岡潔が原作ドラマ「天才を育てた女房」数学人生の中に家族愛を描く実話。キャストやあらすじ、感想は日本版「博士と彼女のセオリー」

金曜ロードショー、特別企画 読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」は【放送日程】2月23日(金)21時~【放送局】日本テレビ系にて放送。この物語のあらすじは、「多変数函数論研究」の第一人者、1960年、文化勲章受章を受賞した大阪生まれの天才数学者_岡潔(おか きよし)。彼の人生こそが原作となる。彼は、天才が故、誰からも理解されることのない、そんな苦悩と挫折を乗り越え、世界から評価を得るようになるまでの岡潔との人生・実話がドラマに。岡潔を演じるのは佐々木蔵之介。そして、彼を支えた妻・岡みちに天海祐希をキャストに迎え、夫婦の波瀾万丈のヒューマンストーリーを描いている。より詳しいあらすじと、キャストについてまとめました。

スポンサーリンク



「天才を育てた女房」のああらすじ

今回のスペシャルドラマ「天才を育てた女房」、副タイトルは、「~世界が認めた数学者と妻の愛~」である。

主人公の岡潔は、1960年、文化勲章受章を受賞することになり、世界から評価されるようになるのだが。それまでの道のりは長く、周りからみれば理解しがたいものだったという。みんなからは「きちがい博士」と言われていた岡潔。その生涯は、苦悩と挫折に満ちていた。


(出典元:文化勲章受章者 世界的数学者「岡 潔」数学に対する熱意と偉業、情緒という日本人の心の大切さを未来に引き継ごう

しかし、彼を支えた妻・岡みちの協力もあり、未解決の問題を解決に成功。紀州和歌山の山村で生まれ「きちがい博士」と言われた子供時代。その才能は、この頃か引けを取っており、のちに京都帝国大学、フランス留学を経験。文化勲章を受賞した当時は、奈良女子大学の教授を勤めていた。

その名誉とは裏腹に、世間には疎く六畳二間の賃家で、質素な暮らし。身なりに気にかけず、晴れでもゴム長靴を好み、ヨレヨレのスーツに、ネクタイはしない。研究一筋、研究三昧。そんな彼の生き様と、彼にふり回されながらも、妻として夫を信じぬいた1人の女性、岡みち。副タイトルは、「~世界が認めた数学者と妻の愛~」にもあるように、本作品では岡潔とその妻・岡みちの夫婦が、前向きに、ひたむきに、数々の苦難を乗り越えていくまっすぐな愛二人三脚・波乱万丈の人生を描いた作品。

この、作品のあらすじを見た時に、ある映画作品と内容が似ていると感じました。

『博士と彼女のセオリー』と被る

それは、エディ・レッド・メイン主役『博士と彼女のセオリー』(2014年)▼予告動画はこちら。


理論物理学者のホーキング博士はみなさんご存知でしょう。

ブラックホールについて研究した第一人者です。

彼もまた天才が故、誰からも理解されずに、むしろ煙たがられていた孤独なケンブリッジ大学の院生。ある日、パーティーで出会ったジェーン(のちの妻となる人物)に恋をし、互いに惹かれているが、ある時ホーキング博士は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命は2年と言われてしまう。病気後は、次第に体も衰えていき、歩けなくなり、食事も話すこともままならない。身体も不自由で、コミュニケーションも取れないけれど、それでも彼は研究がしたくてしょうがない。そんな彼を見捨てることなく、その思いを大事に支え看病し続けてきたのが、ジェーンでした。(のちに、看護師の女性と再婚している)

さて、日本数学界の天才は、どのような人物だったのか。

岡潔のプロフィール|生い立ちや経歴

岡潔は、明治34年(1901年)4月19日、大阪市東区島町に生まれた。父祖の地は和歌山県の山村で和歌山県伊都郡紀見村=現在の橋本市。和歌山県の紀見峠の坂を登り、頂上付近にたどり着くと、和歌山県の大阪府の県境付近に「岡潔生誕の地」の石碑が立っています。

岡潔のプロフィール|岡潔の研究内容と生涯の課題

岡潔は、「多変数函数論研究」の第一人者で、自ら「問題F」と名付けた「境界問題」に取り組んだことで知られています。数学的なことは私は詳しく書けないのですが、彼の理論がなければ現在の数学は成り立たないと言われるほどの研究成果をあげ、1960年の文化勲章受章など数々の受賞歴を持ちます。


(出典元:文化勲章受章者 世界的数学者「岡 潔」数学に対する熱意と偉業、情緒という日本人の心の大切さを未来に引き継ごう

なお、この問題について「境界問題はきっと解ける」「境界問題は可能性を持つ」、一方で「問題Fはやはり大変な問題である」「問題Fはあまりはっきりしない」と頭を抱えていたことが、彼の日記からわかりまが、この研究に費やした時間は40年、論文は11作品にも及ぶと言います。(参考元:岩波新書『岡潔 数学の詩人』より)

そんな岡潔の人生、生い立ち、経歴、結婚、家族については、詳しくは以下の記事で書いています。

岡潔の娘は数学が苦手と云う逸話。そんな子供に贈った名言に涙…嫁や家族と歩んだ数奇な人生が今宵ドラマに。

2018.02.23

岡潔 数学の天才は精神病を患い逮捕?逸話と名言の数々残る「数学の思想家」結婚・家族、生い立ち・経歴について。

2018.02.23

スポンサーリンク



「天才を育てた女房」のキャスト|岡潔を演じるのは佐々木蔵之介、岡みちに天海祐希

岡潔を演じるのは佐々木蔵之介。そして、彼を支えた妻・岡みちに天海祐希をキャストに迎え、本作品を盛り上げるキャスト陣はこちら。

■岡潔:佐々木蔵之介
「多変数函数論研究」の第一人者、1960年、文化勲章受章を受賞した大阪生まれの天才数学者。

■岡みち:天海祐希
岡潔の妻。夫を信じぬいた1人の女性。数学に取り組む潔の純粋さを理解し、前向きに、ひたむきに、数々の苦難を乗り越えていく。

■秋月康夫: 生瀬勝久
京都大学で岡潔の学友。潔の親友と呼べる数少ない人間で、潔の天才的な数学の才能を早くから認め、みちとともに潔を支えた。

■木下則雅: 立川談春
京都大学・数学科教授。潔の数学的発見をなかなか認めなかったが、潔の業績が世界に認められるきっかけをつくる。

■阪田三吉:笹野高史
明治から昭和初期にかけて活躍した天才的将棋士。晩年は目が悪く、北村眼科に通っていた。

■岡寛治:寺田農
潔の父。潔に期待し、金銭面での援助も惜しまなかった。

■小山玄松:渡辺哲
みちの父。みちと潔の結婚に不安を抱いていた。

■北村純一郎:内場勝則
みよしの夫。北村眼科医院を開業。

■北村みよし:萬田久子
みちの姉。北村眼科医院を開業している北村純一郎の妻として、眼科で働く。ざっくばらんな性格で、みちの相談相手でもある。

■阪田コユウ:泉ピン子
天才棋士・阪田三吉の妻。貧しい生活ながら夫の三吉を支えた。

(引用元:天海祐希×佐々木蔵之介「天才を育てた女房」に生瀬勝久&泉ピン子ら豪華キャスト決定

金曜ロードショー、特別企画 読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」は【放送日程】2月23日(金)21時~【放送局】日本テレビ系にて放送予定です。岡潔の人生、生い立ち、経歴、結婚、家族については、詳しくは以下の記事で書いています。

岡潔の娘は数学が苦手と云う逸話。そんな子供に贈った名言に涙…嫁や家族と歩んだ数奇な人生が今宵ドラマに。

2018.02.23

岡潔 数学の天才は精神病を患い逮捕?逸話と名言の数々残る「数学の思想家」結婚・家族、生い立ち・経歴について。

2018.02.23



スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 歴史探偵の気分になれるウェブ小説「北円堂の秘密」を知ってますか。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、小一時間で読めます。その1からラストまで無料です。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレに最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。

    北円堂を知らない方が多いですね。
    岡潔が後半生を暮らした奈良が舞台の小説です。

  • 何回秋月康夫出てくんねん
    >■秋月康夫: 生瀬勝久
    >■秋月康夫: 生瀬勝久
    >■木下則雅: 立川談春
    >■秋月康夫: 生瀬勝久
    >■木下則雅: 立川談春

  • 歴史探偵の気分になれるウェブ小説「北円堂の秘密」を知ってますか。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、小一時間で読めます。その1からラストまで無料です。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレに最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。 北円堂を知らない方が多いですね。 岡潔が後半生を暮らした奈良が舞台の小説です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください