ワールドトリガー ネタバレ 最新166話|画バレあり「玉狛第ー各部隊の秘策は!?ー」

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で2013年11号より連載中、葦原大介による『ワールドトリガー』 (WORLD TRIGGER) の最新・166話のネタバレを含む内容と感想についてご紹介。

スポンサーリンク




「玉狛第2(21)」|ワールドトリガー ネタバレ 166 最新話

©︎『週刊少年ジャンプ』11月5日号

【玉狛第二作戦室】

玉狛第2の修がメンバーに作戦を伝える。

修「まず第一に今回は過去2戦の勝ちパターン『ワイヤー陣』は狙わない」

理由としては
・今回のステージ、市街地DのMAPが狭くて建物が大きいからワイヤー陣を効果的に晴れる場所が少ない。
・敵部隊にそれぞれ狙撃手がいてワイヤー地帯の外から反撃を受ける可能性が高い。
・ワイヤー陣を敷いたとしても今回の相手は乗ってこないと推測。

今回の4部隊の中で、1番点が必要なのが玉狛第二であり、守り合いや隠れ合いになった時に攻めざるを得ないことを敵がわかっているためワイヤー陣に乗ってこない。

©︎『週刊少年ジャンプ』11月5日号

しかし今回からヒュースが参戦するため有利になる。
他の部隊にヒュースが「弧月使いの攻撃手」という情報しかないため、「孤月使い」のふりをして近づいて隠し玉の変化弾で奇襲をかける

修「ネタが割れてない一発目が勝負だ。必ず仕留めてくれ」

ヒュース「わかっている」

それ以外は基本通りで開幕から部隊の合流を目指す。空閑とヒュースのダブルエースで点を獲って三雲と千佳がワイヤーや鉛弾で援護する。

ただし建物の中が戦場になった場合は千佳に別行動をとってもらい建物内の戦闘が押され気味になった時に砲撃で戦況を変えてもらう。「隠れ合い」のなった時のために千佳とヒュースに炸裂弾を装備させる。

そして敵の出方に対応して動き、影浦隊との点差を詰めるという作戦。

【影浦隊作戦室】

ゾエさん「このMAPってやっぱ、モールに篭って狙撃手封じが狙いだよね?」

ユズル「ゾエさんの適当炸裂弾の対策でもあるんじゃない?」

影浦「べつになんの問題もねえ」
「建物中で斬り合いなら望むとこだぜ」

今回の市街地Dでは特に不利を感じない影浦隊。

狙撃手のユズルは、建物内での先頭になった場合でも中に入り影浦たちの援護に回る模様。銃手みたいな戦い方になることを不安に思うゾエさんと仁礼。

ユズル「玉狛はうちより1人多いんでしょ?外に出るのは鈴鳴の思う壺だし」
「オレだけ遊んでるわけにはいかないよ」

影浦「おもしれーじゃねえか。それでいこうぜ」

©︎『週刊少年ジャンプ』11月5日号

【東隊作戦室】

東隊作戦室でも、今回のMAPが狙撃手対策と考えるが
奥寺は疑問を感じる。

奥寺「鈴鳴のスタイルには合ってるけど、それだけで影浦隊とかに有利取れるか?」

小荒井「影浦隊より東さんを警戒してんじゃねーの?狙撃手の動き制限できるだけで充分だろ」

相手の出方を探るよりは、序盤のバタバタした時間帯に点を獲りにいくと小荒井は言うが、奥寺は小荒井とヒュースがぶつかった時に勝ち目がないと判断。連携で戦ったほうが勝算が高いと小荒井も納得。

東「特殊なステージにデータのない相手…..」

東は今回の試合には対応力が問われると判断。人数が多い部隊と戦うときにすることは?とメンバーに質問

小荒井「オペレーターの処理能力に圧力かける」

奥寺「情報を増やして“忙しく”させて、相手の連携に混乱と隙を作ります」

©︎『週刊少年ジャンプ』11月5日号

東は今回の試合で、2人の成長の段階を測る試合になるかもしれないと考える。

スポンサーリンク




【鈴鳴第一作戦室】

他の部隊が予測する通り、ショッピングモール内に戦闘を持ち込む作戦でいた。
しかしそれ以外にもなにか作戦がある模様。

来馬「太一じゃなきゃ思いつかない作戦だから、他の部隊も意表を突かれると思うよ」

しかし何度も通じる手ではないため、相手が慣れる前にそれだけダメージを与えられるかが鍵となる。その役目となるのが来馬と鋼。

©︎『週刊少年ジャンプ』11月5日号

時間となり全隊員の転送が開始され四つ巴の戦いが幕を開ける!

【感想】|ワールドトリガー ネタバレ 166 最新話

今回の試合は4つ巴で、各部隊がそれぞれの部隊を意識した戦いとなる為かなりの乱戦になる予感がします。

玉狛第二は今までの試合で、2回勝利に導いた「ワイヤー陣」を使わないのと、新メンバーのヒュースが加わるので新たな勝ちパターンが増えるのではないかと期待!!
純粋にヒュース単体でもどれだけの活躍を見せてくれるのかも気になるところ。

影浦隊の狙撃手・ユズルが銃手のような動きだったり
展開の読めない試合で、東隊の奥寺と小荒井がどう動くのかだったり
鈴鳴第一の意表をつく作戦だったり
他の部隊も今までにないことに挑戦しようとしてるので先の展開にハラハラします。

©︎『週刊少年ジャンプ』11月5日号

試合がはじまり各メンバーが転送されました。

ショッピングモール内にいる感じがするのが玉狛第二の千佳、影浦隊のゾエさん、鈴鳴第一の鋼。

早速、玉狛第二がピンチになってないか!?

ワールドトリガー最新刊18巻は、U-NEXTFODにて配信中。U-NEXTでは、無料登録時にもらえる600ポイントで、無料で読めてしまいます!U-NEXT、FODについて、詳しくは以下の記事で書いています。

最新167話については以下の記事で書いています。

ワールドトリガー ネタバレ 最新 167話|画バレあり「各隊集合!鈴鳴第一VS影浦隊」

2018.11.11

スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください