幸村 チカ(ゆきむら ちか/鈴木保奈美)/ジェシカ・ピアソン(ジーナ・トーレス)|月9ドラマ『SUITS』

ゆきむら ちか。

「幸村・上杉法律事務所」の所長(代表弁護士)で甲斐(織田裕二)や大貴(中島裕翔)の上司。

チカは、若い頃から自分の将来像を明確に持ち、成り上がってきた女性。自腹を切って甲斐をハーバード大学に留学させ、優秀な弁護士に育て上げた経緯があり、甲斐にとっては唯一頭が上がらない人物。また、チカは自分が作った事務所をまるで家族のように愛しており、そのため事務所の秩序を壊そうとする者に対しては容赦ない処置に出る強さも持っている。

鈴木 保奈美(すずき ほなみ/1966年8月14日生まれ/52歳)

[出典:公式Twitter]

1984年第9回ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募し、応募総数12万人の中から審査員特別賞を獲得。

1986年、女優デビュー。芸能活動に専念するため大学を中退し、カネボウ化粧品のCMやドラマ『おんな風林火山』、NHK連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』、当時全盛期だったトレンディドラマに出演し、知名度を上げていく。

1991年主演したフジテレビ月9ドラマ、『東京ラブストーリー』が大ヒット。「月曜日の夜に街から女性が消えた」と言われるほどの社会現象となる。ヒロイン・赤名リカ役で鮮烈な印象を残し、一躍人気女優となる。以後次々とフジテレビのゴールデンタイムドラマの主役に抜擢され、女優としての地位を確実なものとする。

そして織田裕二とは『東京ラブストーリー』以来27年ぶりの共演となり、注目を集めている。なお、月9出演は主演を務めた『この世の果て』以来、24年ぶりとなり、とても楽しみにしている人も少なくない。原作の“SUITS”は既にシーズン8が放送されているため、2026年くらいまでは“チカ”でいたいと思っているようです。

聖澤 真琴(ひじりさわ まこと/新木 優子)/レイチェル・ゼイン(メーガン・マークル)|月9ドラマ『SUITS』

ひじりさわ まこと。

「幸村・上杉法律事務所」に勤務するパラリーガル(弁護士事務所のアシスタント)。

父親は敏腕弁護士で、真琴も幼い頃から弁護士を目指していた。しかし、司法試験に何度か挑戦したものの、肝心の本番で持っている実力を発揮できず、夢をかなえられずにいる。そのため、学歴コンプレックスを持っていて、高学歴の弁護士には絶対に負けたくないと意固地になることもしばしば。

パラリーガルとしての仕事はとても優秀で、事務所でもトップクラスの調査能力を持っている。右も左もわからず弁護士になった大貴にとって、真琴は強い味方となる。

職場恋愛に対しては慎重だが真琴は大貴の人間的な魅力に徐々に惹かれていく。原作『SUITS』では今年5月にイギリス王室のヘンリー王子と結婚したメーガン・マークルさんが演じた役柄を、新木さんがどのように演じるのか注目が集まる。

新木 優子(あらき ゆうこ/1993年12月15日生まれ/25歳)

[出典:公式Twitter]

2008年映画『錨を投げろ』で初主演を果たすと、2014年からは雑誌『non-no』の専属モデルとして活躍し2016年には『ラブラブエイリアン』で連続ドラマ初主演となった。

2017年『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』にも出演し注目を集める。ドラマのドクターに憧れ、医者を目指す研修生役として、成長して行くという役柄。そして2年連続、月9出演となった今回はアシスタント・パラリーガル役ということで、ご覧頂いた方にも、新しい“新木優子”をお見せできる作品になるのではと、コメントしています。

玉井 伽耶子(たまい かやこ/中村 アン)/ドナ・ポールセン(サラ・ ラファティ)|月9ドラマ『SUITS』

たまい かやこ。

頭脳明晰で人心掌握術に長け、よく気が利く女性。

「幸村・上杉法律事務所」に勤め、長年、甲斐(織田裕二)の秘書を務めている。甲斐とは、彼がかつて検事だった頃からの付き合いで、互いに信頼し合っている

。伽耶子は、男の言いなりになることは大嫌いですが、甲斐のことだけは信頼し、彼のために常に最善を尽くす。甲斐に対する深い信頼が恋愛感情からなのか、はたまた伽耶子なりの人生の楽しみ方からなのかも本作の面白みのひとつになりそう。

中村 アン(ナカムラ アン/1987年9月17日生まれ/31歳)

[出典:公式Twitter]

大学2年生のときに出場したモデルオーディションで、グランプリを獲得した経歴を持ち、ファッション誌のモデルやイメージガールとして活躍。

2013年頃より、タレントとしてもブレークする。自身の象徴とするヘアスタイルは「かき上げヘア」「かき上げスタイル」などとしてその髪型を真似する若い女性が続出するようになり、 さらに、2014年冬に出会ったクロスフィットにより鍛え上げたしなやかな筋肉と引き締まった健康的なボディは、レスパスフィットネス意識調査で女性の理想の体型の1位に選ばれるなど、女性の憧れの「美ボディ」として注目を浴びるようになる。

女優としてもの『5→9〜私に恋したお坊さん〜』で月9ドラマに初出演してゴールデンタイムの連続ドラマに初のレギュラー出演を果たしたのを皮切りに、10クール連続でドラマへ出演。2018年4月期の『ラブリラン』でドラマ初主演を務めた。

谷元 遊星(たにもと ゆうせい/磯村 勇人)/トレヴァー・エヴァンス(トム・リピンスキー)|月9ドラマ『SUITS』

たにもと ゆうせい。

鈴木大貴(中島裕翔)の唯一の親友にして悪友。

あくどいやり方で金を稼ぐ方法を考え出す天才で、大貴に替え玉受験をやらせていたのも彼。大貴と共に高校を中退し、上京してからも“裏稼業”に手を染め、違法行為で金を稼ぐことに。高級マンションに住み、高級外車に乗って見栄を張っていますが、実は多額の借金に苦しんでいる。

常に、大貴につきまとい続けるトラブルメーカーで、大貴のことを心配する正義感の強い妹の砂里(今田美桜)に、たしなめられることもしばしば。

磯村 勇斗(いそむら ゆうと/1992年9月11日生まれ/26歳)

[出典:公式Twitter]

中学生の頃に自主制作した映画がきっかけで役者を目指す。

ドラマ・映画などで活動し、2015年に『仮面ライダーゴースト』でアラン/仮面ライダーネクロム役でレギュラー出演。同作品のスピンオフオリジナルビデオ『仮面ライダーゴースト アラン英雄伝』で初主演を務める。

2017年、連続テレビ小説『ひよっこ』ではヒロイン・みね子に思いを寄せた後に結婚相手となるヒデ役を演じた。料理好きで、『ひよっこ』では見習いコック役のためクランクイン前にプロのシェフに指導を受け、料理シーンは全て吹き替えなしで演じたり、2017年11月5日放送の珍種目No.1は誰だ!? ピラミッドダービーの料理王に出演し、優勝したこともあるほどの腕前。

また、映画『覆面系ノイズ』ではドラムに初挑戦し、約3カ月間の練習を経て撮影に挑むなど、努力家で、演技に対しての熱い気持ちが、画面を通じて伝わってくるところも楽しみですね!

谷元 砂里(たにもと さり/今田美桜)/日本版オリジナルキャラクター|月9ドラマ『SUITS』

たにもと さり。

学生時代から鈴木大貴(中島裕翔)をさまざまなトラブルに巻き込んできた悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の妹。

砂里は、兄の遊星とは真逆の性格で正義感が強い女性。中学の頃から、遊星の友人である大貴のことを意識し始め、兄の悪事の片棒を担がされる大貴を心配し、兄をたしなめることも。大貴の祖母・結衣(田島令子)とも仲が良く、気に入られている。

大貴にとっては、経歴詐称をして弁護士になった秘密を打ち明けることができる唯一の存在で、そのこともあってふたりの関係は次第に近づいていくことになる、、、日本版オリジナルキャラクターということもあり、砂里がいることにより、どのような物語が作られていくか、気になるところ。

今田 美桜(いまだ みお/1997年3月5日生まれ/21歳)

[出典:公式Twitter]

映画の仕事をしたい、女優になりたいと強く思い、2016年8月に上京。

2017年10月フジテレビ月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』にレギュラー出演。

2017年、中川駿監督の自主制作短編映画『カランコエの花』に出演した。同作は数々の賞を受賞しており、グランプリ6冠を達成。

オーディションで射止めた2018年4月から放送されていた、ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』においては、演じた真矢愛莉役の「原作再現度の高さ」で注目された。その後、インスタグラムのフォロワー数が100万人突破、2018年9月22日発売の2018年11月号で雑誌『Ray』の初表紙を飾るなど、特に若い世代から絶大な人気を誇る女優。

蟹江 貢(かにえ みつぐ/小手 伸也)/ルイス・リット(リック・ホフマン)|月9ドラマ『SUITS』

かにえ みつぐ。

甲斐正午と同じ「幸村・上杉法律事務所」に勤める弁護士。甲斐とは若手の頃からしのぎを削ってきたライバルで、事あるごとに衝突。

極度のひねくれ者で嫌味なところもあるが、根本的にはお人好しで、どこか憎めない一面も持っている。経済分野が得意で、事務所では敏腕の甲斐と肩を並べる稼ぎ頭。最大の自慢は、ハーバードのロースクール出身であること。

小手 伸也(こて しんや)

1973年12月25日生まれ/45歳

[出典:公式Twitter]

映画『日々ロック』、『特命係長 只野仁 最後の劇場版』、 そして、ドラマ『コンフィデンスマン』では、 毎回視聴者を笑わせてくれるが、とてもキーマンである役を演じており、 今回もそのような存在となるのではないか。。。

月9ドラマ『SUITS』キャスト相関図

[出典:公式ホームページ]

月9ドラマ『SUITS』あらすじ・予告動画・原作 アメリカ版『SUITS』の紹介

都内の大手弁護士事務所「幸村・上杉法律事務所」に所属する、ハーバード大学卒の敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)

彼は、事務所内でもトップクラスの稼ぎ頭だが、その傲慢な性格が災いして、人にやっかまれることもしばしば。

もっとも当人は、そんな外野の声は気にも留めず、難解な訴訟を次々に解決していた。ある日、甲斐は、上司から昇進の条件として、アソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことを提示される。

そこで彼は、秘書と共に新人採用の面接会を開くことに。そこに偶然やってきたのが、明晰な頭脳と、一度見たものは決して忘れないという驚異的な記憶力を持ちながらも、悪友の影響でその日暮らしの生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験で生活費を稼いでいた鈴木大貴(中島裕翔)だった。

当初は、悪事に手を染めていた人間は採用しないと言っていた甲斐だったが、大貴の驚異的な記憶力と頭脳を評価し、自らのアソシエイトとして採用することを決意。弁護士資格を持たない彼の経歴を詐称することを提案し、自らの部下とする。

こうして秘密を共有した二人は、常に対立しながらも、数々の厄介な訴訟を解決していくことに―。

原作 アメリカ版『SUITS』のあらすじ

[出典:公式ホームページ]

原作の舞台となるのは、ニューヨークの大手法律事務所。敏腕弁護士ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)と、天才青年マイク・ロス(パトリック・J・アダムス)がバディを組み、さまざまな訴訟に挑む弁護士ドラマです。

2011年にアメリカ「NBCユニバーサル」の「USAネットワーク」で放送され、初回視聴者数が460万人超を記録した全米大ヒットドラマ。

企画・製作総指揮・脚本は、エミー賞を何度も獲得した名作コメディードラマ『Hey!レイモンド』を長年プロダクション・スタッフとして支えたクリエイター、アーロン・コーシュ。同じく製作総指揮として、ダグ・リーマン(映画「ボーン・アイデンティティー」シリーズ、スパイ・アクションドラマ『コバート・アフェア』)、デヴィッド・バーティス(映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」)、ジーン・クライン(『コバート・アフェア』)が参加。

現在アメリカでは、2018年4月にシーズン7の放送が終了し、シーズン8が放送されるほどの大人気ドラマで、シーズン7まで出演していた弁護士を目指すレイチェル役を演じたメーガン・マークルさんは、英王室のヘンリー王子と結婚したことでも話題になっていた。

このようにアメリカで大ヒットした作品であるため、海外ドラマ好きな方は観ていることが多く、話を知っている方が多いと思います。

それを“原作”としているので、同じようなおもしろさもあり、そのままではなくリメイクということで、オリジナルキャラクターの登場もあり、日本ならではのオリジナルストーリーも考えられますので、アメリカ版を観たことがある方にも楽しんでいただけるのではないでしょうか。

 まとめ・監督・脚本

アメリカ版のように日本版でもその他キャストは実力派揃いでしたね!!

監督は、映画、ドラマの『謎解きはディナーの後で』の土方 政人。

脚本は、『相棒』シリーズ、『任侠ヘルパー』、『外交官黒田康作』、『Answer〜警視庁検証捜査官』などで知られる、池上純哉。音楽は、劇場版『コードブルー−ドクターヘリ緊急救命−』などの眞鍋 昭大。プロデューサーには『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』の後藤 博幸『海月姫』などで知られる小林 宙が参加している。

また、日本版オリジナルの登場キャラクターに、『花のち晴れ』の真矢愛莉役としてブレイクし、今10代で特に人気の、今田美桜さんを起用するなど、法律ドラマを観る世代を広げてきているのではないかと思います。今田さんについては以下の記事で書いています。

今田美桜|ドラマ『SUITS』妹の谷元さり役の女優!事務所社長と交際醜聞!

2018.10.08

織田裕二さんと鈴木保奈美さんをみて、青春を過ごしてきた世代、アメリカ版『SUITS』を観てきた世代、そして、新しく輝く俳優陣たちと同じ世代…

あらゆる世代が楽しめる内容となっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください