東京・葛飾の集団赤痢:幼稚園どこ?目黒・保育園も!症状や感染経路は

東京都によると、葛飾区の幼稚園で、園児11人が赤痢に感染していたと発表。さらに、目黒区の保育園でも。どこの幼稚園なの?感染経路や赤痢の症状は軽い?

スポンサーリンク




東京・葛飾の集団赤痢:幼稚園どこ?目黒・保育園も!

報道では、どこの幼稚園かは報道されていませんね。

京都によりますと、先月18日、葛飾区内の幼稚園に通う4歳の男の子が下痢などの症状を訴えたため、病院を受診したところ、赤痢と診断されたことがわかりました。その後、4日までに、3歳から6歳の11人の園児が細菌性の赤痢に感染し、下痢や腹痛などの症状を訴えましたが、いずれも軽症だということです。TBS系(JNN)

東京都のホームページを見ても、

○ 葛飾区内の幼稚園に通う園児が下痢、血便等を呈し、受診の結果、11月26日(月曜日)に細菌性赤痢と診断され、同日医療機関より葛飾区保健所に発生届が提出されました。

○ 同保健所は11月27日(火曜日)、同園を訪問し、調査及び衛生指導を行いました。また、園児及び職員、園児の家族を対象に健康調査を行っています。

○ 12月4日(火曜日)現在、細菌性赤痢の発症者は11名、全て園児で発症者に重症者は確認されておりません。検出された菌は全てソンネ菌でした。

○ 同園で提供された給食から赤痢菌は検出されず、給食を原因とする食中毒の可能性は否定されています。

引用:東京都

とのみ記述されています。

スポンサーリンク




また、目黒区でも最新の情報によると、

「保育園の園児の保護者1名の細菌性赤痢の発生届が新たに提出され、11月5日15時時点で、感染者の合計は36名(園児28名、職員4名、保護者4名)となりました。」

引用:目黒区

と報告。

しかし、それ以上の報道はありません。

ネットの掲示板やツイッターなどを検索しましたが、どこかというは、情報がありませんでした!さらに、拡大が進めば、さすがに、休館という措置も取られると思いますので、報道はするのかなと思います。近くにお住いの方は心配ですよね。

対応策は?

  • 幼稚園は4日午後から閉園し、保健所はすべての園児を対象に検便を実施
  • 園内の消毒方法などについて指導

などの対応をとっているようです


 

症状や感染経路は

感染の経路はわかっていないそうですが、給食からは赤痢菌は検出されなかったため、園児同士の接触や不十分なトイレの処理などが原因と見られるとのこと。

主な症状は発熱、腹痛、下痢 などです。潜伏期間は 1~5 日(通常 1~3 日)とされています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください