ひまわり」で知られる画家のフィンセント・ファン・ゴッホの若かりし頃だと思われていた写真が、実は彼をずっと支え続けていた弟のテオだと判明したということです。画像を見てみると、まあ確かに似ているますが、ところで、どうして判明?

スポンサーリンク




ゴッホ写真【新事実!若い頃の画像は、弟テオだった!】

ゴッホの写真はこの世に2枚しかないと言われていますが、

うち、1枚は弟のテオだったことが判明しました!

▼左は13歳のゴッホ(フィンセント)と考えられていた写真。のちに15歳のテオと判明した。右は32歳当時のテオ。

©ハフポスト

肖像写真を撮られるのが嫌いだったとされるゴッホ、

スポンサーリンク




ゴッホ写真なぜこのタイミングで判明?

「いままでこの写真が他の誰かなんじゃないかという疑問は湧いてこなかった。この写真に写っている少年は、19歳のゴッホ(フィンセント)にとても良く似ていた。だから疑いの余地がなかった」

しかし、2014年オランダのテレビ番組で「ゴッホのものだといわれている2枚の写真は、同じ人物ではないのではないか」という特集が組まれ、ゴッホ美術館はアムステルダム大学に法医学調査を依頼し、この結論に至ったというのです。

なるほど、

テレビ番組の企画者もすごいですね。

スポンサーリンク




ゴッホとは?

ゴッホは1800年代後期のオランダの画家。

ゴッホやポール・ゴーギャン、ポール・セザンヌなどの「ポスト印象派」と呼ばれる画家たちは、

「絵画とは目に見える表面的な部分の描写ではなく、目に見えない内面の世界を描くことに真の価値がある」

という流派にあり、赤や緑、黄色などの強い色彩を反対色の配置で用いることにより、人間の喜びや悲しみといった激しい感情を表現した作品が多いといいます。

 

View this post on Instagram

 

#🖼 #postcard #myfave #picture #art #painting #🎨 #gogh #ゴッホ #The_starry_night #星月夜

PinkRoseさん(@pink_rose0217)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#ゴッホ #フィンセントファンゴッホ #ひまわり #オランダ出身の画家 #フランスで活躍

Moonさん(@mo.on9073)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください