動画:Uru 主題歌ヒットの理由は・Youtuberからメジャーデビュー!カバー曲モンスター

2013年よりミュージシャンの楽曲のカバーしていた一人のYoutuberがUru(読み方は”ウル”)さんでした。そこから、2016年にメジャーデビュー。2018年10月放送開始のTBS系ドラマ「中学聖日記」の主題歌「プロローグ」は、同ドラマとの相乗効果で涙腺崩壊の視聴者が続出!動画配信サービスYoutubeでも彼女の歌う「プロローグ」をカバーするアーティストも多い。ヒットの理由は?

スポンサーリンク




Uruドラマ「中学聖日記」の主題歌「プロローグ」

「プロローグ」は、ドラマ「中学聖日記」の主題歌です。

ドラマは、教師と中学生の恋愛について切ない”禁断の恋”を描くストーリーで、来週11日(火)いよいよ放送10回(全11回)を迎えます。

かくいう筆者も、同ドラマのファンですが、切なシーンにこの曲が流れるたびに、まず、①流れるタイミングが絶妙であること②ドラマの主人公たちの気持ちを表現したような歌詞と切ない透き通った歌声に、胸が締め付けられるような気持ちになります。

SNSでも、「Uru さんの楽曲は 映画と切り離せない ドラマと切り離せない 一体なんでしょうね」「中学聖日記見るたびにきゅんきゅん」「学聖日記の主題歌ええ曲すぎてイきそう」「Uruさんの「プロローグ」って曲が良すぎていつも聞いてる!」といった声が多いですよね。

「プロローグ」生みの親は

プロデューサーは、米津玄師「Lemon」の大ヒットを生んだ新井順子さん。他にも『リバース』『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『結婚式の前日に』『Nのために』(TBS)など。ドラマタイトルを見れば納得という方も多いかもしれません。

スポンサーリンク




Uruとは?もともとはYoutuber

UruさんはもともとYouTubeでヒット曲をカバーしていたことで有名です。

個人的にも視聴したことがありますが、これは、誰が聞いても耳を引きます。そんな彼女に興味を持つ方も多いかもしれませんが、本名、所在地、年齢などは不明。これが彼女の魅力をさらに引き出しているのかも。

実は、有村架純さんとの共演は2度目で、2016年、Uruさんのメジャーデビュー曲となった「星の中の君」は、有村架純さんの主演映画「夏美のホタル」の主題歌に採用されています。

Uru「プロローグ」製作秘話・ヒットの理由

原作も脚本も読んだ後「もし私がこの主人公だったら」と考えながら作っていったと言うUruさん。

最初は、歌詞についてプロデューサー、演出家の方と何回かやりとりをして、心の揺れや葛藤、押し殺した部分を反映してほしいという提案から作りこんで行ったそうです。

プロデューサーの新井さんからは、意外にも「純愛を描きたい」という要望があり、自分自身も自分の気持ちのまま素直に動ける恋愛には恵まれていたという。

スポンサーリンク




「このドラマの場合は学校の先生と生徒っていう立場が問題なのであって。自分のなりたかった職業にやっと就いたのに、それを捨ててまでこの人選ぶのか。普通だったらありえないっていう常識から外れた部分で自分の心をどうやって消化していくのか。そういう葛藤があるんだろうなと思って。でも好きな気持ちは止められないという思い。自分自身も抑えてはいるけど出してしまうやっぱり自分は好きなんだって思っていくそういう心の変化を表したかった。」

と話しています。

歌詞の中には、「あなたと見る世界はいつでも綺麗だった」と言う部分がありますが、

これは

「一緒にいる時に見るものと、一人でいる時に見るものが表せたらいいなと思って。星は一人でいる時に見ているもので、最初は”残っている”だったのが”浮かべて” になったのは、自分の気持ちの持ちようで見え方が変わってきたということを表現したかった。」

と歌詞へのこだわりをインタビューでは話しています。

また、メロディー部分については、

「ちょっと技術的な話になってしまうかもしれないんですが……、Aメロやサビ前まではあまり口を大きく開けない歌詞と温度感をなくした歌い方で、誰にも聞かれたくない心の内を表現しました。そしてようやく行き場のない気持ちを吐き出した瞬間を、サビに込めています。サビの歌い出しも『あなたを探している』と口が大きく開くア行で始まることで、エモーションが高まっていくイメージですね」コンフィデンス

と、実は気持ちの動きをうまく捉え、流した曲調になっていることも明かしました。

https://twitter.com/Okadakun_fight/status/1070299437639987201

まとま

ヒットの理由は、「もし私がこの主人公だったら」と考えながらドラマの主人公たちの環境や葛藤を想像した歌詞、そして、曲調、あるいはUruさん自身の歌声なんかに理由があるようです。

12月5日には、ドラマ「コウノドリ 第2シリーズ」の主題歌「奇蹟」のセルフカバーや、中島美嘉の冬の名曲「雪の華」のカバーなどが収録されたシングルCDがリリースされています。

https://twitter.com/chugakusei_tbs/status/1070272008124956672

 

タイトル(英名):PROLOGUE 
曲目タイトル:

[Disc1]
  • 『プロローグ』/CD
  • アーティスト:Uru
  • 曲目タイトル:

 1.プロローグ[5:02] 2.PUZZLE[4:53] 3.雪の華[5:19] 4.奇蹟 (Self-cover ver.)[4:58] 5.プロローグ -instrumental-[5:02] 6.PUZLLE -instrumental-[4:51] [Disc2]

  • 『Uru Live 「monochrome~吹き沁む頬に熱いザフサス~」 2018.3.4 昭和女子大学人見記念講堂』/DVD
  • アーティスト:Uru
  • 曲目タイトル:

1.Sunny day hometown[-] 2.ハッピーエンド[-] 3.フリージア[-]

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください