鈴木康大(カヌー)嫁 久野綾香(画像)と子供の夢担ぎ!家族経営ジム[DREAM]とは?

スポンサーリンク

日本カヌー連盟は、スプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32=福島県協会)の逮捕を発表。鈴木康大容疑者は、大会中に小松正治選手(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤(メタンジエノン)を混入させたことを自白したことで事態が発覚。鈴木康大容疑者は結婚しており、嫁の旧姓:久野綾香さんも元カヌー選手。2人の出会い(馴れ初め)は、カヌーの代表での合宿にて。二人の間には子供もいるが、綾香さん自身が子供を産んで、なかなか体を動かすことができない経験をしたことなどから作られた家族経営するジム「SPORTS CLUB DREAM」(福島県二本松市)には、現在すでに150人位の会員の方がいる。

スポンサーリンク



▼日本カヌー連盟は、スプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32=福島県協会)の逮捕を発表。

鈴木康大容疑者は、大会中に小松正治選手(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤(メタンジエノン)を混入させたことを自白したことで事態が発覚。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に8年間の資格停止処分を科すとともに、暫定的な資格停止となっていた小松選手の処分を解除した。

◆詳しくはこちらの記事で書いています。

鈴木康大が逮捕(余罪あり)小松正治に禁止薬物,動機は妨害で窃盗も横行!

2018.01.09

▼鈴木康大容疑者は、元カヌー選手の久野綾香と結婚し、現在は子供も!

(出典元:北京オリンピック代表候補 鈴木康大選手ブログスタート!)

◆鈴木康大容疑者のプロフィール
・鈴木康大(すずき やすひろ)
・生年月日: 1985年10月6日 (32歳)
・身長:180㎝
・千葉県出身のカヌー選手
・日本におけるカヌースプリント競技の中心選手の一人
◆鈴木康大容疑者の経歴と成績
・小見川中学校→千葉県立銚子商業高等学校→立命館大学→滋賀レイクスターズ(※2012年1月31日退社)
・小学校低学年時より、高校卒業時まで地元小見川(現在香取市海洋センター)でカヌーの練習し、数々の全国大会で優勝の実績を誇る。その実績は、大学時代も衰えることなく、全日本大学選手権で1000mシングル 準優勝、1000mフォア 優勝など常にトップ選手であり続けた。成人となり所属した滋賀レイクスターズ時代も、世界選手権ハンガリー大会で24位、カヌー・スプリント ワールドカップ6位の実績など世界で通用するトップ選手。

日本におけるカヌースプリント競技の中心選手とも言われる鈴木康大容疑者だが、プライベートでは、元カヌー選手の久野綾香さん。彼女もまた、北京五輪カヌー・スプリント6位入賞という実績を誇る。

(出典元:日本オリンピック委員会

久野綾香さんのプロフィール
生年月日:1987年12月8日(30歳)
身長/体重:167cm/63kg
出生地:福島県
最終学歴:福島県立安達高等学校
所属:(株)久野製作所

▼鈴木康大容疑者と久野綾香さんの出会いは?カヌー合宿で出会うまでお互いカヌーでつながっていた

鈴木康大容疑者は千葉県出身。一方の久野綾香さんは福島県出身。

そんな2人の出会い(馴れ初め)は、カヌーの代表での合宿にて。

(写真はイメージです。)
二人がカヌーを始めたのは、共に小学校3年生の頃。綾香さんは、足が不自由なお兄さんがいて、足が不自由でも出来るスポーツがあると通っていた小学校の校長先生に紹介されカヌーを始めたとか。

そして、綾香さんが地域の人に恩返しをしたいとの思いから始めたのが、家族経営するジム「SPORTS CLUB DREAM」(福島県二本松市)だった。

スポンサーリンク



▼家族経営するジム[DREAM]とは?久野綾香ママの思いがたくさん詰まった愛情深いジム

2階建てのスポーツクラブで、1階にはルームランナーが4台、バイクが5台、ウォーカーやベンチプレスなど日本代表選手などが使う最新式の機具が揃う。また、2階にはキッズスペースがあり、子供専用のボルダリングスペースもあり、そのすぐ横にはエクササイズマシーンがあり、子育て中のママが、子供の様子を見ながらエクササイズをすることができる。久野綾香さんが、自身の経験から、お母さんにも体を動かしてもらいたいとの思いで設計したとか。

「SPORTS CLUB DREAM」について
◆「SPORTS CLUB DREAM」(福島県二本松市)
・住所:福島県二本松市針道字佐勢ノ宮5-23
・Facebook:「SPORTS CLUB DREAM」(現在はアカウント停止中)
・営業時間:10:00~22:00

(出典・参考元:スポーツジムをオープンしたアスリート夫婦をリサーチせよ

現在すでに150人位の会員の方がいて、その中でカヌーをやっている会員は、中高生を中心に約30人。全国大会を目指している子供達が多いので教えがいがあると語っていた鈴木康大容疑者。幼少期にカヌーを始めたきっかけやカヌー事態が楽しかった経験など初心を思い出し、更生することを願う。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください