8月15日に乳がんのため亡くなった漫画家のさくらももこさんの「ありがとうの会」が行われました。「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマを担当した歌手の桑田佳祐さんが献歌「100万年の幸せ!!」(動画あり)TARAKOさんが弔辞を述べました。

スポンサーリンク




TARAKOさん弔辞を全文 文字起こし

日本人女性の12人に1人がかかるといわれる乳がん。

最近では、小林麻央さんが乳がんのために34歳で死去。また、最近では、元SKE48の矢方美紀(やかた みき)さんが手術で左乳房全摘出とリンパ節切除を行ったことを報告。

死去につながる重大な病気であることがわかりますが、さくらももこさんは一切、このことを公にしておらず、53歳という突然の訃報報道が入ったのは、今年の8月のことでした。

ちょうど、3ヶ月前のことだったんですね。11月16日、さくらももこさんの「ありがとうの会」が都内で行われ、まる子の声を担当した声優のTARAKOさんが、弔辞にあたる「ありがとうの言葉」をかけました。

まる子の声優を担当してきTARAKOさん。

スポンサーリンク




弔辞の文字おこしTARAKOさん

私の人生の半分は”まる子”ですね。歳がばれますけどね。

本当に 何のお礼も 何のお礼も 何のお礼もできなかったのが、もう本当に。

だからそのぶんこれからは、みんなで頑張って、ももこ先生の世界をつないでいくことが。私たちの使命と言うか、やりたいことと言うか、本当に、本当に、ももこ先生いなかったら、

私、本当に人生変わったので、お仕事でよそのホテルに行っても

3000円のマッサージも頼めないような、そんな結構辛い人生をしていたんです。

”まる子”が売れるまでは、本当にずっとバイトしていたし、

声優デビューしてもバイトをしていたし、貧乏はお得意だったんですけど。

本当にもう、まる子ちゃんの声と似ていて幸せでした。

まる子ちゃんのおかげで、私は顔を出す仕事もいっぱいいただきました。

街で信号とかを待っているとネギとか入った買い物袋を抱えたおばさんから、ポンポンと肩を叩かれて「ちょっとちょっと、さくらももこさんだよね」「いえ、違います。本当に違うので一掃しました」

スポンサーリンク




一番凄かったのはタクシーに乗った時に、運転手さんが途中で「お孫さんおめでとうございます」って言われてその時まだ結婚もしてないのに、なんだろうこれはと思ったら「頑張ってください。いるかさん」って言われました。

それぐらい私たち3人は声が似ていたんです本当に何か似てるって、

こんなに幸せで嬉しくてありがたくて、なんか”ぐっ”とくるもんだなってことも、

ももこちゃんが教えてくれました。

私はプライベートのももこちゃんをあまり知らないので、

この人が一番知っているんじゃないかって人に改めて挨拶を

すると、もも子になりきるTARAKOさん。

 

3年4組さくらももこ大人になったあたしへ

まずは何をおいてもこれだね。よくぞ夢を叶えてくれました。あんた本当に偉いよ、おめでとう。

大人になって天使になったあたしへ

そっちはどうだい?いやいやきっとまだ、こっちで今日は絶対この辺でうろうろしてるよね。

桑田佳祐さんがいるけどしがみついちゃだめだよ。

一緒に歌うんだろうな。

大きな声で踊りながら。

私は昔あんたのせいでずっとこの歌が頭にあったから、一節歌うよ

「かわいそうだよ〜ズボンのおなら、右と左に泣き別れ〜三日三晩うなされたよ〜」

最後に大人になって天使になって天国へ行くあたしへ。

そっちでもたまに”まる子”書いてよね。

”こじこじ”や”永沢”や”ちびしかく”でもいいから。

ずっとずっとどこにいても書き続けてください生まれ変わっても、きっとずっと私はちっちゃくて丸くておちょこちょいでプリンが好きで。百恵ちゃんが好きで、漫画が大好きなさくらももこです。

またね

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください