「オバケのQ太郎」「パーマン」「ど根性ガエル」「タイムボカン」シリーズ、「機動戦士ガンダム」「うる星やつら」などで知られる脚本家の山本優(やまもと ゆう)さんが死去されました。死因は?脚本家として経歴は?結婚してた?

スポンサーリンク




山本優 死去|死因は?

脚本家の山本優さんが25日に死去されたというのです。詳しい死因については、明らかになっていませんが、葬儀は、ご遺族ご近親の方々のみで行われたようです。続報月入り次第、お伝えします。

山本優プロフィール・結婚・経歴・作品・画像(写真)

「J9シリーズ」はもちろんですが、1980年代に様々なオリジナル作品でアニメ界を席巻してきた山本さん。シナリオの執筆は20話近くを終え、声優のオーディションをこなし、作曲にも関わっていたと言います。

山本 優(やまもと ゆう、1946年12月24日- 2018年11月25日)さんは、新潟県出身。脚本家、作詞家。法政大学中退し、1973年頃、プロの脚本家としてデビュー。

©FC2ブログ

1970年代は、タツノコプロ・日本アニメーション・葦プロダクションのテレビアニメ作品の脚本を多く手掛け、

1980年代前半には、国際映画社作品の脚本・シリーズ構成・ストーリー原案を多く担当。

『ジャングル黒べえ』、『オバケのQ太郎』や『パーマン』など、藤子不二雄原作作品の脚本を手がけたことで有名。

また、『機動戦士ガンダム』『うる星やつら』など多くのアニメ作品を手がけています。

結婚されていたのか、どうかという点もわかっていませんが、ご家族で葬儀が行われていたということですので、もしかしたら、ご結婚され、お子様もいらっしゃったのかもしれませんね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください