ドラマ「黄昏流星群」ロケ地 スイスは長野!あらすじ/原作漫画が禁断すぎてヤバい!

フジテレビ木曜劇場『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』が10月11日(木)22時からスタート☆ここではロケ地を紹介していきたいと思います。

撮影も始まり、佐々木蔵之介さんはオリジナルTシャツ、中山美穂さんはペットボトルホルダーを差し入れするなど、ドラマスタッフ陣も楽しそうに撮影しているみたいですね!

残念ながら今のところはエキストラの募集はしていませんが、ロケ地ではそんな撮影風景が見れるかも…??

スポンサーリンク




千葉県鋸山(のこぎりやま)|ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』ロケ地

まず、はじめにロケ地としてご紹介したいのは、千葉県の鋸山。

鋸山(のこぎりやま)は、房総半島の南部、千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する山で 標高は329.4m。

房総丘陵の一部分を占め、内陸部よりも海岸線(東京湾)に近く、山は凝灰岩から成り、建築などの資材として適しています。

そのため古くは房州石と呼ばれ、良質石材の産地として、江戸時代から盛んに採石が行われていました(石切場跡は現在も残存する)。

結果、露出した山肌の岩が鋸の歯状に見えることからこの名で呼ばれるようになりました。

ここでは佐々木蔵之介さんと、黒木瞳さんが撮影していたとのことですので、第1話のアルプスで会うシーンの撮影をしていたのではないでしょうか。

鋸山までのアクセスは、

  • 車では東京 → 川崎 → アクアライン → 木更津 → 鋸南保田、
  • 電車ではJR「東京」駅より内房線「浜金谷」駅もしくは「保田」駅下車

[出典:Googleマップ

東京都天王洲|ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』ロケ地

続いては、多くの方が、羽田空港を利用時に通ると思います。

天王洲アイルは、江戸時代に築かれた第4お台場をベースに開発された約20万平方メートルの島です。

東京湾ウォーターフロントの恵まれたロケーションを最大限に生かし、島を取り囲むボードウォーク(板張りの遊歩道)が憩いの場になっている他、複数の桟橋を備え、今後、東京エリアで盛んになる舟運の拠点として、羽田空港と都心をつなぐ交通の結節点として益々の活性化が期待されています。

オフィスを中心に、多彩なショップが集結。運河に沿った開放的なレストラン・カフェや天王洲銀河劇場を始めとするアートギャラリーやイベントスペースも充実。マルシェ・アートイベント・ロケ地としても活用され、東京の最先端スポットとして進化を続ける「島(アイル)」です。

東京モノレールと施設エレベーター付近がメインで撮影されていたようです。

スポンサーリンク




神奈川県横浜市汽車道|ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』ロケ地

さらに、横浜みなとみらい!

横浜みなとみらいの汽車道といえば、観覧車や赤レンガ倉庫も近くていい所ですね。

どんな場面で観られるか楽しみです。

 

View this post on Instagram

 

* おはようございます。 * お久しぶりです💦 * 皆さん覚えてますかね…😓 * 汽車道からの朝陽~🎵 あ、前に撮ったやつですが💦 やっと晴れましたね。 ここのところ寒い日が続いてましたが皆さん体調大丈夫ですかね💦 来週は暑くなるみたいですよ~ * 右側のアパホテルも少しずつ立ち上がってきましたね。 オープンしたら誰か僕と一緒にポイント………おっと🙊🙊🙊 * #yokohama#横浜#みなとみらい#汽車道 #からの#朝陽#朝日 #日の出#カコソラ #カコピク #前に撮ったやーつ #いつかのシリーズ #奥行き同盟 #tv_buildings #wms_structures #srs_buildings #structures_greatshots #japan_daytime_view #yokohamagram #myyokohama #sony #sonyrx100m3 #rx100m3 #コンデジ#morningglow

☆ウッチー☆さん(@914makochin)がシェアした投稿 –

スイスのロケ地は蓼科高原 ホテルハイジ(長野県)

スイス旅行先として撮影されたロケ地は長野県茅野市蓼科高原の「ホテルハイジ」のようです。

蓼科高原のホテル。白樺と樅の木に囲まれた3万坪の空間に、限られた小数のお客様をお迎えしており、客室から手付かずの自然を独占、ゆったりと上質な時を過ごことができるような、ドラマのスイスの雰囲気にもピッタリのような素敵なホテルのようです。

アクセスは、茅野駅→(バス35分、タクシー25分)→ホテルハイジ

スポンサーリンク




ドラマ『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』

ストーリーを追っていくと、どうやら、主人公である佐々木蔵之介の妻役を演じる中山美穂は弁護士・日野春輝演じる藤井流星と禁断の恋へ?

ドラマ関係者によると、「濡れ場が多めの台本をリクエストした」とのことで、『昼顔』を超える不倫、禁断愛で視聴者の心をつかめるのか、期待が持たれます。

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は勤続28年の銀行マン。懸命に勤めた甲斐あり、若葉銀行新宿支店長にまで上り詰め、自他共に認める出世頭だった。優秀ゆえ、部下の女性から熱い視線を送られることもあるが、完治は応えない。不倫は出世の致命傷になるし、興味がなかった。

妻の真璃子(中山美穂)もその点は完治を信用し、ずっと支え続けている。働き詰めの完治と時間をあまり共有出来ない真璃子の生きがいは娘、美咲(石川 恋)。その状態がもう20年以上続き、夫婦にはそれが日常になっていた。  そんな中、真璃子は美咲から、近々恋人の日野春輝(藤井流星)を紹介したいと言われ、ショックを受ける。自分から娘を取ったら何が残るのか、そしてこれから先どうすればいいのか…。

一方、最優秀店舗賞まで獲り、すぐにでも本店への昇進かという完治にも思わぬ出来事が起こる。出向を言い渡されてしまったのだ。派閥長の不祥事の巻き添えで自分は切られた、と知った完治は、街を彷徨い場末の居酒屋でボロボロに飲み潰れる。そんな完治は目の前のグラスの氷を見て、ふとあることを思いつき…。

数日後、完治の姿はスイスにあった。真璃子には出張だと嘘をつき、一人で来てしまった。しかし、生憎の悪天候でマッターホルンには登頂はもちろん見ることも出来ない。それでも完治はマッターホルンへのロープウェイに乗る。吹雪の中、自分一人だと思っていたゴンドラに日本人女性目黒 栞(黒木 瞳)が乗り込んできて…。

(隠喩:公式サイト

ドラマ 「黄昏流星群」原作紹介

ちなみに、原作は、弘兼憲史の人気コミックです。

全57巻の圧倒的ボリューム。本作は、濡れ場なしには描けないストーリー展開で、セカンドライフを生きる男女の、最後の恋を描いた作品として知られているようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

佐々木蔵乃介さん×中山美穂さん×黒木瞳さんという超大人の恋愛ドラマ「黄昏流星群」。

『昼顔』を超える不倫、禁断愛で視聴者の心をつかめるのか、期待ですね!

こちらでは、キャストについてご紹介しています。

ドラマ『黄昏流星群』あらすじとキャスト相関図!藤井流星の濡れ場があるらしい?

2018.09.19

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください