トドメのパラレル(動画)ネタバレ第2話のあらすじと感想|えっ、美尊と和馬が…?!

日テレ系日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」は原作なしのオリジナルドラマ。あらすじは、主人公の堂島旺太郎(山崎賢人)が“キスで殺す女”によって襲われる度、時間をループしてしまう。『トドメのパラレル』は、旺太郎の“死後の世界”が描かれている。ただし、『トドメのパラレル』は、会員登録が必要な有料動画配信サービスHuluの限定公開のため、今回は、非会員の傾けに、『トドメのパラレル』第2話のあらすじと感想をネタバレしちゃいます。えっ、美尊も和馬も・・・まさかの展開で和馬ファンとしては少しショックを受けてしまいました。

スポンサーリンク



▼『トドメの接吻(キス)』第2話のあらすじと結末ネタバレ

並樹乗馬倶楽部の初乗り会の日。

個人資産100億の女・美尊 (新木優子) に近づく為、旺太郎 (山﨑賢人) は、「狙われている」ことを心配しボディガードを買って出た和馬 (志尊淳)と並樹乗馬倶楽部の初乗り会に潜入した。

長谷部はせべ(佐野勇斗)や布袋ほてい(宮沢氷魚)から煙たがられながらも美尊の気を引こうとする旺太郎は、真凛まりん(唐田えりか)や他の部員たちが美尊に遠慮して本音を言えない中、間違いを諌め叱ってくれる尊氏たかうじ(新田真剣佑)を美尊が慕っている様子を見る。

そして、旺太郎が和馬を残し、馬場に一人きりでいる美尊と二人きりになるチャンスだと話していると、突如として立てかけてあった大量の鉄骨が旺太郎をめがけて倒れて来る。

鉄骨の下敷きになり身動きを取れないでいる旺太郎と美尊の前に、またしても現れたキス女 (門脇麦) は、「どいて」と、旺太郎をキスで殺害。

『トドメの接吻(キス)』本作品では、7日前に戻った旺太郎は、これから初乗り会で真凛の着物が汚れてしまうことや、他の部員も含め、美尊に本音を言えないことを知っている。美尊の兄・尊氏が美尊に叱る前に、みんながいる前で美尊を叱り、注目と信頼を集めることに成功した旺太郎が描かれる。

しかし、『トドメのパラレル』第2話では、その世界の時間が続いていた。

スポンサーリンク



▼『トドメのパラレル』第2話のネタバレと感想

鉄骨の下敷きになり身動きを取れないでいる旺太郎は、キス女 (門脇麦) に殺害された。
しかし、キス女 (門脇麦) もまた、その場で急死。
そして、美尊は何者かによって背後から襲われ頭を殴られその場に倒れた。

警察署内で、待機していた長谷部、布袋、真凛ら。
どうやら、和馬の姿が見えないことに、疑問を持ち始めていた頃、真凛(ミカ)の元へ、彼女がキャバ嬢として働く店の常連がやってきて、お金のために真凛がキャバ嬢として水商売をしていることが仲間にバレる。

「みんなと遊ぶことがどんなに大変かわかる?!」

真凛は逆ギレして、その場に泣き崩れる。そこへやってきた兄・尊氏は、美尊が軽い脳震盪を負っていたことや、彼女が狙われていることをみんなに話したが。

その矢先、地下駐車場で美尊は和馬の手によって殺害された。

『グサッ』

電話の受話器からは、兄・尊氏が美尊を呼び叫ぶ声だけが響き渡る。

和馬はその後、旺太郎と美尊の殺害の罪で逮捕されたが、

警察で全ての罪を自供したのち、拘置所内で、首吊り自殺。

そして、第3話へと続く。

まさかの展開で和馬ファンとしては少しショックを受けてしまいました。

▼『トドメのパラレル』とは?

『トドメのパラレル』は、主人公の堂島旺太郎(山崎賢人)がキス女(門脇麦)にキスをされて命を落とした後ループする“死後の世界”を描いたアナザーストーリー。毎週放送後に、公式動画配信サービスHuluのみで見ることができる。

■イントロダクション

俺はキスで殺される。
そして7日前に遡り生き返……らない、もう一つの世界が存在する――
主人公 旺太郎の“死後の物語”を描く『トドメのパラレル』。
旺太郎の遺体が残る“恐怖の現実世界”で繰り広げられる、
ゾクッとするような人間模様と、繰り返し待ち受けるバッドエンディング・・・。
そして新たに生まれる、本編の鍵を握る“謎”。

心ざわつく“もう一つの物語”が、ついに幕を開ける!

■Huluとは

人気映画やドラマ40,000本が見放題の
オンライン動画配信サービス。

スマホやPC、タブレットで視聴可能。

全ての動画が見放題!(月額のみで利用できる)

月額933円(税抜)⇒初回2週間無料お試し期間あり。

Hulu2週間無料お試しはコチラからご覧いただけます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください