渡具知武豊名護市長の経歴と学歴,Facebookや政策は,家族(嫁や子ども)はいるのか?

任期満了に伴う名護市長選で、渡具知武豊(読み方は、とぐち たけとよ)氏(56)=自民、公明、維新推薦=が当選を確実にしました。
とよーの愛称で知られる渡具知武豊氏新名古屋市長ですが、学歴は第一経済大学を卒業し、1998年より名護市議会議員に初当選し、5期目を迎えるベテラン議員と言う経歴を持つ。フェイスブックやツイッターも開設し、情報発信を続ける。プライベートでは、すでに結婚しており、嫁さんとの間には、長男、長女、次女の3人の子どもに恵まれている。

スポンサーリンク



任期満了に伴う名護市長選で、渡具知武豊(読み方は、とぐち たけとよ)氏(56)=自民、公明、維新推薦=が当選を確実にしました。

渡具知武豊名護市長のプロフィール

渡具知武豊(とぐち たけとよ)氏は、
1961年8月12日沖縄県名護市許田生まれの56歳。

渡具知武豊名護市長のプロフィール|経歴と学歴

学歴は、
昭和52年名護市立瀬喜田中学校(現・名護市立東江中学校)で、軟式テニス2年連続県大会優勝を誇り、
昭和55年沖縄県立名護高等学校では、応援団長を務めたことがある。
昭和60年高校卒業後は、第一経済大学(福岡県の私立大学)を卒業。

その後の経歴は、
平成7年商工会青年部副部長

平成10年名護市議会議員初当選

平成14年軍事基地等対策特別委員会委員長(2期目)
→アメリカ国防総省主催研修派遣で6州を訪問。

・瀬喜田小学校 第24代PTA会長
・東江中学校 第10代PTA会長
・米国国防省主催研修派遣(6州渡る)

平成18年 経済建設常任委員会委員長(3期目)
・平成26年 5期目連続当選
・東江中学校評議員

渡具知武豊名護市長のプロフィール|フェイスブックとツイッター

渡具知武豊名護市長のFacebookフェイスブック

渡具知武豊名護市長のTwitterツイッター

渡具知武豊名護市長のプロフィール|家族はいるのか?

プライベートでは、すでに結婚しており、嫁さんとの間には、長男、長女、次女の3人の子どもに恵まれている。

とぐち武豊 後援会フェイスブックでは、小泉進次郎が応援演説を行っている。

渡具知武豊名護市長の政策

また、政策については大きく8つに分かれている。

◆普天間飛行場代替施設の移設

基地問題に関する基本的な考え方は、日米同盟の重要性は認識しつつも、米軍基地が極端に偏在していることは明らかであり、過重な米軍基地の負担軽減は多くの県民が等しく願うところである。従って、海兵隊の県外・国外への移転を求めます。 辺野古代替移設については、現在、国と県が係争中であり、この行方を注視していく。

◆子育て支援

市内公園への安心して遊べる遊具を整備
保育料、学校給食、教材費の無料化
及び修学旅行費用の負担軽減

◆観光リゾート関連施設の整備に取り組みます

21世紀の森公園及び宇茂佐海岸の
ロングビーチリゾートの形成

◆経済・産業振興のために
漁港の機能整備及び再開発
農畜産業の生産性向上名護ブランドの確立

◆医療福祉の整備拡充

スポンサーリンク



やんばるの基幹病院の設備促進
高齢者介護支援施設の整備拡充
北部看護学校の公立化

◆地域のくらしと環境


区行政に対する補助拡充
ビニールごみの一元化及び有料ごみ袋の半額ごみ分別を5分別に

◆教育・文化・スポーツが輝くために


中高一貫の進学校の設置
給付型奨学金制度の創設
国立自然史博物館の誘致

◆若者の集う街づくり


複合型エンターテイメントシティーを目指す
名護大通りの無料Wi-Fiの実現

若者に人気なのだろうか。
みんなの意見をまとめてみた

みんなの意見

選挙妨害とか基地反対派の道路閉鎖で一般人も迷惑しているし、注意すると嫌がらせと恫喝が待っている。
これで保守系が勝利したのでは?

浦添市民ですが、こんなにうれしいことはないです。
オール沖縄の陰に隠れていた、民意が表に出たということでしょう。

名護市民の賢明な判断だったと思います。

これだけ投票率が高ければ、住民の真意が明確になるのは当然でしょう。
今回の結果は当然だと思う。

これでやっと沖縄もまともになるかな

極めて順当な結果ですね。

(引用元:【速報】名護市長選:新人の渡具知氏が当確 自民、公明、維新推薦

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください