チームパシュートとは_ルールを解説|女子チームの戦歴と戦術!強豪オランダに負けないつよさの秘密って?

「チームパシュート」ってあまり聞きなれないですね。”チーム”ということは、個人ではなく団体戦ということは想像がつくのですが・・・そこで、今日は、「チームパシュート」とは何か、厳しすぎるルール、競技のポイントなどについて。また、もっとも金メダルに近いと言われる日本女子チームのこれまでの戦歴(過去世界大会で3戦連続で世界新記録を更新)、強豪オランダに引けを取らないつよさの秘密についてまとめました。

スポンサーリンク



スピードスケート女子チームパシュート(団体追い抜き)決勝の試合結果速報

速報
21日行われた、先ほど試合が終わりましたスピードスケート女子チームパシュート決勝。日本は五輪新記録の2分53秒89を記録し、金メダルを獲得!おめでとうございます。決勝で日本に敗れた前回王者のオランダが銀メダル。3位決定戦でカナダを下した米国が銅メダルを獲得しました。

女子チームパシュートの予選(準々勝)・決勝の放送局と放送日程(スケジュール)と、出場選手(メンバー)についてはこちらの記事で書いています。

チームパシュート 女子 予選・決勝日程|メンバー先頭の滑走順番と科学班で分析された戦略に金メダルが眠る!

2018.02.19

団体追い抜き(だんたいおいぬき)とも呼ばれるチームパシュートとは、どんな競技?

チームパシュートの由来

「チームパシュート」ってあまり聞きなれないですね。

”チーム”ということは、個人ではなく団体戦ということは想像がつくのですが・・・

「チームパシュート」は、スピードスケートだけではなく、自転車競技に由来し、スピードスケートに採用されたトラック競技の”競技形態そのもの”を指します。別名「団体追い抜き(だんたいおいぬき)」戦とも言われ、2006年のトリノオリンピックにおいて初めて正式種目となりました。

チームパシュート自転車競技とスピードスケートのちがい

自転車競技のルール
自転車競技のルールは、3人か4人からなる2チームがトラックを間隔をおいて規定の距離を走り、最終的に、先に規定距離に達するか、一方を抜き去ったチームが勝ちとなり、最後尾の選手の後輪がゴールラインに達した時点のタイムが記録となります。男子は4km、女子は3kmのトラックを走ります。
(引用元:パシュート スピードスケート ルール 追い抜き 3人
スピードスケートのルール
スピードスケートの場合は、1チーム3名編成で1試合2チームで行われ、途中で順番を交代しながら戦って、最後尾の選手のスケートのブレードの最後部がゴールラインに達した時点のタイムが記録となります。2チ―ム一線に並びスタートをするのではなく、それぞれのチームがコースの反対側に分かれて(メインストレートとバックストレートの中央)同じ方向へスタート。400mリンクを男子は8周(3,200m)、女子は6周(2,400m)走ります。(参考元:パシュート スピードスケート ルール 追い抜き 3人

チームパシュートの厳しすぎるルール

・追い抜かされた時点で失格
後ろのチームが前のチームを追い越した場合、追い抜かされたチームは失格となります。

・転んでゴールできないままだと失格

「3人目のブレードの最後尾がゴールした時点」が記録となるため、3人横一線に並んでゴールが基本。そのため、3人目がゴールしないとそのチームはレースを終えたと見なさないので、転んでゴールできないままだと失格とみなされます。

かなりハイスピードのレースなので、接触、転倒がつきものだと予想されます。実際に、2010年、バンクーバーオリンピック準決勝 ドイツ対アメリカ戦では、ドイツの大ベテラン、アンニ・フリージンガーがバランスを崩して失速。ゴール直前には転倒。腹ばいで滑りながらなんとか、ゴールします。負けたと思い悔しがるフリージンガーですが、結局アメリカには、0秒23差で勝利、決勝に進んだドイツは見事金メダルを獲得。

チームパシュートは、このようにルールがキビシイ!そのため、番狂わせがある競技とも言われます。

スポンサーリンク



チームパシュートの競技のポイント

競技のポイントは、3人が一糸乱れぬ隊列で、空気抵抗をいかに少なくし、ハイスピードを維持し続けることができるかどうか、にかかっています。


(出典元:ユーチューブ

そのため、各チームは縦一線に並び、先頭の選手を風よけにし後方の選手が体力を温存させる必要があります。これはマラソンと一緒ですね。

また、ルールには、”最低でもチーム全員が1周は先頭を走行しなくてはならない”とあり、3人か入れ替わりで先頭を務めることが必須です。

しかし、この先頭交代、交代1回につき0.2秒というタイムロスが発生するとも言われ、できるだけ交代の頻度を減らすことも必勝のコツなのだとか。

チームパシュート日本女子チームのこれまでの戦歴

実は、日本女子チームは、全競技の中で、もっとも金メダルに近いと言われています。これまでの戦歴をみれば一目瞭然なのですが、過去世界大会で3戦連続で世界新記録を更新。

・2010年バンクーバー五輪で銀メダル
・2017年11月10日ワールドカップ第一戦VSオランダ 優勝
・2017年12月3日ワールドカップ第二戦VSカナダ 優勝
・2017年12月9日ワールドカップ第四戦VSアメリカ 優勝

チームパシュート日本女子チームのつよさの秘密!強豪オランダに比べて…

ソチ五輪で金メダルをとった強豪オランダが、日本女子チームの最大のライバルとなる予感ですが、強豪オランダに比べて日本女子チームは、一糸乱れぬ隊列の作り方が注目されています。こうすることで、空気抵抗を最小限に抑えることに成功。実際に、2017年3月に行われたワールドカップ最終戦ノルウェー大会で、日本はオランダを下しています。

競技模様は、こちらの動画でご覧いただけます。

これらのつよさの秘密は、スケート連盟科学班により、映像解析と分析。カーブの膨らみから、カーブのタイミングまで緻密に計算されているそうです。

日本女子チームパシュートは、科学班により分析された戦略で金メダルを狙う!

そもそも、個人種目に主眼が置かれるスピードスケート、団体戦への意識が乏しいうえ、選手の所属先もバラバラで、チーム全体の練習時間というのは、物理的に困難という経緯があったようです。

そこで、日本スケート連盟は、2014年にナショナルチームを発足させ、年間300日に及ぶ合宿を実施。

昨季から長野市のエムウェーブの天井にはリンク全体をとらえるカメラが28台設置され、日本スケート連盟科学班が、その映像を解析・分析することで、カーブの膨らみの大きさや膨らむタイミングまでを緻密に計算してきました。

菊池彩花選手は、「何度も映像を見ながら、合宿で戦略を練ってきた。先頭交代を一番意識して、どのタイミングで(コースを)膨らんだらいいのか、体で感覚を覚えてきた」と話します。
(引用元:スケート女子団体追い抜き、培った団結力 いざ

また、選手は豊富な練習量の中で、互いの滑りの特徴やリズムを知り尽くすことで、後ろの選手の空気抵抗がおはばに減るとされる隊列幅40センチの範囲内で、収める滑走技術を持つことに成功。

見事、金メダルにこぎつけました!!

女子チームパシュートの予選(準々勝)・決勝の放送局と放送日程(スケジュール)と、出場選手(メンバー)についてはこちらの記事で書いています。

チームパシュート 女子 予選・決勝日程|メンバー先頭の滑走順番と科学班で分析された戦略に金メダルが眠る!

2018.02.19

こちらの記事も書いています。

スポンサーリンク



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です