山根明会長なぜ日大客員教授の経歴?田中理事長と利害関係は暴力団?「奈良判定」と関係がある?

レスリング界、相撲界、アメフト界に続き、ボクシング界でまたもや組織絡みのニュースです。

助成金の不正流用や審判に圧力をかけたことで、
連盟関係者333人が集団告発に出ました。

告発されたのは、日本ボクシング連盟の山根明(やまねあきら)会長です。

類は共を呼ぶとはいったもので、
悪質タックル問題で時の人となった日大の田中理事長と握手をかわす山根明会長。
実は、2018年4月1日付で、日大の客員教授に就任していたというのです。

日大といえば、「奈良判定」の岩手側選手は日大の佐々木選手だったのですが、
このことと関係が?田中理事長とはどんな利害関係が?

山根明ボクシング会長の家族・WIKI経歴

リオオリンピックに出場する成松大介選手を含む3人の選手に、助成金240万円を不正流用したり、
審判に圧力をかけたなどの疑いがもたれている日本ボクシング連盟の山根明会長。

詳しい経歴とプロフィールについては、
以下の記事で書いています。

山根明会長WIKIボクシング経歴なし?家族(息子,娘)調査!孫婿・鈴木のセクハラ疑惑が浮上。

2018.08.01

山根明会長なぜ日大客員教授へ?田中理事長とはどんな利害関係が?

こちらの写真は、2015年2月に撮影されたもの。
当初より親交があったと見られていますが、


(7月31日放送「NEWS23」より)

日大としては危機管理部に力を入れたりタイミングだったようで、
そこに山根明会長が招かれたという情報もあります。

ただ、テレビでも報道があるように、
どんな利害関係があったのかは不明です。

田中理事長といえば、これまでにも暴力団関係者とのよくない噂がありましたけど、

田中英寿理事長と嫁 優子夫人が日大を独裁。金銭疑惑や山口組 司忍組長や住吉会ら暴力団癒着は本当なのか?

2018.05.23

そういった裏のつながりがあるのか、
あるいは 「奈良判定」で誤審を食らった選手が日大の選手でしたので、
その罪滅ぼしとでもいうのでしょうか。

「奈良判定」と関係がある?

こちらが、問題となっている審判問題。事の発端は、2年前に岩手で開かれた国体にて。

初戦で岩手県の選手と奈良県の選手が戦いましたが、その時、奈良の代表選手が2度ダウンしたにも関わらず、奈良代表が判定結果2-1で勝ったという明らかな誤審問題。

奈良判定は奈良選手がはっきりと負けない限り、
判定に持ち越されると、フェアではない判定を食らうこと。

専門家によると、その理由は、山根会長は奈良県ボクシング連盟に所属していた経歴があったようで、
今は山根会長の息子が奈良県ボクシング連盟の会長を勤めていることから。

(クリックで拡大できます。出典:FC2ブログ

該当選手は、日大所属でしたので、
この時のことがあって、田中理事長からの話を断れなかったのでしょうか。

この辺の裏事情は週刊誌あたりが、
今週にでもすっぱぬきそうですね。

また続報が入り次第、お伝えします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください