高橋ジョージの現在とモラハラ内容に新事実!三船美佳だけが知る”高校生の時から束縛はあった”?!

SPONSORED LINK



今夜、歌手の高橋ジョージが、TBSの医療バラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」に出演。娘に捧げる新曲「ロード〜第十四章」を披露すると共に、三船美佳との離婚後、調停が近づくと”耳鳴り”がする他、離婚後は、荒れきった生活を送っていたことなど現在について激白。高橋ジョージと三船美佳は、三船美佳が16歳、1988年に結婚。その後も、芸能界きっての”おしどり夫婦”として有名だった。しかし、高橋ジョージの三船美佳に対する”モラハラ”が原因で、2016年3月に離婚。モラハラの内容は、これまで”外出禁止令”や”人格否定”、”露出の多い衣装禁止”などと表向きには報道されてきた。しかし、実際には、それだけじゃなかった?!三船美佳は、当時高校生だった結婚当初から執拗に束縛を受けていたことが判明。なお、高橋ジョージは、モラハラについて弁明しており、真相は定かではないが。もし、これが本当だったら、モラハラの実態は、モラハラの域を超えていると予想できる。

スポンサーリンク



高橋ジョージと三船美佳は、芸能界きっての「おしどり夫婦」と呼ばれていた。

その年の差は、24歳。

まずは、そもそもの出会い・慣れそめから、突如として離婚するまでに、一体どのような経緯があったのか見ていきたい。

高橋ジョージと三船美佳の馴れ初めと「おしどり夫婦」と呼ばれた日々が一変するまでの経緯

◆三船美佳と高橋ジョージの馴れ初め

1986年 、二人の出会いは高橋ジョージがボーカルを務める音楽バンド「THE虎舞竜」のライブにて。当時14歳だった三船美佳はTHE虎舞竜の大ファンでライブに行った時に高橋ジョージの楽屋に足を運び、高橋ジョージが三船美佳に一目惚れ。結婚を前提にした交際に発展。

◆三船美佳と高橋ジョージの結婚

1998年、三船美佳が16歳の誕生日(=法律的に結婚できる年齢)を迎えた9月12日に、二人は結婚。2007年にナイスカップル大賞、2011年には、仲の良い夫婦に贈られる「『いい夫婦の日』パートナー・オブ・ザ・イヤー 2011」を受賞するなどして、「おしどり夫婦」として知られていた。表彰式と挙式の終了後、報道陣の取材に応じた2人。「夫婦円満の秘けつ」について訊ねられると、「人は向き合うと相手のアダを探してしまいます。」ゆえに、あまり”向き合わないこと”だと答えていた。

しかし、そんな仲の良い二人が「離婚調停の末、決裂、離婚へ。」との話題が広がったのは2015年1月のこと。

◆三船美佳と高橋ジョージの離婚

当時の報道によれば、2013年の年末頃から、二人は別居。当時10歳の1人娘とともに、三船美佳は、母親で女優の喜多川美佳(66)と3人で大阪のウイークリーマンションへ移ったという。

そして、5年後の2016年3月に離婚。

原因は高橋ジョージの「モラハラ」と言われている。
(参考元:スポニチ

果たして、その内容とは、いかなるものだったのか。

◆高橋ジョージのモラハラ、原因は三船美佳の母親にある?
こちらの記事で詳しく書いています。

高橋ジョージと三船美佳の離婚ロードを描いた母親の存在とは?モラハラは正しかったのか?

2017.12.11

高橋ジョージのモラハラとは?表の報道は、”外出禁止令”&”人格否定”など

◆高橋ジョージのモラハラの数々、その内容とは?

高橋ジョージのモラハラ内容(表の報道)
・「給料を高橋ジョージが管理し、小遣い制だった」
・「三船美佳に、露出の多い服を着てはいけないと禁止」
・「高橋ジョージの在宅時は、三船美佳の外出禁止」

さらに、

「お前は人間としての価値もない」「生きていく資格もない」「お前が生きているのは、オレのおかげ」

といった、言葉によるモラハラを受けていたことも三船美佳の友人の証言から明らかになっている。友人によれば、

「美佳さんが仕事を終えて帰宅すると、高橋さんから長時間、人格を否定されるような言葉を浴び、それが耳元で大きな声の時もあったようです」

とのことで、長い時間、そして仕事帰りの疲労している時間帯にそのような行動に打って出ていたことが判明。
(参考・引用元:スポニチ

これが、表向きの報道内容だが、一方で、週刊誌が報じた内容は下記の通り。

高橋ジョージのモラハラには、裏の報道もあった?!三船美佳が高校生の時からそれはあった!

◆実は、二人が結婚した当初から束縛はあった。

高橋ジョージのモラハラ内容(裏の報道)

・三船美佳が当時16歳、高校生だった時、高橋ジョージは彼女が放課後に友人と遊ぶことを禁止。さらに、部活動も禁止。卒業式のダンスパーティーなどもってのほか。

さらに、

・1日のスケジュールを全て高橋ジョージに報告をする。三船美佳のママ友によれば、

「例えばママ友とランチをするにしても、どこで誰と何時までいるとか、何時に帰宅するとか、全部伝えなければいけないそうです。ある日、ママ友仲間でランチをしているとき、相手の名前や店名をご主人にメールしている彼女を見て、友人の一人が“普通、そんなこと旦那に報告しないよ?”って言ったら、“え? そうなの?”って彼女は驚いていました」

と、束縛に慣れすぎた三船美佳が疑問を宿していることがわかる。

さらにさらに、

・「露出の多い服を着てはいけないと禁止」した件について三船美佳の知人によれば、

「三船さんは胸が大きいこともあって、薄着になると胸もとが強調されてしまうんです。高橋さんはそれを嫌がっていて、“そんなに胸もとが開いた服を着なくてもいいだろ”とダメ出しをすることがよくあったそうです。当然、ナマ足を露出する衣装も、もってのほかで、“別にジャージーでいいじゃん”などと冗談っぽく言うこともあったみたいですよ」

と、衣装にダメだしをして、ジャージを推奨。他にも共演者との絡みもチェックし、色目を使っているように見えると、「チャラチャラするな!」と指導までしていたとか。

(参考・引用元:NEWSポストセブン)

高橋ジョージは、モラハラ報道について、否定はしていないが、弁明!

◆高橋ジョージはモラハラ報道を弁明

モラハラ報道を弁明
離婚騒動の外堀が覚めた2017年2月、高橋ジョージはフジテレビ系「モシモノふたり」に出演。その際、他の出演者から、モラハラ報道について「モラハラって何があったんですか?」と問われると、

「裁判やったから、テレビでこういうこというと片一方だけの意見になっちゃう」

と前置きしながら、

・「給料を高橋ジョージが管理し小遣い制だった」との報道について
→「2人とも給料制だったから、まあまあなお金を持っていた」

・露出の多い服を着てはいけないとの報道について
→「写真集を出している。セミヌードみたいな。それだったら(その仕事を)させていない」

と、モラハラの言動については、報道された内容と、実態は異なっていると弁明している。

(参考元:スポーツ報知

◆高橋ジョージのモラハラ、原因は三船美佳の母親にある?
こちらの記事で詳しく書いています。

高橋ジョージと三船美佳の離婚ロードを描いた母親の存在とは?モラハラは正しかったのか?

2017.12.11

スポンサーリンク



高橋ジョージと三船美佳のプロフィール

▼高橋ジョージのプロフィール
・芸名:高橋 ジョージ(たかはし ジョージ)
・本名:高橋 恭司(たかはし きょうじ)
・生年月日:1958年8月13日
・年齢:59歳
・出身:宮城県 若柳町
・職業:音楽バンド 『THE 虎舞竜』のボーカル
(参考:ウィキペディア

▼三船美佳のプロフィール
・本名:三船 美佳(みふね みか)
・生年月日:1982年9月12日
・年齢:35歳
・出身:東京都
・職業:女優
・両親:三船 敏郎、 喜多川美佳

◆高橋ジョージのモラハラ、原因は三船美佳の母親にある?
こちらの記事で詳しく書いています。

高橋ジョージと三船美佳の離婚ロードを描いた母親の存在とは?モラハラは正しかったのか?

2017.12.11

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です