鈴木康大が逮捕(余罪あり)小松正治に禁止薬物,動機は妨害で窃盗も横行!

日本カヌー連盟は、スプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32=福島県協会)の逮捕を発表。鈴木康大容疑者は、大会中に小松正治選手(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤(メタンジエノン)を混入させたことを自白したことで事態が発覚。「東京五輪出場が危うくなったと感じ、ライバルを陥れようとした」などと動機について語り、容疑を認めているが、鈴木選手は小松選手以外のライバルに対しても、練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を繰り返していたこともその後の調査で明らかとなった。

スポンサーリンク



▼事件の詳細はこちら。

◆こちらの記事も書いています。

鈴木康大(カヌー)嫁 久野綾香(画像)と子供の夢担ぎ!家族経営ジム[DREAM]とは?

2018.01.09

日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)に出場した鈴木康大選手(32=福島県協会)が、大会中に小松正治選手(25=愛媛県協会)の飲み物に禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となったと発表した。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は鈴木選手に8年間の資格停止処分を科すとともに、暫定的な資格停止となっていた小松選手の処分を解除した。

 ともに昨夏の世界選手権(チェコ)に出場し、2020年東京五輪を目指すトップ選手で、異例の事態。五輪のフェアプレー精神に反する極めて悪質な行為で、東京大会の開催国として大きなイメージダウンとなった。

 スポーツ庁の鈴木大地長官は「日本のスポーツ史上あまり聞いたことがない性質のもので、非常にがっかりしている」と話した。JADAによると、他者からの混入によるドーピング違反発覚は国内初のケース。

 鈴木選手は日本カヌー連盟などの調べに対し、ライバル選手を陥れようとしたと説明している。小松選手が禁止物質の摂取を否定し、同連盟による調査の過程で禁止物質を混入させていたことを認めた。小松選手は処分を免れるが、日本選手権の成績は抹消となる。

 日本カヌー連盟による調査では、鈴木選手は小松選手以外のライバルに対しても、練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を繰り返していたことも判明。小松選手は被害届を石川県警小松署に出し、警察が捜査しているという。東京都内で記者会見した古谷利彦専務理事は「スポーツマンシップという日本人のみなさんが長年積み上げられてきた美徳を著しく失墜させるもの。指導が行き届かず、おわび申し上げる」と謝罪した。
(引用元:薬物を混入したカヌー鈴木選手は8年間の資格停止

◆こちらの記事も書いています。

鈴木康大(カヌー)嫁 久野綾香(画像)と子供の夢担ぎ!家族経営ジム[DREAM]とは?

2018.01.09

▼鈴木康大選手(左)、小松正治選手(右)

(出典元:薬物を混入したカヌー鈴木選手は8年間の資格停止

◆鈴木康大のプロフィール
・鈴木康大(すずき やすひろ)
・生年月日: 1985年10月6日 (32歳)
・身長:180㎝
・千葉県出身のカヌー選手
・日本におけるカヌースプリント競技の中心選手の一人
◆小松正治のプロフィール
・小松正治(こまつ せいじ)
・生年月日: 1992年01月29日 (25歳)/
・身長178cm
・宮城県加美町出身のカヌー選手
・愛媛県国体競技力向上対策本部

▼小松正治選手は、公式サイトで下記のように前向きに意気込みを語っていただけに、悔しい思いもあるだろう。今後の選手生命に精神的な影響がでないことを祈る。

カヌースプリント競技の小松正治です!!
現在リオデジャネイロ五輪出場、東京五輪での入賞を見据えて頑張っています。
応援してくださる人がいるからこそ、日々の練習の原動力にもなりますし、試合へのモチベーションにも繋がります。
これからも頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!

(引用元:http://www.athleteyell.jp/komatsu_seiji/)

◆こちらの記事も書いています。

鈴木康大(カヌー)嫁 久野綾香(画像)と子供の夢担ぎ!家族経営ジム[DREAM]とは?

2018.01.09

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です