庄野数馬アナの就業規則違反とは離婚した嫁が原因?子供もいるのに怪文書を誰が送るの?

スポンサーリンク

テレビ大阪が20日限りで、庄野数馬アナウンサー(31)のがMCを務める「ニュースリアルKANSAI」(月~木曜後5・15)、「金曜報道スペシャル」(金曜後17・15)両番組の降板を発表。

テレビ大阪によれば、この日午後、在阪の報道各社に役員1人と庄野数馬アナが就業規則違反により処分されるという内容の怪文書がFAX送信され、秘書広報部が就業規則違反の疑いがあると判断し、今回の決断に至ったという。

しかし、肝心な就業規則違反の内容については、報道されずマスコミの規制がかかっている。社によれば、「プライバシーに関わる問題を含んでいる可能性があるため、内容についてはお答えすることができません」」とのこと。プライバシーに関わる内容ともなれば、離婚した嫁とも関係があるのだろうか。

スポンサーリンク



庄野数馬アナウンサーとは?離婚した元嫁は?子供はいるの?

庄野数馬(しょうの かずま)アナは、1986年10月21日生まれ、京都府長岡京市の出身の31歳。

洛南高等学校から立教大学社会学部へ進学し、大学在学中の2007年には、ミスター立教コンテストで準グランプリに選ばれた正統派イケメンである。

大学卒業後の2010年に山口放送でアナウンサーを経験。2011年には、NNSアナウンス大賞で西日本ブロック新人賞を受賞。さらに、そこで5歳年上の嫁さんと結婚した。2015年4月にテレビ大阪に移り、現在3年目のキャスターを勤めていた。

「子供もいるので、親の目線でもニュースを伝えられると思う」

(引用元:日刊スポーツ

とアピールを続けていたが、ここに来て怪文書を送られるとは、思っても見なかっただろう。

(参考元:ウィキペディア)

スポンサーリンク



怪文書の送り主は誰?「金曜報道スペシャル」のキャスター枠は長谷川豊氏から引き継いだものだが

「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」(昨年9月19日付)

というタイトルのブログ記事を掲載したのは、
現在日本維新の会千葉県第1選挙区支部長を務める長谷川豊氏(42)である。

実は、「金曜報道スペシャル」のキャスター枠は、
その後の騒動で今年3月に降板した長谷川豊元キャスターから引き継いだもの。

(出典元:公式ツイッターより@y___hasegawa

長谷川豊氏は、2010年9月にNY支局に勤務し、帰国後の2013年にはフリーアナウンサーに転向。

大阪で担当した番組で、日本維新の会の橋下前代表や松井一郎現代表に出会う中で、いつしか日本維新の会のまっすぐな改革の姿勢にひかれ2017年2月日本維新の会の千葉県第1選挙区の支部長に就任。

もし、怪文書を送るようなことがあれば、一番怪しまれるのは、彼であるが。

大の大人がそんな骨肉の争いをするだろうか。

一体、誰がどのような目的で、就業規則違反を社に訴えるのだろうか。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください